MNN

Martin GarrixがJohn Martinらとコラボした新曲”Higher Ground”を初披露!

Martin GarrixがJohn Martinらとコラボした新曲”Higher Ground”を初披露!

昨日、Martin GarrixがInstagramでライブ配信を行ったのですが、その動画内でJohn MartinとコラボしたIDを初披露しました!

John Martinはスウェーデン出身のシンガーソングライターで、Swedish House Mafiaの“Don’t You Worry Child”“Save The World”, Sebastian IngrossoとTommy Trashのコラボ曲“Reload”などでヴォーカルを務めたほか、Aviciiの“Fade Into Darkness”の作詞も手掛けたことでも知られています。

またこのMartin Garrixの新曲は、John Martinだけでなく、”No Sleep”やAviciiの”SOS”などを手掛けたスウェーデン出身のソングライター Albin Nedlerや、John MartinとともにMartin Garrixの“Now That I’ve Found You”等を手掛けたスウェーデン出身のソングライター Michel Zitron。

 

さらにこれまで何度もMartin Garrixの楽曲でヴォーカルを務めたスウェーデン出身のシンガーソングライター、Bonnもソングライティング等に関わっているとのこと。

 

この曲のタイトルは”Feel Alive”と呼ばれていますが、まだ未完成の状態で、現在ドロップ部分を制作しており、数箇所ヴォーカルを録り直す予定であることも明かしました。

ドロップを作り終え次第、Martin Garrixがどこかのショーのラストの曲としてプレイしてくれそうですね。

またMartin GarrixはZeddやRyan Tedderらとのコラボ曲も進行中ですので、これら多数の新曲がリリースされるのが待ち遠しいです!


【2020.03.26 追記】

Martin GarrixがJohn Martinらと制作しているこのIDを、2020年3月27日(金)までに完成させてレーベルに送り、まもなくリリースする予定であることを発表しました!

Martin Garrixの次にリリースする新曲は、2020年の「UEFA EURO(サッカー欧州選手権)」のために制作していた楽曲になるはずでしたが、新型コロナウイルスの影響で来年6月11日~7月11日と1年延期となってしまったため、この曲を先にリリースすることになったと本人が語りました。

また楽曲のタイトルは”Feel Alive”ではなく“Higher Ground”とのことで、4月中にリリースされる可能性が高そうです!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top