MNN

EDMを中心とした音楽情報発信サイト

DJ MAG JAPAN × MNNでコラボイベント開催!LIONEとSLATINが出演決定!

DJ MAG JAPAN × MNNでコラボイベント開催!LIONEとSLATINが出演決定!

2019年4月29日(月)・30日(火)の2日間で、DJ MAG JAPANとMNNで初のコラボイベント「Chapter One」を開催致します。

イベントにはMartin Garrixのレーベル「STMPD RCRDS」と最初に契約したLIONEと、先日Moksiが立ち上げたばかりのレーベル「Moksi Family」と最初に契約したSLATINを招聘することが決定しました!

ここではイベントの概要や各アーティストの紹介をするので、ぜひイベントの予習の意味も含めて読んでみて下さい!

DJ MAG JAPAN & MNN presents「CHAPTER ONE」

「MNN」ではこれまで記事を通して、今後日本でもヒットが期待できるアップカミングなアーティストを積極的に紹介してきました。

これからは文章だけでなく、そういったアーティストの魅力を実際に肌で感じてもらうべく、これまで数多くのアーティストの誘致も行ってきた日本随一のダンスミュージック専門メディア「DJ MAG JAPAN」と連携して共同イベントを開催することを決定!

まずは“第一章”と題して、ハウス、ディープハウス、エレクトロハウス、ビッグルーム、フューチャーハウス、フューチャーベース、ベースハウス、ダブステップなどあらゆるジャンルのまだ来日していない新進気鋭の海外アーティストを中心に招聘します。

海外アーティストだけでなく次世代を担う国内のDJ/トラックメーカーにも多数出演してもらい、未成年も楽しめるダンスミュージック・ファンのためのイベントを提供し、これからの日本のダンスミュージックシーンを更に盛り上げていきます!

記念すべき第1回目は、エモすぎるフューチャーベースが魅力のLIONEと、ハウスやテクノ、ベースミュージックまで幅広く手掛けるSLATINの2名が登場します!

4月29日(月): LIONE

Erich YeungことLIONEとは、アメリカ出身のDJ/プロデューサー。

8歳の頃からピアノを習い始め、12歳になるとギターに夢中になり、学生時代はバンドに没頭するなど、音楽と常に隣り合わせに生きてきたLIONEは、高校卒業後、ギタリスト/ソングライターになるためにバークリー音楽大学に入学。

大手レコードレーベルにインターンシップしたりするなかで音楽のプロデュースに興味を持ち、在学中にLIONEプロジェクトをスタートしました。

LIONEは影響を受けたアーティストとしてPorter RobinsonやMadeon, Cashmere Catの名前を挙げているように、自身もかなりメロディアスでエモーショナルなサウンドを作っており、同時にノスタルジックな雰囲気まで持ち合わせています!

LIONE – Glimmer [Lyric Video]

またビデオゲームのサウンドトラックやアニメ、J-POP、J-ROCKなどにも大きな影響を受けているので、これらの要素も感じ取ることができるかと思います。

LIONE – Kids ft. Miranda Glory [Lyric Video]

さらにその道に精通したアーティストやデザイナーともタッグを組んで、カバーアートやミュージックビデオなどビジュアル面にもしっかりこだわっているため、ショーでは音楽と映像でLIONEの世界観がダイレクトに伝わってきます。

上でもお伝えしましたが、LIONEは2016年10月にリリースした“Leave This Place”で、Martin Garrix主宰のレーベル「STMPD RCRDS」からのデビューを果たしましが、LIONEは「STMPD RCRDS」と契約した最初のアーティストでもあるのです!

LIONE – Leave This Place (Official Audio)

その後もMartin GarrixとTroye Sivanのコラボ曲“There For You”の公式リミックスやシングル“Adore”も「STMPD RCRDS」からリリースしたほか、過去にはMartin GarrixがイビサのUshuaiaで行ったショーにもゲストとして出演しています。

LIONE – Adore (Official Video)
Martin Garrix & Troye Sivan – There For You (LIONE Remix)

 

4月29日(月)当日は、Martin GarrixからもサポートされているLIONEのエモすぎるセットに昇天すること間違いありません!

LIONE LIVE from Matthew Alvero on Vimeo.

LIONEは少し前に詳しく紹介記事とインタビュー記事も書いているので、こちらも参考にしてみて下さい。

4月30日(火): SLATIN

Ruslan SlatinことSLATINは、ロシア出身でスペインを拠点に活動するDJ/プロデューサー。

SLATINはハウスやテクノからヒップホップ要素の入ったベース系サウンドまで幅広く手掛けており、自身のサウンドのことを「Modular House(モジュラーハウス)」と呼んでいます。(ロシアのサウンドデザインメーカー、Singomakersから“SLATIN Modular House”というサンプルパックも出しています!)

Singomakers – Slatin Modular House (Sample Pack Walkthrough)

 

幼い頃から音楽が好きだったSLATINは、14歳のときにロシア・モスクワで開催されたターンテーブルのコンテストで優勝したことがきっかけで、DJデビューの道が開きます。

スペインのアンダーグラウンドなパーティーで経験を積んだ後、その実力を買われて、今やイビサはじめ世界中に展開している世界最高峰のクラブ、Pachaのなかでも人気のPacha La Pinedaに21歳という若さにしてレジセントDJに就任されたのです!

SLATINはDJだけでなく音楽のプロデュース面の才能も突出しており、2014年に本名の「Ruslan Slatin」としてPaulHardとコラボした初のシングル“GFH”をSpinnin’ Recordsからリリース。

Paulhard & Ruslan Slatin – GFH (Official Video)

 

ちなみに、はじめは「Ruslan Slatin」名義で活動していましたが、2015年にPaulHardとともに「ATICA」プロジェクトをスタートし、“Fire”をSpinnin’ Recordsから出したり、“Turn Up”がThe Martin Garrix Showでピックアップされたり、Tommie Sunshineの“Shake That”の公式リミックスをUltra Recordsからリリースしたりと人気を獲得していましたが、デュオは解散となり2016年から現在の「SLATIN」として活動しています。

ATICA – Fire (Official Music Video)
ATICA – Turn Up ft. Aqeelion (Official Music Video)
Tommie Sunshine & Halfway House feat. DJ Funk – Shake That (ATICA Remix) [Cover Art]

それから現在に至るまで、「SLATIN」としてBrooklyn FireやBig Beat Records, Insomniac Records, Tchamiのレーベル CONFESSION, Laidback Lukeのレーベル Mixmash Records, Bingo Playersのレーベル, Hysteria Recordsなどから曲をリリース。

またKanye West, Lenny Kravitz, Giorgio Moroder, Krewella, A-trak, Laidback Luke, Sofi Tukker, Teyana Taylor,  RedmanといったラッパーからR&Bシンガー、DJ/プロデューサーまで色んなアーティストたちの公式リミックスも手掛け、すでにEDC Las VegasやBurning Manといったビッグフェスにも出演しています!

 

2019年2月にはBarong Familyのなかでも人気の高いオランダ出身のデュオ、Moksiが自身のレーベル「Moksi Family」を立ち上げると、同レーベルと最初に契約を果たし、Moksiとのコラボ曲“Good Idea”も収録したEP『Bad Idea』を発表して大きな話題となりました!

先日、Yellow Claw主宰のラジオショー「Barong Family Radio」のゲストでMoksiが出演した際、「Moksi Family」のローンチスペシャルとしてSLATINがゲストMIXを披露しています。(トラックリストはこちら)

 

4月30日(火)当日は、自身のModular Houseを取り入れた先の読めないユニークなセットを繰り広げてくれるのでどうぞご期待下さい!

フルラインナップ発表

LIONEとSLATINに加え、「Chapter One」には2日間で総勢25組のバラエティに富んだ国内アーティストが出演します!

4月29日(月・祝)は、MASAtO, YUtAで構成する2人組の次世代プロデューサーデュオ「ANIMAL HACK」、”え アタシ!?”の声ネタ使いや神業マッシュアップなどで国内外から注目されているDJ/プロデューサー「KOTONOHOUSE」、アーティストのブッキングや楽曲のプロデュースだけでなく、DJとして先日ハワイのGinza Nightclubでプレイしたばかりの「AKI-HIRO」、tau.とSpacemanからなるDJユニットでサウンドプロデューサーまで手掛ける「zeHro」、BUNNYの”Sick-Hearted”を公式リミックスしたことでも話題の「Tyago」、TK SHIBUYAやCamelot、1OAK、Atomなど都内を中心に活動しているDJ「KOUJIRO」。

Lumberjackのレーベルからリリースしたり、自身のユニークなエディットが武器の「RA!NBOWJET」、Quartzo Recordsからリリース歴もあり、Spinnin’ Records主催のmusicbyLUKAS – “Still in Love”のリミックスコンテストで2位を獲得した「Kiyox」、ハウスからテックハウス、ベースハウスまで幅広くプロデュースを手掛ける気鋭のDJ/プロデューサー「GOZA」、DJ MAG JAPANのプロデューサー部門で4位にランクインした「Fiftee West」、国内のイベントに多数出演している17歳の注目DJ「The Louis」、KOTONOHOUSEとの楽曲”マリンスノー”でデビューし、等身大の自分を表現した歌詞や透き通る声、抜群の歌唱力でファンを魅了している「RANASOL」が登場します。

4月30日(火・祝)は、本日3月29日(金)に新曲”Flash”をリリースし、福岡を拠点に活動するDJ/プロデューサー「TANA」、人気イベント Beginningのオーガナイザーにして自身もDJとして国内のドラムンベースシーンを盛り上げている「SAKO」、DJ MAG JAPANのDJ部門で5位にランクインした「yuri」、人気の主宰イベント QLEVERを持ち、ベースミュージックを中心に様々な楽曲を制作している新生トラックメイカー「GACHA the matrix」、ベースハウス/ダブステップを中心に楽曲制作を行い、アートワークや映像に重きを置いた独自の世界観を持つ「gu^2」、国内外でアグレッシブなプレイを披露し、今月Laidback Luke主宰のMixmash Recordsのサブレーベル、Ones To Watch Recordsから新曲”Shibuya”を発表した「Natsumi」。

DJをする傍ら自身が2017年にスタートした未成年向けデイイベント XOXOのオーガナイザーとしてもマルチに活躍する「DJ RiCO」、SIHKやTEEZを招聘してきた人気イベント Square Waveのオーガナイザーにして自身もDJとして活動する「AKIRA」と「BREAKIT」、14、15歳という若さにして自分たちで楽曲を制作したり、国内イベントにも出演しているDJ/プロデューサーデュオ「Double Bass Burgers」、カバーからオリジナル楽曲の制作も手掛け、今週新曲”数多の星の中から”を発表した「HAZUKI RITYO」、そのほか「YU」や「AOI HIMAWARI」といったシンガーソングライターによるライブも予定されています!

13時から21時までの8時間、様々な音楽をノンストップで楽しめる全方位型イベントとなっているのでお楽しみに!

イベント詳細について

2019年4月29日(月)・30日(火)の平成最後の2日間、DJ MAG JAPANとMNNで初のコラボイベント「Chapter One」にLIONEとSLATINが登場します。

会場は、新宿アルタ7階にあるライブ・エンターテインメント施設『KeyStudio』で、ここはかつては国民的人気バラエティ番組「笑っていいとも!」の収録スタジオとしても知られていた場所です。

できるだけ多くの人たちに素晴らしい音楽に触れてもらえるように、4月29日(月)と30日(火)どちらの公演も未成年も入場可能なデイイベントにしております!

また会場もクラブではなく非常にアクセスの良いエンターテイメントスペースとなっているので、今までクラブに行ったことがない人でも安心して楽しむことができるはずです。

LIONEもSLATINも今回が初来日公演で、東京だけのスペシャルイベントとなっているので、新しい音楽に触れたい方はぜひ遊びに来て下さい!


【DJ MAG JAPAN & MNN presents「CHAPTER ONE」概要】
日程: 2019年4月29日(月・祝)・30日(火・祝)
場所:新宿アルタ KeyStudio
時間:13:00 – 21:00

【会場】

新宿駅東口より徒歩2分 / 東京メトロ丸の内線新宿駅より徒歩1分 / 都営大江戸線新宿西口駅より徒歩3分 / 西武新宿線新宿駅より徒歩5分

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目24-3 7F
TEL:03-5341-4472
HP:https://www.keystudio.jp/

【チケット販売情報】
販売期間:2019年3月23日(金)〜 ※売り切れ次第終了
料金:
・各日/前売券:¥2,700- (1ドリンク別途¥500)
・各日/当日券:¥3,000- (1ドリンク別途¥500)
販売先URL:http://bit.ly/2HN6CPQ

前売りチケットの購入はこちら

【クローク】
・当日はクロークを¥300にてご利用できます。
・また、お手荷物はお客様の責任において管理して頂きますようお願い致します。

【IDチェック】
・当イベントに年齢制限はございません。
・アルコールの販売がある為、入場の際全ての方にIDチェックをさせて頂きます。顔写真付きの身分証明書(生年月日記載)をお持ち下さい(コピー不可)。
・ご本人様と確認出来ない場合には、アルコール販売、又はご入場をお断りする場合があります。

【入場規制】
未成年の方も入場可能ですが、東京都条例により保護者同伴でない18歳未満の方は22時以降の入場・滞在はできません。また、保護者同伴でない16歳未満の方は19時以降の入場・滞在はできません。

【注意事項】
・出演者のキャンセル・変更に対してのチケットの払い戻しは一切行いませんので予めご了承下さい。
・前売チケットの再発行はいかなる場合でも一切致しません。取り扱いには十分ご注意下さい。
・また、お申込後の変更・キャンセルもお受けできませんのでご注意下さい。
・会場内外において、他のお客様の迷惑になるような行為を行う、係員の指示に従わない等の方は強制的に退場していただくか入場をお断りする場合があります。
・本イベントではモッシュ、ダイブや怪我に繋がる可能性がある危険行為は一切禁止とさせていただきます。
・危険行為を行ったお客様には退場等の厳重な措置をとらせていただきます、
・また、その場合でのチケット料金・入場料金の払い戻しは一切行いませんので予めご了承ください。
・状況により入場を規制させていただく場合があります。


コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top