MNN

MNN

EDC JAPANに出演!ダブステップを混ぜた壮大なサウンドが魅力のSeven Lions(セヴン・ライオンズ)とは!

EDC JAPANに出演!ダブステップを混ぜた壮大なサウンドが魅力のSeven Lions(セヴン・ライオンズ)とは!

みなさんから沢山のアーティスト紹介のご依頼いただいておりますが、まだ全部紹介できておらずお待たせして申し訳ありません。

全て必ず紹介するのでもう少々お時間下さい。

さて、本日は読者の方からご依頼を受けており、尚且つ、先日のEDC JAPANのラインナップでも名前が挙がったSeven Lions(セヴン・ライオンズ)について紹介したいと思います!

Seven Lionsとは

10844656

Seven Lions(セヴン・ライオンズ)とは、アメリカ出身のDJ / プロデューサーです。

本名はJeff Montalvo(ジェフ・モンタルヴォ)で、1987年3月31日生まれの現在29歳。

IMG_1861

彼のサウンドは、トランスやドラムンベース、ダブステップ、エレクトロハウス、グリッチホップなどを混ぜ合わせたハイブリッドなものとなっており、ヘッドバンギングでその長い髪の毛を揺らす圧巻のライブパフォーマンスもまた魅力のひとつです!笑

Melancholy Headbanging with Seven Lions

 

カリフォルニアのサンタバーバラで生まれたSeven Lionsは、7歳の頃から音楽に興味を示し父親からコンピューターやキーボードを教わったほか、ベースやギターを弾きながら成長しました。

IMG_1875

兄のBrian(ブライアン)がパンクミュージックにハマっていた影響で自分もパンクミュージックを聴いていたのですが、アメリカのヘビーメタルバンド、White Zombieの『Astro Creep: 2000』を聴いたときに自分もいつしかメタルバンドをしたいという感情が芽生えます。

White Zombie – Astro Creep 2000

中学、高校時代に色んなメタルやパンクバンドでのドラムを担当しますが、最終的にエレクトロニックミュージックにハマり込むことになります。

IMG_1873

人数が集まって初めてスタートできるバンドと違ってEDMのプロデュース自分ひとりで、かつ待つことなくすぐに取り掛かることができる、というのがバンドからプロデューサーに転身した理由だそうです。

友人から音楽制作ソフトのFruity Loopsを譲り受け、音楽の学校にも通いつつプロデュースの練習をスタート。

IMG_1796

バンドを抜け、エレクトロミュージックに片足を踏み入れたときまでEDMを聴いたことすらなかったそうですが、自分のアイデアを好きなように表現できるFruity Loopsに魅力を感じてプロデュースを始めました。

また大学時代に聴いたTiësto(ティエスト)のCDや20歳のときに初めて参加したギグで聴いたトランスに影響を受けたSeven Lionsは、自分自身もトランスを作ることを決意!

IMG_1883

そして2010年頃、現在の「Seven Lions」というステージネームでトランスはじめ色んなサウンドを掛け合わせてドラムビーツをミックスした曲をリリースしました。

トランスの持つエモーショナルなメロディと、ダブステップの持つヘビーなベース両方が好きだったことからブレンドしようと思い付いたそうですよ。

IMG_1860

「Seven Lions」という名前で活動する前は本名である「Jeff Montalvo」としてプログレッシブ・ハウスやテック・ハウスの曲を作っていた時期もあります。

Jeff Montalvo – Trip Up – Original Mix HQ

常にメロディのことを考えいるというSeven Lionsは頭の中に思い浮かんだメロディをコンピューターに落とし込み、そこからサウンドに肉付けしていき曲を作っているとのこと。

IMG_1876

彼の初めてリリースした曲は2010年のFlorence And The Machineの“Cosmic Love”を非公式でリミックスしたナンバーなのですが、これがいきなりイギリスのレコード・レーベル、Moshi Moshi Recordsによって“Cosmic Love”の公式パッケージに収録されました。

Florence And The Machine – Cosmic Love (Seven Lions Remix)

 

そして2011年にAbove & Beyondの“You Got To Go”をダブステップにリミックスしたところ、これがBeatportのリミックスコンペでベストリミックス賞を獲得!

Above & Beyond – You Got To Go (Seven Lions Dubstep Remix)

ちなみに当時のBeatportのダブステップチャートは、1位がAvicii(アヴィチー)の“Levels”をSkrillex(スクリレックス)がリミックしたナンバーで、2位がこの“You Got To Go(Seven Lions Remix)”でした。

Avicii ‘Levels’ Skrillex Remix [FULL]

これらを機に有名になったSeven Lionsは2012年にダブステップDJのGeminiとKoan Sounとともに初のツアーを敢行。

2012年には初のEP『Polarize』をイギリスのドラムンベースレーベル「Viper Recordings」からリリースすると、そのなかの4曲が Beatportのダブステップチャートで1位を獲得。

IMG_1826

スウェーデンのヘビーメタルバンド、Opethからインスパイアを受けた部分も大きいと語るSeven Lionsは、エレクトロミュージックをプロデュースしているものの常にこのジャンルの曲を聴いているわけでなく、ヘビーメタルはじめ色んなジャンルの曲を聴き、自分の曲制作に生かしているそうです。

2枚目のEP『Days to Come』に関しては、ビルボードのダンスチャートでトップ10入りを果たし、アメリカの人気音楽雑誌「VIBE」から“2012年のベストエレクトロアルバムのひとつ”とまで称されました!

IMG_1822

『Days to Come』では“The Truth”のようなプログレッシブハウスもあったり、“Fractals”のようなエレクトロハウスがあったり、“She Was”のようなグリッチホップがあったりと彼のサウンドの幅広さを思い知らされました。

2014年にはアメリカのDJに特化した音楽雑誌「DJ Times」が毎年行っているAmerica’s Best DJというランキングで37位にランクイン!

IMG_1862

2015年は13位、2016年は12位と3年連続で選ばれています!(DJ Magでは2014年宣伝していなかったものの144位に選ばれています。)

2014年に出した今までのダンスナンバー的なサウンドではなく歌詞に力を入れたという3枚目のEP『Worlds Apart』では、実験的なサウンドにもかかわらずBillboardが出すDance/Electronic Albumsチャートで2位を記録するなど大成功を収めました。

IMG_1853

2015年にEP『The Throes of Winter』を、2016年にはEP『Creation』をリリースし、BillboardのDance/Electronic Albumsチャートで1位を獲得しました!

今ではSXSW, Ultra Music Festival, Electric Daisy Carnival, TomorrowWorldなどさまざまなビッグフェスでプレイする人気アーティストのひとりなのです!

IMG_1845

ちなみにSeven Lionsは以前「Drinking With Strangers」という企画を行い、SNSにビールに関する投稿をして選ばれた7人のファンと実際にビールを飲みながら語り合うとうユニークなファンとの交流会を行ったのも斬新でした!笑

IMG_1866

「Seven Lions」の由来とは?

IMG_1855

Robert Jordan(ロバート・ジョーダン)の『Wheel of Time(時の車輪)』やGeorge Raymond Richard Martin(ジョージ・レイモンド・リチャード・マーティン)の『Game of Thrones(氷と炎の歌)』などファンタジー小説が大好きなSeven Lions。

IMG_1857

ステージネームの「Seven Lions」は、自分が大好きなアメリカのファンタジー作家、 Gene Wolfe(ジーン・ウルフ)の作品『Latro in the Mist』に登場するキャラクターの名前から由来しています。

戦場で頭を負傷しその日の記憶を翌日まで覚えられなくなってしまった主人公であるギリシャ人の傭兵は、毎日その日の出来事を書き留め、毎朝その日記を読むことを日課にします。

344935

※自分の名前も分からないため、皆からLatroと呼ばれている(Latroとは「傭兵」という意味)。

また頭を怪我した日を堺に彼は神や霊と交流できるうようになるのですが、彼が記憶を失ったのは戦いで悪いことをした罰だということを知り、許しを請うために神々への巡礼の旅に出ます。

物語はその後神々たちの戦いに巻き込まれたりと話は続くのですが、「記憶障害」をテーマにしたこの物語の主人公である傭兵の名前が「Seven Lions」なのです!

IMG_1887

この本のなかには沢山のカッコイイ名前が出てくるそうで、そのなかでも1番「Seven Lions」という名前の響きがに気に入って付けたとのこと。笑

確かにファンタジー小説が好きなだけあって、彼のサウンドにはファンタジー要素が入っていると思いませんか?

IMG_1823

アートワークも彼のファンタジーワールドが感じられますが、お気に入りである日本人イラストレーターのKentaro Kanamotoとコラボしたりもしています・

Seven Lionsが自分のステージネームにするほど好きな作品『Latro in the Mist』、興味がある方は是非読んでみて下さい!笑

スクリレックスのレーベル「OWSLA」と契約!

seven-lions-rukes

2012年にはSeven Lionsのマネージャーが彼のデモをSkrillex(スクリレックス)に送ったことがきかっけで、Skrillexのレーベル「OWSLA」と契約を結びました!

Seven Lions自身も新たなサウンドに挑戦する姿勢を評価してくれ、決してアーティストが出す音楽の方向性を拘束しない「OWSLA」の環境がとても気に入ったそうです。

IMG_1824

メタルやパンクバンドでドラマーをしていたというバンド出身という点や自分ひとりでダブステップをはじめたという共通点もSkrillexに響いたのかもしれません。

2枚目のEP『Days to Come』を「OWSLA」から出した後、2013年にはMimi PageとMinnesotaとともにコラボシングル“Fevers”をOWSLAから発表し、Sirius XMなどのラジオでヘビープレイされるなど注目を集めました。

Seven Lions – Fevers (feat. Minnesota & Mimi Page)

 

ポーランド出身のDJ、Xilentとのコラボ曲“The Fall”や、Röyksoppの“Running To The Sea”の公式リミックスも出すなど、「OWSLA」からも数多くのヒット曲を生み出しました!

Seven Lions & Xilent – The Fall

Röyksopp – Running To The Sea (feat. Susanne Sundfør) (Seven Lions Remix)

「OWSLA」のメンバーの一員として、Ultra Music Festivalのステージはじめ色んな「OWSLA」のイベントでもパフォーマンスしています。

Martin

それだけでなく、Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)のCircle Assemblyツアーのメインサポートを行ったほか、2014年の秋にはKrewella(クルーウェラ)とCandyland(キャンディランド)とともにNorth Americanツアーも敢行するなど、さまざまなアーティストとの共演も有名です!

KREWELLA, SEVEN LIONS, & CANDYLAND at the Aragon Ballroom | React Presents

 

奥さんととっても仲良し

IMG_1832

プロデュースにツアーに多忙な毎日を送っているSeven LIonsですが、休日はよく奥さんと愛犬と一緒に過ごしています。

IMG_1884

2012年にEmmaさんと森の中で結婚式を挙げたのですが、写真からも幸せオーラがプンプン伝わってきますね!

IMG_1814

IMG_1816

IMG_1818

今でも変わらずとっても仲良しの2人は、休みの日は一緒にお出かけしてSeven Lionがツアーで海外に行く時は奥さんも一緒に付いてきちゃうほど!

リハーサルの合間にキスしちゃったり!

IMG_1838

本番中に彼女をブースに上げてキスしちゃったりととにかくラブラブなのです!

IMG_1808

2014年にageHaでプレイするために来日した際も、奥さんと一緒にディズニーランドとディズニーシーを満喫したみたいです。

IMG_1877

彼が素敵な音楽を創り出せるのも奥さんの大きなサポートがあってからこそ。これからもお互いずっと仲良しでいて下さい!

EDC JAPANへの出演が決定!

IMG_1795

2014年に初来日を果たし、ageHaでプレイしたことのあるSeven Lions。

IMG_1879

ageHa [14/7/5 Sat.] THE WONDERLAND

 

さらに2016年にはベルギーで開催されるTomorrowlandのリアルタイム映像を同時衛星中継する「UNITE-Mirror to Tomorrowland-」でサプライズ出演しました!

Martin

あたかもTomorrowlandに参加しているような臨場感と高揚感、そしてSeven Lionsによる広大な世界観は多くの観客の記憶に深く刻まれたことでしょう。

UNITE-Mirror to Tomorrowland- 2016 Japan

 

そして2017年、日本初開催が決まったEDC JAPAN。

EDC Japan 2017 – Official Announcement

 

先日発表されたラインナップにSeven Lionsの名前が載っていて歓喜した人も多いはず!!

C3JWQVeXAAAEOX3

素晴らしいアートと世界最高のエレクトロニック・ダンス・ミュージックを体感できるEDCというステージで聴く生のSeven Lionsの音楽は、私たちをいまだかつてないファンタジーの世界へと誘ってくれることでしょう。


edc_key_art

EDC JAPAN 2017

2017年4月29日(土)・30日(日)
開場 10:00
開演 11:00

ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場
〒261−0022
千葉県千葉市美浜区美浜1

公式サイトはこちらから

Seven Lionsのオススメ曲

IMG_1803

Seven Lions x Illenium x Said The Sky – Rush Over Me feat. HALIENE

Seven Lions x Illenium x Said The Sky – Rush Over Me (feat. HALIENE)

アメリカ出身のDJ、Illenium(イレニウム)と同じくアメリカ出身のDJ、Said The Sky(セッド・ザ・スカイ)のコラボで、アメリカ出身の女性シンガー、HALIENE(アレンヌ)をフィーチャーしたナンバー。

Seven Lions x Illenium x Said The Skyという豪華な組み合わせからして間違いありません!

スローテンポでとってもエモーショナルなサウンドにHALIENEの透き通るような歌声がマッチしています!

Seven Lions – Don’t Leave Ft. Ellie Goulding

Seven Lions – Don’t Leave (Ft. Ellie Goulding)

イギリス出身の女性シンガー、Ellie Goulding(エリー・ゴールディングス)をフィーチャリングしたナンバー。

3枚目のEP『Worlds Apart』に収録されているこの曲は、2014年にUKのシングルチャートにもランクインした人気曲のひとつです!

Seven Lions & Jason Ross ft. Paul Meany – Higher Love

Seven Lions & Jason Ross ft. Paul Meany – Higher Love [Exclusive]

アメリカ出身のDJ、Jason Ross(ジェシソン・ロス)とのコラボで、インディーバンド、Mutemathのリードヴォーカル、Paul Meany(ポール・ミーニー)をフィーチャリングしたナンバー。

プログレッシブ・ハウス × トランスといったサウンドで、ドロップは力強くまた高揚感もあります!

Seven Lions, Myon & Shane 54 – Strangers ft. Tove Lo

Seven Lions, Myon & Shane 54 – Strangers (Radio Edit) [Lyric Video] ft. Tove Lo

ハンガリー出身のトランスデュオ、Myon & Shane 54(マイヨン&シェイン フィフティフォー)とのコラボで、スウェーデン出身のシンガー、Tove Lo(トーヴ・ロー)をフィーチャーしたナンバー。

2013年、アメリカのファンタジー映画『The Mortal Instruments: City of Bones(シャドウハンター)』のサウンドトラックにも収録されたこの曲は、アメリカのビルボード200で32位、SiriusXM BPM 51のチャートでは1位を記録しました!

Seven Lionsがグリッチパートを担当したそうですが、色んなヴォーカルバージョンのなかでベストだったTove Loを選択したそうです!

Seven Lions & Echos – Cold Skin

Seven Lions & Echos – Cold Skin [Monstercat Release]

アメリカ出身の男女によるミュージックデュオ、Echos(エコーズ)とのコラボ・ナンバー。

Seven Lionsがカナダのレコード・レーベル「Monstercat」から出した初のナンバーでもあるこの曲は、メロディックなベースミュージックに神々しいヴォーカルが非常にマッチしています!

Seven Lionsの方からコラボのオファーをし、Echosもまた彼の音楽のファンだったためひとつ返事でコラボが決まったそうです。

Seven Lions – A Way To Say Goodbye

Seven Lions – A Way To Say Goodbye ft. Sombear

ヴォーカル要素の強い曲を制作しようと思って作ったこの曲は、ピアノのメロディにエモ―ショナルなコード、そして美しい男性ヴォーカルが組み合わさった感動の1曲に仕上がっています!

Ultra Music Festivalでもかかえたそうですが、この曲をああいう大きなフェスで聴いたら間違いなく涙を流しそうです!

Seven Lions feat. Kerli – Worlds Apart

Seven Lions feat. Kerli – Worlds Apart (Official Video)

エストニア出身の女性シンガー、Kerli(ケーリ)をフィーチャリングしたナンバー。

3枚目のEP『Worlds Apart』からのタイトル・ナンバーでもあるこの曲も、ダンスフロア向けというよりソングライティングに力を入れた作品で、ダブステップ要素はあるものの息をのむような美しいサウンドを兼ね備えています!

Seven Lions – Lose Myself ft. Lynn Gunn

Seven Lions – Lose Myself (Audio) ft. Lynn Gunn

アメリカ出身の女性シンガー、Lynn Gunn(リン・ガン)をフィーチャリングしたナンバー。

スローなメロディでスタートするのですが、すぐにアップビートになりキャチーなメロディと力強い女性ヴォーカルも入ってきます!

ドロップのダブステップとトランスをミックスしたバウンシーなサウンドはテンションが上がります!

アメリカ出身のDJ、Paris Blohm(パリス・ブローム)によるリミックスバージョンもオススメです!

Seven Lions – Lose Myself [Feat. Lynn Gunn] (Paris Blohm Remix)

Seven Lions – Fevers feat. Minnesota & Mimi Page

Seven Lions – Fevers (feat. Minnesota & Mimi Page)

アメリカ出身のDJ、Minnesota(ミネソタ)とアメリカのシンガーソングライター、Mimi Page(ミミ・ページ)をフィーチャリングしたナンバー。

これまた広大な世界観のあるエモーショナルなサウンドとなっています!

西海岸のベースミュージックフェスでよくプレイしているのを見たことがあったのですが、共通の友人を通して知り合いコラボを制作することに至ったそうです。

Seven Lions – Falling Away

Seven Lions – Falling Away (Lyric Video)

カナダ出身のシンガー、Lights(ライツ)をフィーチャリングしたナンバー。

いつものSeven Lionsの曲よりソフトでプログレッシブ・ハウスよりのサウンドで、軽快なメロディが心地よいです!

彼の住むサンタバーバラの夏を感じて欲しいと作ったPVには、愛する奥さんと愛犬も映っていて楽しさが伝わってきます!

Seven Lions – Keep It Close feat. Kerli

Seven Lions – Keep It Close with Kerli

エストニア出身の女性シンガー、Kerli(ケーリ)をフィーチャリングしたナンバー。

マーチングドラムとピアノの切ないメロディという対照的なサウンドを用いており、透き通るような女性ヴォーカルもまた神秘さを醸し出しています!

Seven Lions – Creation Feat. Vök

Seven Lions – Creation Feat. Vök (Official Lyric Video) [Casablanca Records]

アイスランド出身のエレクトロバンド、Vökをフィーチャリングしたナンバーで、2016年に出したEP『Creation』のタイトル・ナンバー。

フレンチタッチなグローヴィーなVökのヴォーカルが印象的なグリッチなナンバーとなっていて、時折現れるドラムワークが曲に緩急を付けています!

3LAU(ブラウ)によるリミックスバージョンもオススメです!

Seven Lions – Coming Home (3LAU Remix)

おわりに

IMG_1885

いかがでしたか。

Seven Lions(セヴン・ライオンズ)について少しは詳しくなりましたか。

正直、EDC JAPANで彼の生パフォーマンスを体験される方々が凄くうらやましいです!

皆さんがTwitterなどにアップしてくれるであろうSeven Lionsの動画を楽しみにしております!笑

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top