MNN

MNN

Cesqeauxの名古屋公演決定!イベントに先立ってWATARUさんに最新Mixを制作して頂きました!!

Cesqeauxの名古屋公演決定!イベントに先立ってWATARUさんに最新Mixを制作して頂きました!!

Barong Familyのなかでも人気が高いオランダ出身のDJ、Cesqeaux(セスコー)の初来日公演が今週末に迫っています。

6月23日(金)に東京公演が行われることは以前記事でもお伝えしましたが、翌日6月24日(土)名古屋公演も行われることが決定しました!

この名古屋公演のために東海圏を中心に活躍するDJ、WATARUさんにBarong FamilyやCesqeauxの曲を収録した最新ミックスを作っていただいたので是非チェックして下さい!

Barong Familyのおさらい

まず「Barong Family」とは、2014年にYellow Clawによって設立されたレコード・レーベル。

はじめはオランダの大手レーベルである「Spinnin’ Records」の傘下に入っていましたが、現在はインディペンデント・レーベルとなっています。

ビジネスというよりも本当のファミリーのように感覚で、みんなで築き上げていこうという想いでレーベルを立ち上げただけに、Barong Familyは他のレーベルと比べてもメンバー同士とても親密でコラボやそれぞれの曲のリミックスを出すことも多く、一緒にツアーを回ることも多いのです。

過去の記事でもお話したかと思いますが、Barong Fmilyの「Barong」とはインドネシア・バリに古くから伝わる神獣のことで、これはYellow Clawがバリに行ったとき、レーベルの立ち上げなど将来の計画を立てていたときに思い付いたそうです。

追加でレーベルの主宰を務めるYellow Clawについて軽く話すと、当時JimとNizzleはもともとソロでヒップホップやR&B中心のDJをしていましたが、音に飽きてBPMが70-75位のヒップホップのインストゥルメンタルとダブステップの曲をミックスするスタイルを生み出します。

そんなある日、Nizzleからアムステルダムの「Jimmy Woo」というクラブで一緒にプレイしようとと誘われて2人でプレイすることに。

そのときクラブ側から2人のステージネームが必要と言われ、「Jimmy Woo」というクラブ名からMARVELのコミックに登場する主人公「Jimmy Woo」を連想し、そのコミックで最初に登場する悪役の名前「Yellow Claw」を選んだのが由来となっています。

詳しい彼らの情報は下の過去記事も読んでみて下さい。


今回はこのBarong Familyの主要メンバーのひとり、Cesqeauxが名古屋にも来るということでWATARUさんにお願いしてこのイベントのためだけにミックスを作っていただきました!

Cesqeauxについては過去記事に詳しく書いているので予習がてら読んでみて下さい。

WATARUさんによる最新ミックス!

こちらではまずWATARUさんによる約30分のミックスを聴いてもらい、MNNでそれぞれ曲を紹介していきたいと思います。


1曲目はラッパーのTravis ScottとKendrick Lamarの“Goosebumps”をカナダ出身のデュオ、Crisis Eraがリミックスしたバージョンでスタート!

そしてエモーショナルなトラップサウンドで有名なメキシコ出身のデュオ、Boombox Cartelの“Jeff”に続きます。

Boombox Cartel – Jefe

 

3曲目はアメリカ出身のデュオ、GTA – “Saria’s Turn Up”のJSTJRによるブートレグバージョン。彼のブートレグにはValentino Khanの“Deeo Down Low”が挿入されているのも面白いんです。

GTA – Saria’s Turn Up (JSTJR Bootleg)

 

JSTJRはアメリカ出身のベース系DJで「ジェスチャー」と読み、Mad Decentなどからも曲を出しており、2015年に出したMajor Lazerのアルバム『Peace Is The Mission』にプログラミングとして参加しており、クレジットにも載っています。

4曲目はCesqeauxが6月16日に出したばかりのEP『The Infamous』収録曲のひとつ“Back Up”。Boombox Cartelに似たサウンドも感じられ、2曲目の“Jeff”でエモいトラップからハードなトラップへと移り変わっていきます。

Cesqeaux – Back Up (Official Full Stream)

 

そのままCesqeauxとAfrojack、そしてラッパーのO.T. Genasisによる話題のナンバー“Life Good”

6曲目はラッパーのDrakeのナンバー“Fake Love”。Cesqeauxは“Life Good”のようにヒップホップ要素の入った曲もあり、セットではヒップホップソングもふんだんに挟んでくるので、このミックスでもWATARUさんがヒップホップも絶妙なバランスで入れてくれています!

ちなみにこの“Fake Love”はMNNがCesqeauxのマカオ公演を見たときにもかけていました。

Cesqeaux in Macau(Club Cubic)

 

7曲目はNitti GrittiとJupeのコラボ曲“Famous”“Gud Vibrations”“Marching On”, “Dirty Dancing”などで有名なアメリカ出身のプロデューサー、Nitti Grittiとマイアミのプロデューサー、Jupeによるこの曲はドロップ部分もメロディックなフューチャーハウスが素敵です。

Nitti Gritti – Dirty Dancing (Audio)

 

8曲目はメキシコ出身のプロデューサー、Razthaによる“X X X”。Yellow Clawのような勢いのあるハードトラップがカッコよく、女性の喘ぎ声にドキッとしますが、これもまた良いアクセントになっているはずです!笑

9曲目はカナダ出身のデュオ、Torro Torroと同じくカナダ出身のデュオ、Smalltown DJsによる“House Shake”を「Nest HQ」やUKスのレーベル「Donkey Pitch」の一員でもあるアメリカ出身のプロデューサー、Lil Texasがリミックス。

Torro Torro x Smalltown DJs – House Shake (Lil Texas Remix) [Reveal Music Premiere]

 

10曲目はメキシコ出身のDJ、Broz Rodriguezの“Waving Hands”をメキシコ出身のDJ、Ivan Dolaがリミックスしています。

そして11曲目はBarong Familyからも何曲が出しているオランダ出身のDJ、Wiwekの“Faka G”。アメリカ出身のデュオ、Mayhem In Actionによるリミックスバージョンで、もともと勢いのあるジャングルテラーなのですが、このリミックスはさらにぶっ飛んでいます!

12曲目はCesqeauxと同じくBarong Familyのクルーであるデュオ、オランダ出身のデュオ、The Galaxyとのコラボ“P.S.A”

この曲はBarong Familyのワールドツアーに先駆けて制作された『THE BARONG FAMILY ALBUM』に収録されており、軽いラップや激しいキックも入ったシックなサウンドでアルバムのなかでも個人的にお気に入りの1曲です!

13曲目はYellow Clawの“For The Thrill”のLNY TNZによるリミックスバージョンで、このリミックスはMNNも大好きです!LNY TNZによるハードスタイル要素のあるサウンドとBecky Gのポップなコーラスのギャップがたまりません!

Cesqeaux in Macau(Club Cubic)

 

そして14曲目はこれまたCesqeauxのニューEP『The Infamous』に収録されている“The Stronges”。メランコリックなサウンドが哀愁を漂わせてくれ、ラストはDavid GuettaとJustin Bieberによる“2U”でしめてくれます。

Cesqeaux – The Strongest (Official Full Stream)

 

こちらはオリジナルバージョンではなく、Magnaceによるリミックスバージョンで、WATARUさんのミックスで初めて聴いたのですが早速気に入りました!

この“2U”、実はCesqeauxもプロデュースとプログラミングに携わっており、David Guettaと一緒にスタジオで作業していたのはこの曲のためだったんですね。2人のコラボ曲も近い将来作って欲しいです!

ざっくりとした説明でしたが、Barong FamilyやCesqeauxの新曲も押さえつつWATARUさんらしさもしっかり表現された充実のミックスとなっています!


MIXを作ってくれたWATARUさんについて

東海圏を中心に活躍するWATARUさんは、Electro / Progressive House / Dubstep等のエレクトロニック・ダンス・ミュージックをベースに世界で日々生まれる新しいサウンドを即時に共有し、アップリフティングなプレイでフロアにいる観客を瞬く間にヒートアップさせてくれます。

自身のオーガナイズパーティ「SWITCH」主宰で成功を収め、一気に注目を集め世界的に著名なアーティストを招聘したパーティに数々出演!

2015年、旬の海外トップ・アーティストを招聘し、最先端ダンス・ミュージックの発信源となるニュー・パーティ「SWAG!」を始動させ、過去にBotnekやPegboard Nerds, DJ BL3ND, Kronic, Valentino Khanを招聘。同年、WIRED MUSIC FESTIVALにも出演しました!

2016年、第六弾の「SWAG!」では、Oliver Heldensの単独ジャパンツアーをサポートし、過去最大の動員数を記録したことも記憶に新しいかと思います。

そのほか韓国最大級の規模と人気を誇るクラブ 「Club GRID」 でMAKJと共に出演し、2017年はelectroxやEDC JAPANにも出演を果たすなど、数多くの新しいジェネレーションのDJ達の中でも一際目を惹く存在と言えます!

 https://www.facebook.com/djwataruofficial/
 https://twitter.com/djwataru_88
 https://soundcloud.com/dj_wataru88
 https://www.instagram.com/djwataru/

Cesqeauxの名古屋公演も決定!

2017年6月16日(金)にMad DecentからEP『The Infamous』をリリースしたCesqeaux。

このEPリリースを記念して現在Cesqeauxはアジアツアーの真っ最中です!

6月23日(金)に東京WOMBに出演する記事は以前も書きましたが、翌日の24日(土)は名古屋のX-HALLに出演が決まっています!

※上の画像では大阪のPiccadillyとなってますが、名古屋に変更となりましたのでお間違えのないようにお願いします。

実際にCesqeauxのショーを見ましたが、常にアドレナリン出っぱなしで絶対に楽しいイベントになると断言できます!

Barong Famnilyファンはもちろん、あまり知らない方もこのイベントに参加することでBarong Familyに興味を持つきっかけになるはずです。

さらに今回の名古屋公演は、唯一未成年も参加可能なデイイベントとなってますで、この機会どうぞお見逃しなく!


【6/24(土) CESQEAUX ‟THE INFAMOUS” ASIA TOUR in NAGOYA】

会場: X-HALL -ZEN-
住所: 名古屋市中区大須3-24-44大須セントラルスクエア3F
ホームページ: http://x-hall-zen.jp/
開演: 13:00
料金: 前売り 3,500円 / 当日 4,000円 ※各入場時に別途で1ドリンクチケット代500円必要

出演者:
【Guest DJ】
CESQEAUX

【DJs】
WATARU / WAVA / NAOTO / SE-TA / BOB / CuRu / GLO / J-Huk / KAzK / MAITO / RYU-TO / SHOWGO / T-BRAVE / Tsuyoshi Koyama / Yamato. / ZART / MAITO

  • タイムテーブル

おわりに

いかがでしたか。

イベントまでの残り数日、WATARUさんのこのミックスを聴いて気持ちを最高潮に高めてから当日参加されて下さい!

また今回Cesqeauxの名古屋公演の会場であるX-HALLでは、9月16日(土)にKayzoの公演も決定しています。

また直近では7月9日(日)に名古屋のLEVEL8でDOTSというイベントが開催され、GhastlyとLAのプロデューサー、SWAGEが登場します!

今後名古屋のEDMシーンにも期待すると同時に、日本全体で盛り上がっていきたいですね!

今回ミックスを作っていただいたWATARUさん、ご協力していただき本当にありがとうございました!!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top