MNN

MNN

フューチャーベースブームの火付け役!What So Notとしても活躍していたFlume(フルーム)とは!

フューチャーベースブームの火付け役!What So Notとしても活躍していたFlume(フルーム)とは!

イングランドの人気フェス「Creamfields」が2017年12月15日(金)・16日(土)に香港で、17日(日)には台湾で開催されます。

「Creamfields」が初のアジア進出ということで話題となっていますが、MNNも12月16日(土)の「Creamfields Hong Kong」2日目に参加します!

予習もかねて出演アーティストのおさらいをしたいと思うのですが、本日はまだ紹介できていなかったFlume(フルーム)について紹介します!

Flumeとは

Flume(フルーム)とは、オーストラリア出身のDJ/プロデューサー。

Flumeは“フューチャーベースのパイオニア”との呼び声も高く、フューチャーベースブームの火付け役になったとも言われています。

1991年11月5日にFlumeことHarley Edward Stretenは、広告会社で映像監督や音楽プロデューサーを担当していた父親と教師をしていた母親の元に生まれました。

まだ幼い頃、Flumeが夜眠れなかったときに両親が『Deep Forest』というセルフタイトルのアルバムをかけてくれると安心して眠れたそうで、その頃から音楽は生活の一部でした。

妹もいてシドニーのノーザン・ビーチで幼少期を過ごし、シーフォース公立学校、セント・オーガスティーンズ高等学校へと進学。

入学する前からサックスを習うなど昔から音楽に精通していたFlumeは、壮大な音楽を作りたいという想いがあったものの、自分ひとりのサックスだけでは実現しえないと悩んでいたときに、自分で全ての音楽を作り出せるエレクトロニックミュージックと出会って「コレだ!」と感じ、以来情熱が向けられたそうです。

そして父親の影響もあって13歳のときから簡単な音楽を作り始め、2010年彼が19歳のときには本格的にハウスミュージックのプロデュースをスタートします。

父親が広告会社に勤めていたこともあって、14、15歳のときにオーストラリアのCMのサウンドを手掛けたこともあるそうで、将来的には映画のサウンドも担当したいという目標があるのだとか。

父親は常にサポートしてくれ、新しいコンピュータを買い与えてくれたりしましたが、母親は教師という正確柄か彼を進学させたいと思っていたのでしょう。

しかしFlumeが自分の部屋で作った曲をSoundCloudにアップするという生活をしていたある日、ひとつの曲が10万回以上再生され、地元の新聞にもFlumeが活躍する写真などが載るようになり、母も音楽の道に進むことを認めてくれたそうです。

ちなみにこの頃、自分の本名「Harley Edward Streten」を略した「HEDS」というステージネームで活動しており、“Flow”“Fizz”の2曲や幾つかのリミックスも制作しました。

HEDS – Flow (Flume’s old project)

 

HEDS – Fizz (Flume’s old project)

 

2011年にFuture Classicという音楽会社と契約し、自身初となるEP『Sleepless』をリリース。

オーストラリアのラジオ局 Triple Jの人気企画で、リスナーの投票でその年の人気曲が選ばれる「Triple J Hottest 100」でというものがあるのですが、2012年にはFlumeの楽曲や彼が手掛けたリミックス合わせて4曲もランクインしたのです!

“Holdin On”が4位、“Sleepless”が12位, “Hyperparadise(Flume Remix)”が18位、“On Top”が67位。

Flume – Holdin On

Hermitude – HyperParadise (Flume Remix)

Flume – On Top feat. T.Shirt

2012年11月にはセルフタイトルのアルバム『Flume』をリリース。

このアルバムはFlumeがロンドンへバックパックしている最中にノートパソコンで作り上げたそうですが、各方面から好評でオーストラリアの音楽セールスチャート ARIA Chartsで2位、iTunesでは1位を獲得、オーストラリアでダブルプラチナ認定!

2013年には初のオーストラリアツアー「Infinity Prism Tour」を成功させ、アメリカで毎年開催される映画や音楽の祭典「SXSW(South by Southwest)」では“Must-See Acts(注目すべきアーティスト)”の30人の中に選ばれました!

2014年にはLollapaloozaやCoachellaといった人気フェスもまわる海外ツアーを敢行。

2016年5月に出した2枚目となるスタジオアルバム『Skin』もまた絶賛の嵐で、ARIAのアルバムチャートで首位を獲得し、2017年のグラミー賞では「ベストダンス/エレクトロニック・アルバム」部門を受賞!

この年のARIAのミュージックアワードで「Album of the Year(2016年の最優秀アルバム)」や「Best Male Artist(最優秀男性アーティスト)」など8部門にノミネートするという快挙も成し遂げています!

このアルバムのファーストシングル“Never Be like You”もまた、グラミー賞の「ベスト・ダンス・レコード」部門にノミネートされ、前述した「Triple J Hottest 100」では堂々の1位を獲得。

Flume – Never Be Like You feat. Kai [Official Music Video]

Flumeは「Triple J Hottest 100」で初めて首位を獲得したエレクトロニック・プロデューサーになったのです。

※その他、“Say It”は8位、“Smoke & Retribution”は37位、“Lose It”は95位とその他3曲もランクインしました。

Flume – Smoke & Retribution feat. Vince Staples & Kučka

Flume – Lose It feat. Vic Mensa

その後同年11月に『Skin Companion EP 1』を、2017年2月には『Skin Companion EP 2』をリリース。

ツアーで世界各国を回っているFlumeは、YouTubeに「Flume: Adventures」というシリーズをアップしており、その国でどんなことをしたかその様子が見て分かります。

Flume: Adventures

 

自身の曲だけでなく、ニュージーランド出身のシンガー、Lordeのアルバム『Melodrama』やアメリカのラッパー、Vince Staplesのアルバム『Big Fish Theory』のプロデュースも手掛け、それぞれ16位と23位にランクイン。

その他、Sam Smith, Arcade Fire, Hermitude, Disclosureといった様々なジャンルのアーティストの楽曲にもリミックスを提供するなど各シーンから重宝されているアーティストなのです!

Sam Smith – Lay Me Down – Flume Remix

 

Hermitude – HyperParadise (Flume Remix)

全ては音楽会社が企画したコンペからスタート!

オーストラリアの音楽会社 Future Classicが企画したコンペで“Sleepless”, “Over You”, “Paper Thin”の3曲を提出して優勝したFlumeは、2011年にこの音楽会社と契約。

Flume – Over You feat. Jezzabell Doran

Flume – Paper Thin

このFuture Classicの創設者であるNathan McLayは、現在Flumeのマネージャーも務めています。

彼の才能を見出したNathan McLayならびにFuture Classicが、FlumeのファーストEP『Sleepless』のリリースをアシストしました。

当時、Nathan McLayはアメリカのインディーフォークバンド Bon Iverの“Flume”がお気に入りで、Harley Edward Stretenのことを「Flume」の愛称で呼び始めたことがきっかけで、ステージネームも「Flume」に変えたのです!

Bon Iver – Flume – A Take Away Show

DiploがZeddの“Candyman”のドロップをFlumeのパクリだと口撃するなど、今ではFlumeの独特なサウンドに似たような音が作られるようになりました。

Zedd, Aloe Blacc – Candyman

故意かどうかは分かりませんが、少なくともFlumeのサウンドはとてもユニークで多くのプロデューサーたちを魅了したに違いありません!

過去にはDJデュオ「What So Not」としても活躍!

過去にWhat So Notの記事を書いたときにも説明しましたが、Flumeは今はソロプロジェクトとして続けているオーストラリア出身のDJ/プロデューサー、Emoh Insteadと一緒にデュオで「What So Not」を結成していました!

2011年にデュオを結成し活動していたものの、Flumeは自分のプロジェクトで忙しいときもあり、What So NotのツアーにはEmoh Insteadだけが出演ということも多々ありました。

そして音楽性の違いもあって、2014年に2人で制作したEP『Gemini』を最後に2015年2月にFlumeは「What So Not」を抜け、現在のようにソロ活動に専念したのです。

ちなみに、Flumeはもともとハウスやテクノなどクラブ向けの曲をメインで作っており、「Flume」はあくまでサイドプロジェクトでした。

しかし自分を最大限に表現した「Flume」としてのサウンドが多くの人たちに受け入れられたことから、クラブ向けの曲を作るのを辞めて「Flume」のみをメインプロジェクトとして本格的にスタートさせたのです。

  • What So Not – Jaguar

What So Not – Jaguar (Official Music Video)
  • What So Not – Gemini feat. George Maple

What So Not – Gemini (feat. George Maple)
  • RL Grime, What So Not, and Skrillex – Waiting

RL Grime, What So Not, and Skrillex – Waiting
  • GTA & What So Not – Feel It feat. Tunji Ige

GTA & What So Not ft. Tunji Ige “Feel It”

Flumeのオススメ曲

Flume – Never Be Like You feat. Kai

Flume – Never Be Like You feat. Kai [Official Music Video]

カナダ出身のシンガー、Kaiをフィーチャリングしたナンバー。

セカンドアルバム『Skin』のファーストシングルであるこの曲は、母国オーストラリアのチャートで1位を獲得しました!

Martin SolveigやDisclosureによるリミックスバージョンもあります!

 

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top