【全文和訳あり】元Dash Berlinのフロントマン、Jeffrey Sutoriusが新たな声明文で真実を告白!

【全文和訳あり】元Dash Berlinのフロントマン、Jeffrey Sutoriusが新たな声明文で真実を告白!

今年6月に元Dash BerlinのメンバーであるJeffrey Sutoriusがグループを抜けることを発表し大きな衝撃を与えました。

2018年5月の終わりに、Jeffrey Sutoriusがフロントマンを務めたオランダ出身のグループ、Dash Berlinが健康上の問題を理由に複数のショーをキャンセルしましたが、その翌月、ソーシャルメディアを通してDash Berlinの他のメンバー(自身のブッキングやマネージメントも担当していたSebastiaan MolijnとEelke Kalberg)やエージェント会社の「Vanderkleij Agency」の誤った管理の仕方等を理由に、彼らと関係を絶ってメンバーを抜ける声明を発表。

これにより今後「Dash Berlin」という名前を使うことができなくなり、本名である「Jeffrey Sutorius」としてソロで活動していくことになりました。

そして昨日、Jeffrey Sutoriusが再び出した声明でこの数ヶ月間、本当は何が起きていたのかその真実を赤裸々に語りました。

以下詳細と和訳になります。


“I’ve always been open as who I am and how I feel. Not only as an artist but also as a human being. That is why it broke my heart when Eelke and Sebastiaan cut me off from my social media channels last June and that I could not share my feelings with the fans.”

(僕はアーティストとしてだけでなく1人の人間としていつも自分がどんな人物か、またどう感じたかオープンに表現してきた。6月にEelkeとSebastiaanが「Dash Berlin」のSNSから自分を追い出したことでファンのみんなに想いを伝えられなくて、心が張り裂けそうだった。)

“After the insane touring schedule of the past 10 years, at the end of 2017 I started to develop small pains around my body. Lower back, shoulders, heels, etc. And it didn’t recover that well. The pain just kept on bugging me. So I decided to take the first two months off in 2018 for a full physical check-up. During that check-up and recovery period, I was pressured by my booker to do a show in China [in January]. Mid February, I continued my tour doing a.o. mainstage Ultra 2018 and mainstage EDC 2018. Literally, just before the Ultra show my (now ex-) booker Van der Kleij cut off his communications with my tour manager (Borys). Eelke and Sebastiaan apparently supported that decision. From that day, my tour manager was only allowed to talk & discuss with the booking assistant, and only during Dutch business hours, from Monday to Friday from 9 to 5, which was weird seeing that I was travelling all around the world and through all time zones. ‘Good luck!’ he ended his message.”

(過去10年間、ハードなツアースケジュールをこなしてきたけど、2017年の終わり頃から、腰や肩、踵など身体中に痛みを感じるようになったんだ。一向に良くならないし、この痛みは僕を蝕んでいった。だから2018年に入ってすぐ身体検査をしっかりと行うために2ヶ月間の休みを取ることにしたんだ。でも検査期間や回復期間にもブッキング側から1月に中国でショーをやるよう圧力もかけられた。2月半ばにはツアーを続行させられ、Ultra Music FestivalやEDCのメインステージにも出演した。Ultra Music Festivalの直前くらいから、以前のブッキングを担当していたVan der Kleijが僕のツアーマネージャーであるBorysとの連絡を無視して勝手にするようになり、EelkeとSebastiaanもこのやり方に賛成したんだ。この日以来、ツアーマネージャーはブッキングアシスタントとだけ、月曜日から金曜日の9時から17時のわずかな時間のみの話しか許されなくなり、いつも変に思っていたんだけど、彼は最後に「幸運を祈る」とだけ残して去ったんだ。)

“In the beginning of May 2018, there was a phone call between my tour manager, Eelke, Sebastiaan and Van der Kleij in which they discussed some upcoming shows. I was in the room when they spoke. My touring manager warned them that the touring schedule was too hard on us. The shouting from the management and booker towards him was so loud that by even not using speakerphone I could hear it on the other end of the room. They told him to think about the fans we would be disappointing and the money we would be leaving on the table.”

(2018年の5月のはじめに、ツアーマネージャーとEelkeとSebastiaan、Van der Kleijの間で今後のショーに関する電話会議があったんだ。僕は彼らが話しているときに隣の部屋にいたんだけど、僕のツアーマネージャーがツアースケジュールがハードすぎると警告してくれたのに、他の3人は彼に対して大声で怒鳴っているのがスピーカーホンを使っていなくて且つ違う部屋にいた僕でも分かった。ファンの事を考えろ、やみんながガッカリする、なんて言ってたけど、結局稼げるお金が減ってしまうことしか考えていない。)

“This was the straw that broke this camel’s back. I knew it was time for action because this is simply not right. I couldn’t accept this, and I decided to stop working with the Van der Kleij booking agency.”

(これはさすがに我慢の限界を通り越した。これは正しい考えじゃないし、今こそアクションを起こさないと思ったんだ。この考えは受け入れられなかったから、「Vanderkleij Agency」とは一緒に仕事するのはやめた。)

“All this happened against the background of questions regarding mismanagement. I kept running into a wall where management and booker weren’t open for any talks or discussions. Eventually we planned a meeting for the 29th of May this year. On the 28th I returned from touring and on 30th of May A State Of Trance Poland was on the bill, a country I missed a lot, and I haven’t been to in quite a while. When my tour-manager and I came home, the management cancelled the meeting because they ‘saw no relevance’ in having such a meeting to discuss.”

(これらの問題は全て誤った管理方法が原因で起きたことなんだ。マネージメントとブッキング側がちゃんとしっかり話し合わないから壁に突き当たり続けていた。結局、2018年5月29日にミーティングを開いた(28日にツアーから戻ってきて30日にはポーランドのA State Of Tranceに参加するため)んだけど、当日になってマネージメント側がドタキャンしたんだ。こんな場で話し合っても何の意味もないからという理由で。)

“This is where I broke down mentally. I get really emotional thinking about all this. Why do people do this to each other? On the day the meeting was planned I went to see a doctor who diagnosed me with a burnout and told me to take a break from touring. One of the first things I did was call Armin van Buuren notifying him that I just wasn’t able to perform on ASOT in Poland. In the weeks that followed I finally found time to think about all that happened in the past decade, and it came to me clearly that all these years I’d only been focussed on my physical health, and completely neglected the mental impact of travel, being away from home for months on end, a constant pressure to fulfil a killing tour schedule while disconnected from friends and family.”

(僕はこの機会をずっと真剣に考えていただけに、これにはさすがに精神的に参った。なんでこんな事ができるんだろうって。ミーティングを計画していた日に病院に行ったんだけど、医者からは身体が限界を迎えているからツアーを休むように言われた。僕はまずArmin van Buurenに電話してポーランドのASOTに出演できない旨を伝えた。その数週間以内に過去10年間に起きた事をしっかり考える時間があったんだけど、身体の健康だけ気にしていて、ハードなツアースケジュールや数ヶ月間家に帰れない事などが精神に及ぼす影響を一切考えていなかったことに気付いた。)

“Like I said, one of the first things Eelke and Sebastiaan did was to freeze me out of the social media accounts. So the only way of communicating left to me to be able to inform the outside world about what was happening, was to release a press statement where I addressed the core of my decision. To add insult to injury, Eelke and Sebastiaan filed a claim against me that by not fulfilling the shows that were booked at that time, I was breaking a contract, and they wanted to force me to continue touring, or else I would have to pay a penalty of EUR 100,000 per day that I refused to do so. Eventually, the court denied that claim.”

(さっきも言ったように、その後EelkeとSebastiaanが最初にしてきたことは僕を「Dash Berlin」のソーシャルメディアのアカウントから排除することだった。僕が唯一「Dash Berlin」として外の世界に発信する手段を絶つことで、今本当は何が起きているかファンに伝えられないようにしたんだ。さらにEelkeとSebastiaanはショーをしっかりこなしていないとして正式に苦情を申し立てたことで、ショーの契約は破棄された。EelkeとSebastiaanは僕にとにかくツアーに専念するか、もしくはそれを断るのであれば1日100,000ユーロ(日本円で約1300万円)を支払うかを提示してきたけど、さすがにこの訴えは法廷で棄却された。)

“Coming back to  my burnout. Some of my close colleagues, friends and family already had questions about my touring schedule for a long time. I didn’t see it as a ‘rough’ schedule because I always looked only at the physical health standpoint and I love interacting with the fans. People may know I have a sporting background playing soccer in The Netherlands for major soccer clubs. While touring I mostly kept myself in “health” with fitness (Man On The Run), and after a while, I actively started practicing Bikram Yoga. I thought I was healthy and fit. But that was clearly not the case.”

(極度の疲労は他の人からも目に見えていて、親しい仲間や友人、家族はもう長いこと僕のツアースケジュールに関して疑問を抱いていた。でも僕は身体に目立った問題が起きていないかだけ見ていたし、なによりファンを楽しませるのが好きだったから、それが過酷なスケジュールだとは気付かなかった。知っている人もいるかもしれないけど、僕はオランダのメジャーサッカークラブに所属していたというバックグラウンドを持っているから、ツアーの間も運動したり、帰ってきてからもビクラムヨガを始めたりと、運動しているから健康だと思い込んでいたんだ。でもそれは違った。)

“So this summer I stayed at home, in The Netherlands, which was experiencing the hottest summer ever measured in our country. Other than that it’s been a blurry reality. I didn’t shave for months, and the only things I did was eating ice cream, watering the plants and walking my dog. It was one of the few things I could make myself happy with, besides doing nothing and trying to get out of misery and all blackness. Towards the point of deciding to continue under my own name and with lawyers going back and forth, my girlfriend Joyce and I got the opportunity to get married. A super small, intimate wedding but at the same time a super important step with my Joyce as my rock behind me, loving and supporting me all the way going into the future.”

(今年の夏久々にオランダの家に帰ってゆっくりしたんだけど、何ヶ月も髭も剃らず、アイスを食べて、植物に水を与えて、犬の散歩をするという生活を送った。でもなにもしないことで不安やストレスなど抱えていたものがなくなり幸せを感じたんだ。弁護士と何度も話して「Dash Berlin」ではなく自分の本名を使って活動を続けることで解決しつつあったから、ガールフレンドのJoyceと結婚もした。規模は小さい親しい人だけを集めた挙式だったけど、同時に自分にとってもとても重要なステップにもなった。僕を支えてきてくれた人たちとの将来のためにも。)

“As to my health now, I think I am getting where I want to be. But this time I will take care to make it sustainable, and to keep my life balanced out. Obviously, I have to take care of the past emotionally and financially, but I am also really looking forward to connecting with my fans again.”

(今現在の健康状態はかなり良好に向かっているけど、今回はちゃんとそれを維持できるようライフバランスもしっかり保たないといけない。感情面や財政面なども気をつけていかないといけないけど、またファンのみんなと繋がることができるのが楽しみで仕方ないよ。)

 

先日のDJ Magのインタビューに応じた際には新しいマネージメントのもと現場に復帰する計画についても話してくれました。

Q: どうしてEelke KalbergとSebastiaan Molijnは「Dash Berlin」を自分たち2人の名前で登録していたことをあなたに明確に教えていなかったのですか?

7月に開かれた法廷でEelkeとSebastiaanは2011年の段階で自分らりの名前で「Dash Berlin」を登録して、外の世界から身を守ったと報告していました。フロントマンを務めるJeffrey Sutoriusもそのメンバーに加えるのが普通ですが、彼らはそれをせず拒みました。私と「Dash Berlin」を共有するのを嫌がり、ただパフォーマンスを行いアイデアを生み出す操り人形のように思っていて、いくらでも代わりはいると考えていました。

Q: 杜撰な管理に関する問題はどこまで発展したのですか?

「Dash Berlin」としての財政的問題に関しては明らかになっておらず、まだ疑問もあります。EelkeとSebastiaan、そしてVan der Kleijはそれらに関する書類を提供することを拒否しています。全てのブッキングエージェント会社に登録してある「Dash Berlin」を「Jeffrey Sutorius」に差し替えたいと思っていますが、彼らはその契約書を渡すことも拒絶しており、裁判所からも彼らに催促の連絡を入れている状況です。これもEelkeとSebastiaanが僕なしでレーベル間と契約を交わして、僕の写真を使う許可を勝手に与えてしまったのが原因でもあります。2018年7月にはVan der Kleijが法廷で100万ドル以上の還付金を僕の名前で受け取り自分たちで着服していたことも分かりました。

Q: 将来的にまた「Dash Berlin」としてパフォーマンスする予定はありますか?それとも「Jeffrey Sutorius」として完全に新しく活動していく予定ですか?

彼らの僕に対して完全に失望していたため、「Jeffrey Sutorius」として完全にソロで活動することを決断しました。ファンが恋しかったし、ステージにも戻りたいと思えたから、今後はこの「Jeffrey Sutorius」として新しくスタートします。裁判所によると今後も「Dash Berlin」という名前を使うのであれば、この先も訴訟が続いてしまうという理由もあります。でも一方で、ファンは今までの「Dash Berlin」としての活動をサポートしてきてくれたから、闘う価値もあると考えています。長い時間がかあkるかもしれないけど、もしかしたら将来的にまた「Dash Berlin」としてステージに立つ日が来るかもしれません。

Q: 今後の計画を教えてください!

今後は「Jeffrey Sutorius」として「Dash Berlin」では成し遂げられなかったことに挑戦していきたい。世界は自分のもの。新曲を沢山作って世界中のファンとシェアするのが楽しみだよ。みんなに僕のストーリーを話して共有するからどんな人物なのか分かって欲しい。僕はEDMは「Emotional Dance Music」だと思っている。僕のSNSでツアースケジュールや新曲情報をチェックしていてね!


Jeffrey Sutoriusがこのような心身の病気やマネージメント会社との闘いなど深刻な問題を抱えながらもツアーを行っていたとは全く知りませんでした。

2018年10月以降、本名である「Jeffrey Sutorius」として活動を再スタートすることを発表し、「Jeffrey Sutorius」としてMixcloudにミックスもアップしたり、新たなブッキングエージェント会社David Lewis Productionsと契約するなど順調に準備が進んでいます。

先日、新曲のリリースが近いことを仄めかす投稿も行っていましたが、全ての問題を一刻も早く解決してまた元気な姿でステージ立って欲しいですね。

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top