MNN

MNN

名画家ピカソの孫!Steve Aokiも期待を寄せるFlorian Picasso(フローリアン・ピカソ)とは!

名画家ピカソの孫!Steve Aokiも期待を寄せるFlorian Picasso(フローリアン・ピカソ)とは!

今回のDJ Mag Top 100 DJs 2016にランクインされたDJを見ていて個人的に目に留まったのが、38位のFlorian Picasso(フローリアン・ピカソ)

少し前からMNNも注目してはいたのですが、まさかこんなスピードで急成長を遂げ初登場で38位という好記録を獲得するとは想像していませんでした!

本日はそんな人気沸騰中のFlorian Picasso(フローリアン・ピカソ)について紹介したいと思います!

Florian Picassoとは

2171c5b5

Florian Picasso(フローリアン・ピカソ)とは、ベトナム出身のDJ / プロデューサーです。

本名はFlorian Ruiz-Picasso(フローリアン・ルイス・ピカソ)で、1990年2月生まれの現在26歳。

image

音楽のジャンルはエレクトロ・ハウスやプログレッシブ・ハウスが多いイメージですが、本人曰く常に自分のスタイルを変え新しいサウンドを生み出すようにしているとのこと。

image

名前から「もしかして?」と思った方もいるかもしれませんが、そう、あの天才画家であるPablo Picasso(パブロ・ピカソ)の孫でもあります!

そのお話は後でするとして、昔はWarren Gの“This DJ”といったヒップホップに興味を持っていましたが、後にEDMの魅力にどっぷりはまり込むことになります。

Warren G – This D.J.

中学生のときに誰よりも目立ちたいと思いDJを始めたFlorian Picassoは、次のステップへ進むために2008年ごろから曲のプロデュースを開始。

image

2011年から本格的にEDMの世界に飛び込んだFlorian Picassoは、すぐにBenny Benassi(ベニー・ベナッシ)やFlux Pavilion(フラックス・パヴィリオン)といった人気DJのオフィシャル・リミックスを手掛けるなど流星のごとくシーンに頭角を現しました!

Benny Benassi feat. Gary Go – Let This Last Forever (Florian Picasso Remix) [Cover Art]

 

Florian PicassoのPVには自分の主張や想いが含まれており、例えば“Final Call”ではベトナムにたくさん埋められている地雷に関する悲しい歴史を取り上げていて、メッセージ性を強く感じます。

Florian Picasso – Final Call (Official Music Video)

2015年、2016年は特に彼のブレイクの年とも言え、Sander van Doorn(サンダー・ヴァン・ドーン)のレーベル「Doorn Records」やSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)のレーベル「Dim Mak」、Nicky Romero(ニッキー・ロメロ)のレーベル「Protocol Recordings」といった主要レーベルと次々と契約!

image

さらに先日発表されたばかりの世界の人気DJランキング『DJ Mag Top 100 DJs 2016』では、初登場にして38位にランクインしています!

image

>>>世界の人気DJランキング「DJ Mag Top 100 DJs 2016」がついに発表!!

そのためTomorrowlandやUltra Music Festivalなど今年は特にいろんな国行く機会が一気に増え、多くの国の人たちに自分の音楽を聴いてもらうことが目標だそうです。

image

また2016年5月3日にはUltra Koreaのカウントダウンパーティーのため「V2 TOKYO」でプレイしたFlorian Picassoですが、意外にも幼少期の大部分を日本で過ごした経歴があり、ワンピースやナルト、エヴァンゲリオンなど多くの漫画に影響を受けたそうですよ。

image

今コラボしたいアーティストとしてZedd(ゼッド)とJauz(ジョース)とこれまた全然違ったスタイルの2人を挙げていて、彼らとどんなサウンドの化学反応を起こすのか聴きたいので是非実現して下さい!笑

image

生まれた故郷であるベトナムを思い出して、“Hanoi(ハノイ)”“Danang(ダナン)”, “Saigon(サイゴン)”といったベトナムの都市をタイトルにした曲も出しているのですが、どれもクオリティの高い作品となっているので是非聴いてみて下さい!

image

Florian Picasso – Hanoi [Free]

 

Florian Picasso – Danang

 

Florian Picasso – Saigon [Premiere/Free]

 

おじいちゃんは天才画家のパブロ・ピカソ!?

image

上でも軽く触れましたが、Florian Picassoはスペイン出身の名画家、Pablo Picasso(パブロ・ピカソ)のお孫さんなのです!

生後3か月のときにベトナムの孤児院にいたFlorian Picassoはパブロ・ピカソの孫娘、Marina Picasso(マリーナ・ピカソ)に養子として引き取られたため、正確には血のつながりはありません。

image

しかしその家庭環境で育ったことで、「この世に多くの創造物を生み出したい!」という精神が培われたといいます。

またFlorian Picassoのロゴマークである顔のイメージは、20世紀初頭にパブロ・ピカソが生み出した「キュービズム」という作法を用いているようにロゴにも影響を与えたそうです。

image

パブロ・ピカソが7歳のころからアートに興味を示したように、Florian Picassoも13歳で音楽に興味を示し家族もサポートしてくれました。

このようにパブロ・ピカソは「絵」を、Florian Picassoは「音楽」と分野は違えど「アート」という面で2人とも傑出した才能を持っています!

image

ちなみに芸術のセンスは彼のスタジオにも現れていて、Florian Picassoのスタジオはめちゃくちゃお洒落でパブロ・ピカソの絵も沢山飾ったりしてクリエイティブな空間となっています!

image

image

彼曰くプロデュースするにあたって一番難しいのは曲のタイトルを考えることだそうです。

Steve Aokiも大絶賛!

image

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)とは何度か一緒に曲を制作したり、イビサ島の人気クラブ「Amnesia」はじめ多くのステージで共演するなど結構な頻度で行動を共にしています。

image

image

Steve Aokiとは”Beat Bomb“という曲で初めてコラボしたことでFlorian Picassoにとって非常に思い出深い1曲でもありますが、その後もよく一緒にスタジオに入り作業している姿が目撃されています!

image

image

余談ですが、Steve Aokiは「Beat Bomb」というモバイルゲームも出しているので是非遊んでみてみて下さい!

下はSteve Aokiをパブロ・ピカソが住んでいたフランスの家とFlorian Picassoのスタジオに招いたときの動画です。

image

The Picasso Mansion (w/ Florian Picasso) – Steve Aoki’s Secret Spots #1

 

Nicky Romeroも推している!

image

Florian PicassoはNicky Romero(ニッキー・ロメロ)のレーベル「Protocol Recordings」とも密接な関係があります!

当時、Florian Picassoの代表曲のひとつ“Origami”のデモをいろんなレーベルに送ったところ、Nicky Romeroがとても気に入ってくれ自分のUltra Music Festivalでもかけたのがきっかけだそうです。

Florian Picasso – Origami

“Origami”以降、今に至るまで「Protocol Recordings」から多くの曲をリリースしています!

image

また「Protocol Recordings」プレゼンツのミックス『Protocol Presents Miami 2016』は、Nicky Romeroが推す注目のアーティストとしてFlorian PicassoとBlindersを指名し、彼らによる素晴らしい内容のミックスとなっています。

Protocol presents Miami 2016 mixed by Florian Picasso & Blinders (Entire Mix)

また毎年Miami Music Week期間中に開催されるNicky Romeroがホストを務める人気イベント「Protocol Miami」では、今年2016年に上の2人も出演しました!

screen-shot-2016-03-06-at-9-51-00-pm

Martin Garrixとは大の仲良し!

image

今年2016年の『DJ Mag Top 100 DJs 2016』で堂々の1位に選ばれたMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)ですが、先日7日間連続で新曲7曲を発表するというサプライズをしてくれましたね!

>>>Martin Garrixからサプライズ!本日から7日間連続で新曲7曲をリリース!

image

そのなかの1曲“Make Up Your Mind”では、Florian Picassoとコラボしています!

Martin Garrix & Florian Picasso – Make Up Your Mind

この曲がリリースされる前からお互いSNSに一緒にスタジオで作業している写真をアップしていたので、コラボ曲を近いうちに出すのは知っていた人も多いでしょう。

image

この曲ではじめてコラボをしましたが、それ以前からFlorian PicassoとMartin Garrixは交流があってとっても仲が良いんですよ!

image

Ultra Koreaでは一緒に韓国の街を観光したり、Martin Garrixの所有するプライベートジェットに乗って一緒に移動したりと写真からも仲睦まじさが伝わってきます!

image

image

コラボ曲を出したばかりではありますが、今後もまた一緒に曲を作って欲しいですね!

Florian Picassoのオススメ曲

image

Florian Picasso – Origami

Florian Picasso – Origami

まさに日本語「折り紙」のタイトルのこの曲は、制作中に試行錯誤しても納得いくメロディができず、エフェクトなど違う方面からサウンドを高めていくことにしたのですが、完成させるために何回も積み重ねていく過程が折り紙を折る作業と似ていたために名付けたそうです。

日本に住んでいた経験があったので「折り紙」という単語も知っていたのでしょうか。

ユニークなプログレッシブ・ハウスに仕上がっています!

Florian Picasso – Want It Back (Origami)

Florian Picasso – Want It Back (Origami) // OUT NOW

上の“Origami”にヴォーカルが入ったバージョンがこの“Want It Back (Origami)”です。

ファンの間ではヴォーカルがないバージョンの方が好きという声が多いですが、それだけFlorian Picassoのサウンド自体に価値を見出しているということでしょう!

あなたはどちらの方が好きでしたか?

Florian Picasso – Kirigami

Florian Picasso – Kirigami (Official Music Video)

「折り紙」に引き続き「切り紙」とまたもや日本語タイトルのナンバー。

ギターのコードとスイートなエフェクトを織り交ぜた美しい1曲となっています!

ロボットが登場する近未来的なPVも魅力的で「キュービズム」も取り入れられたりしていて見応えがあります!

Florian Picasso – Final Call

Florian Picasso – Final Call (Official Music Video)

「Protocol Recordings」からリリースしたこの曲は、“Origami”と似たコードを使用し、チョップしたヴォーカルでドロップのメロディを作ったキャッチーな1曲となっています!

詩的なリリックとそれを歌い上げる男性ヴォーカルも素敵です!

Martin Garrixとともに“Bouncybob”を制作した注目のプロデューサー2人、Mesto(メスト)とJustin Mylo(ジャスティン・マイロ)によるフューチャー・ハウスにアレンジされたリミックス・バージョンもオススメですよ!

Florian Picasso – Final Call (Mesto & Justin Mylo Remix)

 

またFlorian Picassoが自分自身でリミックしたVIPミックスは、チルアウト・トラップ風になっていて面白いです!

Florian Picasso – Final Call (VIP Mix) // OUT NOW

Florian Picasso – Sheitan

Florian Picasso – Sheitan (Official Music Video)

いつものメロディックなスタイルとは違って、アンビエント(風の音や、鳥のさえずりといった周りを取り囲むように流れる静かな音楽)なシンセとバウンシーなキック、レトロのサウンドを使ったグルーヴィーなトラックとなっています!

PVはFlorian Picasso本人も出演していましたが、ちょぴり不気味な仕上がりになっていますね!

Florian Picasso – The Shape (Steve Aoki Edit)

Florian Picasso – The Shape (Steve Aoki Edit) I Dim Mak Records

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)のエディットが入ったこの曲は、メロディックなブレイクダウンと中毒性のあるベースの音が癒合したフェスティバル・アンセムとなっています!

この曲は2010年のSF映画『インセプション』の何が現実で何が現実じゃないかというコントラストにインスパイア受けて作ったそうで、出演しているレオナルド・ディカプリオの恐怖感をメロディに表しているとのこと!

しかし発表することなく4年間放置してドロップも時代遅れになっていたので、数々のバンガーを生み出したSteve Aokiにお願いしてこの曲が生まれました!

Florian Picasso & Tom Tyger – Mamo

Florian Picasso & Tom Tyger – Mamo // OUT NOW

フランス出身のDJ、Tom Tyger(トム・タイガー)とのコラボ・ナンバー。

Tom Tygerのファンキーなスタイルとダーティーなベースラインに力強いブレイクなどが印象的で、若干Daft Punk(ダフト・パンク)のサウンドにも似ています!

個人的にはサウンドの音程を変えた2回目のドロップがお気に入りです!

Florian Picasso & Tom Tyger – Can’t Stop

Florian Picasso & Tom Tyger – Can’t Stop

“Mamo”でも共演したTom Tyger(トム・タイガー)とのコラボ・ナンバー。

image

“Mamo”とは全く違ってメロディックでヴォーカルも映える繊細な1曲に仕上がっています!

Christina Perri vs Florian Picasso – Burning Gold (Florian Picasso Remix)

Christina Perri vs Florian Picasso – Burning Gold (Florian Picasso Remix)

アメリカ出身の女性シンガーソングライター、Christina Perri(クリスティーナ・ペリー)の人気ナンバーをリミックスしています。

原曲はしっとりした雰囲気なのですが、このリミックス・バージョンはエモーショナルなサウンドが組み込まれた感動的なプログレッシブ・ハウスになっています!

Steve Aoki Feat. Flux Pavilion – Get Me Outta Here (Florian Picasso Remix)

▶ Steve Aoki Feat. Flux Pavilion – Get Me Outta Here (Florian Picasso Remix)

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)とイギリス出身のDJ、Flux Pavilion(フラックス・パヴィリオン)のナンバーのリミックスも手掛けています。

奥行きのある壮大なサウンドに生まれ変わっており、なんといってもインパクトのあるドロップが魅力的です!

おわりに

image

いかがでしたか。

Steve AokiやNicky Romero, Martin Garrixなども認めるFlorian Picasso(フローリアン・ピカソ)。

「なんであのDJが入っていないんだ」という不満の声をよく聞くDJ Mag Top 100 DJs 2016ですが、Florian Picasso(フローリアン・ピカソ)の初登場38位は納得できました!

彼のクリエイティブな才能の花はまだ咲き始めたばかり!

今後もっと度肝を抜くようなユニークな曲で私たちを楽しませてくれることは間違いないでしょう!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top