MNN

MNN

【=◈︿◈=】日本大好き!期待のエース、Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)とは!

【=◈︿◈=】日本大好き!期待のエース、Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)とは!

独特の世界観を持ち、美しい曲と視覚的演出で多くの人を魅了するDJ、Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)。

彼の曲は、自然と涙が零れ落ちるような綺麗な曲ばかりなんです!

本日はそんなPorter Robinson(ポーター・ロビンソン)について紹介します!

Porter Robinsonとは

1

Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)とは、アメリカ出身のDJで、1992年7月15日生まれの現在まだ23歳という若き期待のエースです!

12歳の頃から独学で作曲を始めたのですが、18歳のときに“Say My Name”のリリースをきっかけに世界的に有名なDJのひとりとなりました。

ティエスト、スクリレックスらから“エレクトリック・ミュージックの若き救世主の一人”と絶賛される新鋭。2011年、エレクトリック・デイジー・カーニバルをはじめとするフェスに軒並み初出演し、DJマガジン誌のトップ100やビルボードチャートで上位ランクインを果たす。2週連続1位を飾ったEP「Spitfire EP」は、リリース日にBeatportのサーバーを クラッシュさせたという逸話も。

出典:TOWER RECORDS ONLINE

1

Skrillex(スクリレックス)にその才能を認められたPorter Robinsonは、Skrillexのレーベル「OWSLA」と契約し、Avicii(アヴィチー)やLady Gaga(レディ・ガガ)の公式リミックスも担当しています。

1

そんなPorter Robinsonが音楽面で最も影響を受けたのが、日本の音楽ゲーム「ダンスダンスレボリューション」

ゲームだけに限らずとにかく日本文化が大好きなんですが、後に詳しく話します。

4

Billboard(ビルボード)のDJランキングにおいてでは7位を、ミックス部門では1位を、人気音楽雑誌「DJタイムズ」では2013年に“アメリカで最も優秀なDJ”と評され、21歳を前にして、3つの曲がBeatport(ビートポート)のチャートで1位を獲得しています!

シンボルマークは、【=◈︿◈=】

Porter Robinson - Shrine Expo Hall - September 13, 2014

Porter RobinsonのPVやその他色んな箇所に目にするこの絵文字→【=◈︿◈=】

これは彼のシンボルマークなんです!

Porter Robinsonは日本人が使用する顔文字もお気に入りのようで、このロゴマークだけでなくライブではスクリーンに色んな顔文字が登場したりします!

1

このように日本の文化を好んでおり、PVに日本の要素を取り入れたり度々日本に遊びにきたり、2014年には秋葉原のメイド喫茶での写真まで公開しています。

日本のアニメヲタク!?

5

Porter Robinsonは、日本のアニメの大ファンでもあり、彼の曲中やライブで声が使われることもあります。

Porter Robinson – Worlds: The Movie 【OLD VERSION】

 

57:55分くらいのところで、「陥りなさい。飢えた狼ども。あんた達、大人しくしないとすごいことするわよ。私達、いい友達になりそうね。」という女性キャラクターの声が入りますが、アニメ「あの夏で待ってる」中のセリフの一部です。

ちなみに以前、インタビューで「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「おおかみこどもの雨と雪」「花咲くいろは」の3つが自身の好きなアニメだと答えていました。

2

どれも通ずるものがあって、彼の思想や世界観が伺えますね。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」に関しては、私もハマりこんで全て見たオススメのアニメです!

Porter Robinsonのオススメ曲

2

Porter Robinson – Language

Porter Robinson – Language [OFFICIAL VIDEO]

2012年に発表した、メロディが繊細で美しいPorter Robinsonのおすすめの曲です!

アメリカの女性シンガー、Heather Bright(またの名をBright Lights)がヴォーカルを歌っています。

iTunesやBeatport、などのシングルチャートでトップにランクインしました!

Clinton Sparks Feat. Porter Robinson – Let’s Drive (Language Bootleg)

Clinton Sparks Feat. Porter Robinson – Let’s Drive (Language Bootleg)

アメリカのDJ、Clinton Sparks(クリントン・スパークス)によるリミックスバージョンで、こちらはPorter Robinson自らヴォーカルを担当しています!

Porter Robinson – Flicker

Porter Robinson – Flicker (Official Video)

「私はちょうど何が重要か見つけようとしている」というGoogle翻訳の読み上げ音声の繰り返しがインパクトのある1曲。

またアニメ「あの夏で待ってる」のセリフも使われています。

Porter Robinson – Lionhearted ft. Urban Cone

Porter Robinson – Lionhearted ft. Urban Cone

スウェーデンのインディー・ポップ・バンド、Urban Cone(アーバン・コーン)をフィーチャーしたエレクトロポップ・ナンバーです!

Porter Robinson – Sad Machine

Porter Robinson – Sad Machine (Lyric Video)

音声合成技術、ボーカロイドを使用したなんともクセになるトラック!

Porter Robinson – Divinity ft. Amy Millan

Porter Robinson – Divinity ft. Amy Millan

カナダのロックシンガー、Amy Millan(エイミー・ミラン)をフィーチャーした曲。

Mat Zo featuring Porter Robinson – Easy

Mat Zo featuring Porter Robinson – Easy (Official Music Video)

イギリスのDJ、Mat Zo (マット・ゾー)とのコラボ曲。

Beatport(ビートポート)で1位を獲得しており、日本が舞台になっているPVも面白いです!

Porter Robinson – Unison (Knife Party Remix)

Porter Robinson – Unison (Knife Party Remix)

オーストラリア出身のEDMデュオ、Knife Party(ナイフ・パーティ-)によるリミックスバージョン。

柔らかな印象の原曲とは違って、アグレッシブでバイオレンスかつ中毒性のあるトラックです!

Porter Robinson – Unison

Porter Robinson – Unison

 

Nero – The Thrill (Porter Robinson Remix)

Nero – The Thrill (Porter Robinson Remix) [Exclusive]

イギリス出身のEDMデュオ、Neroの”The Thrill”にリミックスを加えたもの。

激しくアグレッシブな原曲が、Porter Robinsonによるリミックスで美しい曲調へと様変わりしています!

Porter Robinson – Spitfire (Kill the Noise Remix)

Porter Robinson – Spitfire (Kill the Noise Remix)

OWSLAからの第一弾リリースのEP『Spitfire』のタイトル曲”Spitfire”。

アメリカのEDMプロデューサー、Kill The Noise(キル・ザ・ノイズ)によるリミックスで、ダブステップ色の強い激しいサウンドに仕上がっています!

おわりに

3

いかがでしたか。

素敵な曲ばかりだと思いませんか?

今年2015年の8月に開催されたSONICMANIA(ソニックマニア)やSUMMER SONIC(サマーソニック)にも出演したりと、日本でもPorter Robinson(ポーター・ロビンソン)の世界観を生で味わうことができます!

次回来日の際は是非参加してみてはいかがでしょうか。

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top