MNN

MNN

10月13日(金)、Afrojackが15周年を迎えた日本ナンバーワンのクラブ「ageHa」の#MOVE NIGHT_に登場!

10月13日(金)、Afrojackが15周年を迎えた日本ナンバーワンのクラブ「ageHa」の#MOVE NIGHT_に登場!

すでに記事でも紹介しましたが、2017年10月14日(土)、長崎にあるテーマパーク、ハウステンボスでハロウィン × 屋外ミュージックフェスティバル「Hanniball Halloween Music Festival」が開催されます。

その第1弾ラインナップとしてAfrojack(アフロジャック)の出演が決まって話題となっていますが、なんとその前日10月13日(金)に世界の人気クラブランキング「DJ MAG TOP 100 CLUBS 2017」でエントリーした日本のクラブで最も高い順位を獲得したageHaにもAfrojackが出演することが決定いたしました!

MNNでAfrojack紹介記事を書いたのも結構前になるので、この機に彼の最新情報および10月13日(金)に行われるイベントの詳細もあわせて載せたいと思います!

Afrojackについてもっと知ろう!

Afrojack(アフロジャック)とは、オランダ出身のDJ/プロデューサーで、1987年9月9日生まれの現在30歳。

以前書いたAfrojackの紹介記事はこちら。

オランダのロッテルダムにある小さな町 Spijkenisse(スパイケニッセ)で生まれたAfrojackは、小さい頃から地元のジムのオーナーをしていた母親Debbieに「自分がやってて1番楽しいことをしなさい」と言い聞かされて育ちました。

5歳の頃からピアノを習い始め学校中退後はグラフィックデザインや絵を描くことに専念していましたが、11歳のときにFL Studioと出会い音楽の道を進むことを決意。

Madonnaの“Revolver”をDavid Guettaと共同でリミックスしたナンバーが、2011年のグラミー賞で「Best Remixed Recording」を獲得し、同年リリースしたアップビートなクラブチューン“Take Over Control”はアメリカでプラチナヒットしたことで、一気に頭角を現します。

Afrojack ft Eva Simons – ‘Take Over Control’ (Official Video)

そのほかLeona Lewisの“Collide”リミックスは2012年のグラミー賞にノミネート、 MTVビデオ・ミュージック・アワードにおいても2011年のPitbullとNe-Yo, Nayerらの“Give Me Everything”や2015年のDavid GuettaとNicki Minaj, Bebe Rexhaとの共作“Hey Mama”もノミネートさせています。

Leona Lewis / Avicii – Collide (Afrojack Mix: Audio)

 

David Guetta – Hey Mama (Official Video) ft Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack

2007年に自身のレーベルを立ち上げており、本名であるNick Leonardus van de Wallのラストネームから「Wall Recordings」と名付けました。

WALL RecordingsはAfrojackの友人でもあるFaisはじめ、様々なアーティストのプラットフォームとなっており、DJ DwayneやRavitezは単独ツアーを成功させたり、最近契約したOliver RosaもAfrojack自信が「天才的なプロデューサー」と形容したりとWALLファミリーも台頭してきています。

2016年には“Braver”が人気ゲーム「ファイナルファンタジーXV」で使用されたことでも話題になったほか、2016年のグラミー賞にもノミネートされたSteve Aoki主演のドキュメンタリー映画「I’ll Sleep When I’m Dead」にも出演したりと音楽以外のシーンでの活躍も目立ちました。

Final Fantasy XV OST – Afrojack [Braver]

 

2017年には兄のような存在だと語るDavid Guettとアメリカ出身の女性シンガー、Ester Deanとコラボして“Another Life”を制作。

Afrojack & David Guetta ft. Ester Dean – Another Life (Official Video)

そして先日ラッパーのBellyとO.T. Genasis, ベルギー出身のDJ、Ricky Breakerとコラボした新曲“No Tomorrow”をリリースしましたが、それぞれ全く違ったサウンドに仕上がっています。

Afrojack – No Tomorrow ft. Belly, O.T. Genasis, Ricky Breaker

現在アメリカの放送局 Sirius XMでAfrojackがホストを務める「Jacked Radio」というラジオ番組も持っており、先日記念すべき300回目の放送でJackedクルーも出演しスペシャルなライブセットを披露!

2017年はUltra Music Festivalのメインステージだけでなく、Afrojackがホストを務める「Jacked」ステージでも観客を沸かせ、Miami Music Week中に開催されたパーティー「Jacked Beach」では、Ty Dolla $ignとともに出演してDJとヒップホップパーティーという2つの世界を表現してくれました。

ちなみに「Jacked」ステージはAfrojackと彼の友人たち中心のラインナップで、「Wall Recordings」ステージは全てレーベルと契約するアーティストで構成されているという違いがあるのですが、Ultra Music Festivalでは彼の友人が多数出演していたため、「Jacked」ステージにしたそうです。

7月21日〜23日、28日〜30日と2週間に渡って行われたTomorrowland 2017では、なんと8回出演(メインステージや「Jacked」ステージ含め6回のセットは事前に発表されていましたが、残り2回はサプライズで登場)という新記録を樹立!

Tomorrowland Belgium 2017 | Afrojack

 

世界の人気DJランキング「DJ MAG TOP 100 DJS」では2010年から7年連続20位以内に入っており、前回の2016年のランキングでは10位にランクインと絶大な人気を保っています!

先日2017年9月9日の30歳の誕生日には、故郷アムステルダムで自身のバースデーを兼ねたパーティーを開催し、Dimitri Vegas & Like MikeやLaidback Luke, Hardwell, Lil Jonなど蒼々たるメンツが駆けつけるなど、多くのアーティストたちから尊敬の念を抱かれているのが分かります。

ちなみに2011-2012年頃、Paris Hiltonのセカンドアルバムのプロデュースを手掛けていたときに彼女と6ヶ月間ほど付き合ってい多野は有名な話ですが、Afrojackにはその前の彼女であるオランダ人のモデル、Amanda Balkと間に生まれた娘のVegasちゃんがいます。

多忙なスケジュールのなか少しでも娘との時間を作ったりと父親としての役割も果たしているのです。

多数のサイドプロジェクトが存在!?

Afrojackは本名であるNick Leonardus van de Wallの頭文字を取った「NLW」としてサイドプロジェクトを行っているのをご存知でしょうか。

2015年からスタートした「NLW」では自身のルーツに戻って、アンダーグラウンドなダッチサウンドに特化したプロジェクトとなっています。

NLW – Daft Ragga (OUT NOW)

Wall RecordingsからEPも出しており、“Rock The House”など初期の曲に見られるようなビッグルームに近いダーティ・ダッチ・ハウスを聴くことができます。

Afrojack – Rock The House (Official Music Video)

最も影響を受けた人物のひとりと公言しているDiploが「Major Lazer」や「Jack Ü」といった別名義で活動しているのがこのプロジェクトをスタートする要因になったそうです。

「Afrojack」という名前で売れるのではなく、駆け出しの頃のようにもう一度音楽のみで勝負したいという意気込みが含まれているのかもしれませんね。

また膨大な数の曲を出しているAfrojackはアルバムを制作するときに曲の選定が困難なため、ジャンル分けをする意味でも「NLW」を作ったのではないかとも言われています。

NLW & Aspyer & KIIDA – Around The World

それだけでなくAfrojackは2013年頃に「Far Far Away」というサイドプロジェクトでいくつか曲を出したこともあります。

「Far Far Away」名義でのファーストトラック“Robot City”“Unfinished Whatever”などは「Far Far Away」と言う言葉通りAfrojackのサウンドとはかけ離れたスタイルでメロウな曲中心となっています。

“Even though its not what most of you are used to, its still my biggest passion to share these kind of things with you, so welcome to the kingdom of Far Far Away, everything under this extra title is gonna be my weird stuff.”

という言葉を残していますが、「馴染みのないサウンドで好き嫌いが分かれるかもしれないけど、新しいサウンドやスタイルに挑戦したいという強い情熱があるから、みんなにも是非聴いて欲しい」と言っています。

昔はAfrojackのSoundcloudページリンクから聴けたのですが、現在は何故か削除されています。

さらに2007年、2008年頃に活動していた「Kapuchon」もまたAfrojackの別名義で、まさかのテクノ系のプロジェクトとなっています!

過去にオランダ出身のDJ、Benny Rodriguesとのコラボはじめ曲を幾つか残っているので聴いてみて下さい!

Kapuchon & Benny Rodrigues- And Again (Beyond)

Kapuchon & Benny Rodrigues- The Other Finger (Spinclub)

ジャンルをクロスオーバーしたサウンドが魅力!

Afrojackはクラブミュージックからスタートし、ポップミュージックとクロスオーバーしたり、ヒップホップをブレンドさせたり、2017年はオールドスクールも取り入れたりとどんどん新しいスタイルに挑戦しているのが分かります。

Afrojackの名前が世界中に広がるきっかけとなったPitbullとNe-Yo, Nayerとコラボした“Give Me Everything”やChris BrownがLil’ WayneとBusta Rhymesとコラボした“Look at Me Now”のプロデュースも有名かと思いますが、みなさん一度は聴いたことがあるであろう Beyoncéの“Run the World (Girls)”もMajor Lazerとともに制作に携わっています!

Pitbull – Give Me Everything ft. Ne-Yo, Afrojack, Nayer

Chris Brown – Look At Me Now ft. Lil Wayne, Busta Rhymes

Beyoncé – Run the World (Girls)

そのほかSnoop Dogg, Wiz Khalifa, Wrabel, Nicki Minajなどヒップホップからポップナンバーまで様々なシーンのアーティストの曲をプロデュースしているのです。

“Gone”でコラボしたラッパーのTy Dolla $ignとは2016年の2月にClive Davisのグラミー賞のプレパーティーで仲良くなり、それから何度か一緒にスタジオ入りしてダンスナンバーとヒップホップをクロスオーバーした曲を多数制作したそうです。

トラップの人気が高まり、DiploとSkrillexが「Jack U」プロジェクトをスタートしたことは彼に大きな影響を与え、アーティストとしてではなくプロデューサーのAfrojackとして自身もさらなるサウンドの多様化を目指すことを決意したそうです。

自身でも多様性に富んだDJセットを目指しているとのことで、現在彼のショーではヒップホップやトラップの曲も多くかかります。

今後どのような未曾有のスタイルを披露してくれるのか楽しみです!

「LDH EUROPE」のCEOに就任!

EXILEや三代目J Soul Brothersなどが所属する芸能プロダクション「LDH」。

2017年から日本だけでなくアメリカやヨーロッパ、アジアにも拠点を置き、「LDH WORLD」として世界展開することを発表しましたが、そのヨーロッパ支社「LDH EUROPE」のCEOにAfrojackが就任しました!

もともとm-floのメンバーであるVERVALと友人だったAfrojackは、彼の紹介でEXILEのリーダーで「LDH」社長のHIROと出会い、三代目J Soul Brothersのライブを見たことがきっかけで「LDH」に興味を持ったそうです。

その後HIROと将来のビジョンについて話すなかで単に曲作りだけでなく色んな形で音楽に貢献している姿勢に共感し、「LDH」に所属することになりました。

2015年には三代目J Soul Brothersの“Summer Madness”でコラボしたほか、PKCZ®の“Play That”や映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」でも使われている“Break into the Dark”、そして新体制となったLDHを紹介するトレイラーの楽曲“Follow Your Dreams”なども手掛けています。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / Summer Madness feat. Afrojack

PLAY THAT feat. 登坂広臣, Crystal Kay, CRAZYBOY – PKCZ® (Produced By AFROJACK)

 

HiGH&LOW Special Trailer「END OF SKY」/ Valentine feat. Rui & Afrojack 「Break into the Dark」

Follow Your Dreams feat. Afrojack (LDH Official Company Trailer 2017)

 

自身のレーベル「Wall Recordings」のオーナーであり、「LDH EUROPE」のCEOも務めるなどかなり多忙を極めていますが、こうして少しでも日本と近い存在になってくれるのは嬉しいですね!

10月13日(金)、ageHaの#MOVE NIGHT_に出演決定!

冒頭でお伝えした通り、10月14日(土)に長崎のハウステンボスで開催される「Hanniball Halloween Music Festival」にAfrojackが出演することは別記事でも紹介したのでご存知の方も多いと思います。

今回長崎だけの単独かと思われましたが、なんと前日の10月13日(金)にageHaの3ヶ月に渡って開催されるアニバーサリーパーティーに出演することが決定致しました!

Afrojackは2017年4月に行われたEDC JAPANぶりの来日ですね!

世界中のクラブやフェスで数え切れないほどプレイしてきたAfrojackですが、2017年のインタビューで最も好きな都市のひとつに東京を挙げるほどの日本好き。

大好きな東京で回した後、母国オランダを忠実に再現した長崎ハウステンボスに出演と、日本での滞在も楽しんで欲しいですね!

ヒット曲ばかりかけていたら皆何度も聴いているため飽きられるので、程よくヒット曲をかけて観客を興奮させ、予想不可能な新しい曲を混ぜ込む緩急やタイミングがDJとして大事と語る彼のパフォーマンスを是非会場で体感して下さい!


【MOVE NIGHT Presents ageHa’s 15th ANNIVERSARY “THE BEST PARTY #01” feat. AFROJACK】

OPEN:23:30

◎PRICE
EARLYBIRDTICKET1:¥2,980(100枚限定)
EARLYBIRDTICKET2:¥3,980(200枚限定)
GENERAL ADVANCE TICKET:¥4,980
15TH ANNIVERARY PASS : ¥15,000 (VIP AREA VIEING/1DRINK/FAST LINE/GOODS)
VIP TABLE: ASK to reserve@ageha.com
==============================================================
【ARENA】
THE BEST PARTY #01 feat.AFROJACK
■SPECIAL GUESTAFROJACK
■LINE UP MITOMI TOKOTO JapaRoLL
■DANCER CYBERJAPAN DANCERS 東京夜蝶倶楽部-AGEHA PERFOEMANCE CREW-
■VJ REZ
■LIGHTING LIGHTIST FUTURE/MIURA
【ISLAND】 Numbersixxx Presents xxx
【WATER】 RAU DEF
【BOX】 TCPT
【PARK】 TBA
 

Afrojackの最新曲を紹介!

Afrojack & David Guetta ft. Ester Dean – Another Life

Afrojack & David Guetta ft. Ester Dean – Another Life (Official Video)

David Guettaとのコラボで、アメリカ出身の女性シンガー、Ester Deanをフィーチャリングしたナンバー。

ヴォーカルチョップがクセになるフューチャーベースに仕上がっています!

AfrojackとDavid Guettaがフューチャーベースというのは意外ですが、オススメです!

Afrojack – No Tomorrow ft. Belly, O.T. Genasis, Ricky Breaker

Afrojack – No Tomorrow ft. Belly, O.T. Genasis, Ricky Breaker

ラッパーのBellyとO.T. Genasis,そしてベルギー出身のDJ、Ricky Breakerとコラボしたナンバー。

マイアミのUltra Music Festival 2017でもかけていた曲がついにリリースされました!

メンツからも分かる通り、ヒップホップナンバーとなっています!

Cesqeaux & Afrojack – Life Good ft. O.T. Genasis

Cesqeaux & Afrojack – Life Good (ft. O.T. Genasis)

Cesqeauxとのコラボでアメリカ出身のラッパー、O.T. Genasisをフィ―チャーしたナンバー。

“No Tomorrow”以前にこの曲でO.T. Genasisと共演していました!

こちらもヒップホップナンバーですが、Cesqeauxによるトラップ要素もブレンドされユニークなサウンドとなっています!

Afrojack – Wave Your Flag ft. Luis Fonsi

Afrojack – Wave Your Flag ft. Luis Fonsi

プエルトリコ出身のシンガー、Luis Fonsiをフィーチャリングしたナンバー。

“WAVE YOUR FLAG”は、愛、受容、寛容、そして文化への誇りといったメッセージがこめられているそうで、それは「ぼくには色の違いが見えない、世界中の色の違いなんてわからない、ぼくに見えるのはただ愛だけ」といった歌詞にも表れています。

-EDMMAXXより-

Luis Fonsiを迎えているだけに陽気なラテンチューンに仕上がっています!

Fais & Afrojack – Used To Have It All

Fais & Afrojack – Used To Have It All (Official Video)

オランダ出身のシンガーソングライター、Faisとのコラボ・ナンバー。

このタッグは“HEY”ぶりですが、こちらの曲はどこか哀愁漂うクラブナンバーとなっていて素敵です!

Fais ft. Afrojack – Hey (Official Video)

 

MVにはオーストラリア出身のモデル、Emily SearsとFais自身も出演しています!

Afrojack – Gone ft. Ty Dolla $ign

Afrojack – Gone ft. Ty Dolla $ign

アメリカ出身のラッパー/シンガー、Ty Dolla $ignとのコラボ・ナンバー。

Ty Dolla $ignとはグラミー賞のプレパーティーで仲良くなって以来、一緒にスタジオで曲を多数作ったと語っていたのでその中の1曲でしょう!

ヒップホップとEDMを掛け合わせたサウンドとなっており、その他のコラボ曲も早く聴いてみたいですね!

Afrojack & Jay Karama – Diamonds

Afrojack & Jay Karama – Diamonds

オーストラリア出身のDJ、Jay Karamaとのコラボ・ナンバー。

今までのAfrojackサウンドとは全く違ったアグレッシブなトラップサウンドに仕上がっています!

ビッグルームやダッチハウス、ポップ、ヒップホップ、ラテン、トラップとAfrojackは本当にオールラウンダーですね!

Ananya Birla – Livin’ The Life (Afrojack Remix)

Ananya Birla – Livin’ The Life (Afrojack Remix)

インド出身の女性シンガー、Ananya Birlaの曲をリミックスしています。

Afrojack曰く、みんなが予想しなかったようなコラボをこの曲で実現させたかったそうです!

Afrojackも世界中に愛を伝えその過程を楽しんで欲しいというAnanya Birlaのメッセージを汲み取り、よりハッピーでアップリフティングなサウンドへと生まれ変わりました!

David Guetta ft Justin Bieber – 2U (Afrojack Remix)

David Guetta ft Justin Bieber – 2U (Afrojack Remix) [official audio]

David GuettaとJustin Bieberによる大ヒットナンバーをリミックスしています。

初期のAfrojackを彷彿とさせるダーティ・ダッチ・ハウスにアレンジされていてテンションが上がります!

Yellow Claw – Open (feat. Moksi & Jonna Fraser) [Afrojack Remix]

Yellow Claw – Open (feat. Moksi & Jonna Fraser) [Afrojack Remix] {Official Full Stream}

Yellow ClawがMoksiとJonna Fraserをフィーチャーしたナンバーをリミックスしています。

神秘的な原曲をこちらもダーティ・ダッチ・ハウスへと大変身させています!

Afrojackの曲がMad Decentからリリースはちょっと違和感がありますね!

おわりに

いかがでしたか。

Afrojack(アフロジャック)についてより詳しく知ることができましたか。

もしかしたら最近リリースしたYellow Clawの”Open”リミックスやヒップホップ一色の新曲“No Tomorrow”を生で聴けるかもしれません!

10月13日(金)のageHa、10月14日(土)のハウステンボスどちらもお見逃しのないようお願いします!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top