MNN

MNN

bitbird所属の異色のアーティスト!ハードコアやガバを推し進めるDJ、Jan Levelとは!

bitbird所属の異色のアーティスト!ハードコアやガバを推し進めるDJ、Jan Levelとは!

San Holoがときどき自身のセットのラストの方でハッピーハードコアの曲をかけることがあるのですが、それが最近Jan Levelというアーティストの楽曲だということを知りました。

San Holo Live @ Chinese Laundry, Sydney

 

しかもこのJan Levelというアーティスト、San Holoのレーベル「bitbird」と契約しており、そのハッピーハードコアの楽曲も「bitbird」からリリースしていたのです!

 

View this post on Instagram

 

hanging with da man @sanholobeats. more music soon on @bitbirdofficial! 💥🇳🇱

Janさん(@lovejanlevel)がシェアした投稿 –

「bitbird」といえば、メロディアスなフューチャーベースや繊細なアンビエント系の曲をリリースしているイメージが大きかっただけに、過去にハードコアの楽曲をリリースしているのには驚きだったので、Jan Levelがどんなアーティストか調べてみました。

Jan Levelとは、オランダ出身のDJ/プロデューサー。

自分の顔に全てモザイクをかけているため、容姿は不明ですが、これもマーケティングのひとつでしょうか。

 

View this post on Instagram

 

Hallo

Janさん(@lovejanlevel)がシェアした投稿 –

2015年11月にTwitterをスタートした際も、最初の投稿は「Hardcore Never Dies(ハードコアは不滅)」としていることからも、ハードコアを推し進めていることが分かります。

その年の12月にbitbirdから初のシングルとなる“I Believe”をリリース。

Jan Level – I Believe (Official Music Video)

 

ちなみにこれがJan Levelにとってのデビューシングルでもあります。

よく聴くと単なるハードコアではなく、フューチャーベース要素も取り入れているのが分かるかと思います。

 

その後、約1年間何のリリースもなければ、SNSの更新もなかったのですが、2016年3月にBPMが速いハードコアテクノのひとつ、ガバの曲を制作していると投稿。

その翌月に再びbitbirdからセカンドシングルWorld Peaceをリリースしました。

Jan Level – WORLD PEACE [bitbird]

 

この曲はDiploのレーベル「Mad Decent」からリリースされたクリスマスのコンピレーションアルバム『A Very Decent Christmas 4』にも収録され、ハードスタイルやハードコアを聴かない人たちからも「新しいスタイルの可愛いガバ」として親しまれました。

 

2016年11月にSNSで「新曲制作に取り掛かっており、新しいガバを届ける」と発表し、多くのファンがJan Levelの次の新曲を待ち望んでいたのですが、それから2年以上経った現在2019年1月段階でもリリースされる気配もなければ、それ以降SNSも一切更新されていません。

海外のネット掲示板redditでも「Where is Jan Level?」というスレッドが立っていたので読んでみると、どうやら薬関係で刑務所に入っているため、SNSの更新や新曲のリリースもできていないという情報が書かれていました。

この情報は間違っておらず、San Holoの幼少時代からの友人で、「bitbird」の共同創立者でもあるThorwald van den Akkerもまた刑務所にいたことを認めており、DROELOEの“Many Words”の予告動画で映る電話ボックスの落書きの中にも「Free Jan Level(Jan Leveln自由を)」と書いてあるのが分かります。

しかし同じくbitbirdに所属するTaska Black曰く、現在は服役を終えて出所しており再び音楽のプロデュースに戻っているそうです。

Jan Levelのソロ曲もそうですが、他のbitbirdアーティストとコラボしたらどんなサウンドが生まれるのか興味ありますよね。

いつになるかは不明ですが、新曲を引っ提げて必ずシーンに戻ってきてくれると信じているので気長に待ってみたいと思います!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top