MNN

MNN

毎回豪華なゲストを迎えた曲を放つ売れっ子プロデューサー、DJ Khaledとは!

毎回豪華なゲストを迎えた曲を放つ売れっ子プロデューサー、DJ Khaledとは!

ヒップホップがお好きな方ならDJ Khaled(DJキャレド)というアーティストをご存知かと思います。

毎回豪華なゲストばかりを迎えた曲を連発しては大ヒットし、クラブでDJ Khaled(DJキャレド)の曲がかからない日がないくらい人気なんです!

本日は、そんなDJ Khaled(DJキャレド)について色々紹介したいと思います!

DJ Khaledとは

3

DJ Khaled(DJキャレド)とは、アメリカ・ニューオーリンズ出身のDJです。

1992年に結成されたラッパーのFat Joeが率いる「Terror Squad(テラー・スクワッド)」というヒップホップグループのDJとして活動しているほか、音楽プロデューサーとしての腕もピカイチです!

1

代表作としては、Fabolousの「Real Talk」やファット・ジョーの「All or Nothing」、リック・ロスの「Port of Miami」などが挙げられます。

また本名はKhaled Mohamed Khaled(カリッド・モハメド・カリッド)というのですが、両親がパレスチナからアメリカに移民してきたため、パレスチナ系アメリカ人になります。

1

キャレドの両親もアラビア音楽のミュージシャンをしていたこともあり、幼い頃からラップやソウルミュージックに興味を持っていて両親も賛成してくれたそうです。

その後、地元のレコードショップ「Odyssey」で働いたことが、Birdman(バードマン)とLil Wayne(リル・ウェイン)に会うきっかけにもなり、 キャレドの音楽キャリアの原点となりました!

1

現在では超売れっ子のプロデューサーのひとりで、めちゃくちゃ多忙な毎日を送っており、その成功したが故の苦しみを2013年に出したアルバムのタイトル『Suffering From Success』にしています。

3

「リック・ロスのアルバムを作り終えたときのことだ。みんなには分からないと思うが、アルバムを一枚作るのには色々大変なんだよ。その時も忙しくしていて、ある時、ひげに大きな脱毛部分があったんのに気づいた。見ないようにしていたけど、どんどん大きくなってさ。やっと家に帰れたときに、『医者に行かなきゃな……』と思って。で医者に診てもらったら、精神的な疲れ、ストレスから来てるって診断されたよ。そしてちょうどその時、マーケティングの人間やら弁護士やらから電話があって、それで医者は俺のことが誰か分かったんだ。45分の診断の後、医者は俺の肩を掴んでこう言ったんだよ。『あなたを苦しめているのは成功よ』(You’re suffering from success)ってね。」

出典:bmr

今年2015年の10月23日には、24組もの人気アーティストが終結した最新作『I Changed A Lot』をリリースしました!

実は結構お偉いさん!?

2

DJ KhaledのPVを見ていたら、ラッパーの後ろでリズム刻んだり、ちょちょい掛け声入れてるだけのおちゃらけた人ってイメージを持っていましたが、実は結構偉い人なんです。

アメリカの大手レコード・レーベルの『Def Jam Recordings』の南支部で、Ace HoodやLudacrisなどが在籍するレーベル『Def Jam South』の代表であり、自身が立ち上げたレコード・レーベル『We the Best Music Group』のCEOでもあるんです!

2

ラッパーのBirdmanのレコード・レーベルで、Lil WayneやNicki Minajなどが在籍する今最もアツイ『Cash Money Records』とパートナーシップも結んでいます。 2

ホストを務める企画『TakeOver』

1

DJ Khaledは、マイアミ中心のアーバン・ラジオ番組『WEDR』のなかで、週末の夜にあるコーナー『TakeOver』のホストを務めています。

ヒップホップやR&B、レゲエと幅広いジャンルで旬の音楽を届けてくれるため、人気のラジオ番組です!

DJ Khaled Takes Over 99Jamz

 

2003年から現在もなおホストを務める長寿番組で、現在はK. Foxxとともに進行しています。

Nicki Minajに公開プロポーズ!?

3

2013年の7月、MTV Newsのカメラに向かって、7歳年下の若手人気女性ラッパーのNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)への公開プロポーズをして話題を呼びました!

50万ドル(約488万円)相当の、10カラットのダイアモンドが付いた指輪まで用意して愛を語りましたが、リリースを控えていたアルバムのタイトル『Suffering From Success』という言葉を引用したりしていたため、話題づくりではないかと批判殺到。

3

Niki Minajもキャレドとは兄弟のような関係だし、冗談かもしくはニューアルバムのプロモーションの一環だろうと一蹴。

それでもキャレドは引き下がらず、本気で彼女のことが好きだし絶対に諦めないと断言し、2人の今後に皆が注目しました!

しかしその後のインタビューで、同アルバムにも収録のニッキーをフィーチャーした“I Wanna Be With You”のプロモーションだと明かし、次のシングルをヒットさせるため戦略のためで冗談だったことを認めました。

なんだか肩透かしを食らった感じですね。笑

  • DJ Khaled – I Wanna Be With You ft. Nicki Minaj, Future, Rick Ross

DJ Khaled – I Wanna Be With You (Explicit) ft. Nicki Minaj, Future, Rick Ross

DJ Khaledのオススメ曲

2

DJ Khaled – We Takin’ Over

DJ KHALED, AKON & TI “We Takin’ Over”
 2007年にリリースしたキャレドのセカンド・アルバム『We the Best』からのファーストシングル。
Akon(エイコン)とTI(ティーアイ)、Lil Wayne(リル・ウェイン)、Rick Ross(リック・ロス)、Fat Joe(ファット・ジョー)、Birdman(バードマン)をフィーチャーしたナンバーです。
正直これを初めて聴いたときは衝撃が走りました!今でも色褪せないですね!
 PitbullやFreeway、T-Pain、Trina、Curren$y、Cool & Dreなど多くのアーティストがカメオ出演しています!

DJ Khaled – We Takin’ Over (Remix) [ft. Akon, R. Kelly, T-Pain, Lil Kim & Young Jeezy]

R. Kellyによる出だしとバース、凄くカッコよくないですか!?

DJ Khaled – Out Here Grindin

DJ Khaled “Out Here Grindin” Official Video

Akon(エイコン)とRick Ross(リック・ロス)、Young Jeezy(ヤング・ジージー)、Lil Boosie(リル・ブージー)、Trick Daddy(トリック・ダディ)、Ace Hood(エイス・フッド)そしてPlies(プライズ)をフィーチャーしたナンバー。

アメリカ出身のエレクトロ・ヒプホップ系の2人組プロデューサー、The Runners(ザ・ラナーズ)とAkon(エイコン)によるプロデュースで、フックはT-Pain(ティーペイン)が書いています。

「シン・シティ」風なカッコイイPVには、Tyga(タイガ)やGym Class Heroes(ジム・クラス・ヒーローズ)の Travis(トラヴィス)をはじめ20組近いアーティストがカメオ出演しています!

DJ Khaled – Welcome To My Hood

Welcome To My Hood (Explicit)

ラッパーのRick Ross(リック・ロス)とPlies(プライズ)、Lil Wayne(リル・ウェイン)によるバースとT-Pain(ティーペイン)のコーラスが上手くマッチした曲です。

この曲はキャレドの5枚目のアルバム『We the Best Forever』のファーストシングルでもあります。

こちらもLudacrisとT-Pain, Busta Rhymes, Twista, Mavado, Birdman, Ace Hood, Fat Joe, Game, Jadakiss, Bun BそしてWaka Flocka Flameが歌うリミックスバージョンが存在します!

DJ Khaled – Welcome To My Hood (Remix) (Official Video) (Uncensored Dirty)

DJ Khaled – All I Do Is Win

DJ Khaled “All I Do Is Win” feat. Ludacris, Rick Ross, T-Pain & Snoop Dogg / Victory In Stores Now

Ludacris(リュダクリス)とRick Ross(リック・ロス)、T-Pain(ティーペイン)そしてSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)をフィーチャーした4枚目のアルバム『Victory』からのセカンド・シングル曲。

DJ Khaled “All I Do Is Win” — Official REMIX video (ft. T-Pain, Nicki Minaj, Diddy, more)

ちなみにリミックスの T-PainとJadakissのバースは、2010年のミックステープ『The Champ Is Here 3』の”Allergic to Losing”のバースをサンプリングしています!

NEW! Jadakiss ft. Masspike Miles and LA the Darkman- Allergic to Losing (champ is here 3)

DJ Khaled – Fed Up

DJ Khaled “Fed Up” ft. Usher, Young Jeezy, Drake and Rick Ross (Director’s Cut) / New Album 2010

Usher(アッシャー)とYoung Jeezy(ヤング・ジージー)、Drake(ドレイク)そしてRick Ross(リック・ロス)をフィーチャーした4枚目のアルバム『Victory』からのファースト・シングル曲。

疾走感のあるトラックで、Usherによるコーラスが爽やかでカッコいいです!

DJ Khaled – I’m On One

DJ Khaled – I’m On One (Explicit Version) ft. Drake, Rick Ross, Lil Wayne

ラッパーの Drake(ドレイク)とRick Ross(リック・ロス)、Lil Wayne(リル・ウェイン)をフィーチャーし5枚目のアルバム『Victory』からのセカンド・シングル曲。

カナダ出身のプロデューサー、T-MinusとNikhil S、Noah “40”らによるサウンドも中毒性があります!

アメリカの「Billboard Hot 100」では10位に、アメリカの「Hot R&B/Hip-Hop Songs」と「Hot Rap Songs」では1位を獲得したキャレドの人気曲のひとつです!

DJ Khaled – Take It To The Head

Take It To The Head (Explicit)

ラッパーのRick Ross(リック・ロス)とNicki Minaj(ニッキ・ミナージ)、Lil Wayne(リル・ウェイン)によるラップとChris Brown(クリスブラウン)によるコーラスが美しい、6枚目のアルバム『Kiss the Ring』からのリード・シングル。

このシングルは500,000枚以上売り上げ、ゴールドディスクに認定されました!

DJ Khaled – They Dont Love You No More

DJ Khaled – They Dont Love You No More ft. JAY Z, Meek Mill, Rick Ross, French Montana

ラッパーのJay-Z(ジェイ・ジー)とMeek Mill(ミーク・ミル)、Rick Ross(リック・ロス)、French Montana(フレンチ・モンタナ)をフィーチャーした、8枚目のアルバム『I Chaged A Lot』からのファースト・シングル。

なんといってもJay-Zとのコラボレーションでリリース前から話題になりました!

5

ハードで重低音バリバリのトラックで、強気になりたいときにピッタリの曲です!笑

DJ Khaled – Hold You Down

DJ Khaled – Hold You Down ft. Chris Brown, August Alsina, Future, Jeremih

Chris Brown(クリス・ブラウン)とAugust Alsina(オーガスト・アルシーナ)、Future(フューチャー)そしてJeremih(ジェレミ)をフィーチャーした、8枚目のアルバム『I Chaged A Lot』からのセカンド・シングル。

スウィートでしっとりしたサウンドに乗る美声の持ち主のChris BrownとAugust Alsina、そしてJeremihのヴォーカルが極上の癒しを与えてくれます!

こちらも500,000枚以上売り上げ、ゴールドディスクに認定されました!

DJ Khaled Ft Usher, Rick Ross, Fabulous & Ace Hood – Hold You Down (Remix)

DJ Khaled – How Many Times

DJ Khaled – How Many Times (Official Video) ft. Chris Brown, Lil Wayne, Big Sean

売れっ子アーティストの3人、Chris Brown(クリス・ブラウン)とLil Wayne(リル・ウェイン)とBig Sean(ビッグ・ショーン)をフィーチャーした、8枚目のアルバム『I Chaged A Lot』からのサード・シングル。

少しミステリアスでアングラな感じが聴けば聴くほどにハマりこんでしまいます!

Chris Brownはヴォーカルだけでなく、終盤ではラップも披露しています!

DJ Khaled – Gold Slugs

DJ Khaled – Gold Slugs (Official Video) ft. Chris Brown, August Alsina, Fetty Wap

Chris Brown(クリス・ブラウン)と第2のクリス・ブラウンとの呼び声高いAugust Alsina(オーガスト・アルシーナ)そして今最もキテるラッパーのFetty Wap(フェッティ・ワップ)をフィーチャーした、8枚目のアルバム『I Chaged A Lot』からのリード・シングル。

彼女がどれだけ自分の「Gold Slugs(金の付け歯のこと)」を愛しているか、を歌った曲となっています。笑

この曲で、August Alsinaの美声を再認識したと同時にメロディックなバースを操るFetty Wapにもハマりました!

DJ Khaled – You Mine

DJ Khaled – You Mine (Official Video) ft. Trey Songz, Jeremih, Future

R&BシンガーのTrey Songz(トレイ・ソングス)とJeremih(ジェレミ)、ラッパーのFuture(フューチャー)をフィーチャーした、8枚目のアルバム『I Chaged A Lot』からのリード・シングル。

スローテンポの曲調に響くシンセの音と、Jeremihによるフックの繰り返しが頭の中でエンドレスにリピートされる美しいナンバーです!

おわりに

いかがでしたか。

どの曲もオシャレなヒップホップって感じで聴きやすいものばかりだと思いませんか。

クラブで盛り上がるクラブ・バンガーから、しっとりBGMにピッタリなチルアウト・ソングまでどちらもしっかり押さえていますよね!

現在のブラックミュージックシーンで必要不可欠の人物、それがDJ Khaled(DJキャレド)です!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top