MNN

MNN

The Chainsmokersの”Closer”も手掛けた歌えるDJ、Shaun Frank(ショーン・フランク)とは!

The Chainsmokersの”Closer”も手掛けた歌えるDJ、Shaun Frank(ショーン・フランク)とは!

Shaun Frank(ショーン・フランク)というアーティストをご存知ですか。

KSHMR(カシミア)やDVBBS(ダブス)などとのコラボ曲で彼の名前を見たことがある人も多いと思います!

シンガーの経歴もあったり、The Chainsmokers(ザ・チェーンスモーカーズ)の“Closer”を一緒に生み出したりとあまり知られていないですが実は色々活躍しているんです!

というわけでShaun Frank(ショーン・フランク)を知ってもらうべく彼の紹介に入りたいと思います!

Shaun Frankとは

image

Shaun Frank(ショーン・フランク)とは、カナダ出身のDJ / プロデューサー / シンガーです。

1989年6月7日生まれの現在27歳で、サウンドはメロディックなフューチャー・ハウスとなっています。

image

もともとシンガーだったShaun Frankは、2012年頃からDVBBS(ダブス)やArty(アーティ), Nicky Romero(ニッキー・ロメロ), Dyro(ダイロ), 3LAU(ブラウ)といったEDMアーティストとプロデュースなどでコラボしはじめました。

image

数多くの曲をBeatportのトップ40に食い込ませてきた彼ですが、そのなかでもスペイン出身のDJ、Marien Bakerとの“Unbreakable”は世界的に大ヒット!

Marien Baker – Unbreakable (feat. Shaun Frank)

 

スペインのメインチャートでは20位に、UKのクラブチャートでは6位に、World Dance Musicチャート(スペインとラテンアメリカのメインクラブチャートのこと)では見事1位を記録しました!

また当時スペインのラジオで最もかけられた曲トップ15にも選ばれています!

image

その後、カナダのラップ・ロックバンド、Down With WebsterのナンバーをShaun Frankがリミックスしたバージョンはこれまたヒット!

Down With Webster – Chills (Shaun Frank Remix)

 

Coldplay(コールドプレイ)の“Magic”をクラブカバーした曲は、多くのサポートを受けたことも手伝ってYouTube含め各チャンネルで数百万回以上再生されました!

Coldplay – Magic (Shaun Frank Club Cover)

 

KSHMR(カシミア), Steve Aoki(スティーヴ・アオキ), The Chainsmokers(ザ・チェーンスモーカーズ), Oliver Heldens(オリバー・ヘルデンス)といったビッグネームからも注目され、The Chainsmokersがコロラドを代表する会場「Red Rocks」で開いたラインアップからステージの構成まで自分たちで行ったイベント「Dreaming」にもShaun Frankを出演させました。

image

Shaun Frankは10歳の頃からこの「Red Rocks」でパフォーマンスすることが夢だったそうです。

image

現在は、Red Rocks以外にもSMFやElectric Zoo、TomorrowWorldといったビッグフェスにも出演しています!

image

オランダ出身のDJ、Oliver Heldens(オリバー・ヘルデンス)と仲がよく、コラボした“Shades of Grey”はBeatportのチャートで1位を獲得!

Oliver Heldens & Shaun Frank – Shades Of Grey (Ft. Delaney Jane) [Official Music Video]

この曲が出来上がるまで、まず2人はトロントで初めて会い一緒に飲んだりボーリングしたりナイアガラの滝を見に行ったりと仲を深めた後にスタジオに入り、“Shades of Grey”の制作に入ったそうですよ。

image

このPVは変装したりとストーリーも面白いのですが、映像から伝わる仲睦まじさはやっぱり本物だったんですね!

image

ちなみにこの曲はもともとShaun FrankとDelaney Janeの2人でヴォーカルを先に作っていたものの、どういった方向のサウンドにしていいか行き詰っていました。

そこでこのヴォーカルをOliver Heldensに聞かせたところ、すぐにサウンドの方向性を決めてプロデュースに取り掛かることになったとのこと。

image

また今最もコラボしたいアーティストとしてRüfüs(Rüfüs du Sol)の名前を挙げており、彼らの“Innerbloom”は大好きな曲のひとつで、昔Shaun Frankもバンドしていたこともあって彼らには親近感を持っているそうです。

RÜFÜS – Innerbloom

今後自分のショーにもっとライブ感を取り入れていきたいと語っており、バンド経験があってピアノやギターを弾けるのでそういったスキルも活用して楽器やライブシンガーなどの要素を加えていくことを考えているとのことで、どのように進化していくか楽しみです!

image

ロックバンドのヴォーカルとしても有名!

image

Shaun FrankはDJ/プロデューサーだけでなく、シンガーとしても有名なのです。

というのも彼はトロントをベースに活動するロックバンド「The Envy」のヴォーカルとしても活動していた経歴もあります!

envythe

メンバーはヴォーカルのShaun Frankに加え、ギターのVØID、キーボードのJonny、そしてドラムのIzzyの4名で2009年に結成されました。

彼らは伝説的ロックバンド、KISS(キッス)のベーシスト/ボーカリストとして知られるGene Simmons(ジーン・シモンズ)の目に留まり、彼のレーベル「Simmons Records」と2010年に契約。

image

世界各国をツアーで回るほど人気もあり、Shaun Frankの素晴らしい歌声を聴いたダンスミュージックのアーティストからちょいちょい声を掛けられるようになり、フィーチャリングとして参加するようになったのがきっかけで、EDMの世界に足を踏み入れることになったそうです。

image

その後、DJ達のツアーにも同行するなかで、バンドをしているときよりも多くの刺激を受け、曲のプロデュースもスタートします!

はじめは他人のためにゴーストプロデューサーとして曲を提供していた時期もあったそうですが、自分が作った曲を心から気に入りそのときから自分の名前で曲を作っていくことに決めたそうですよ。

image

Delaney Janeとの相性抜群!

image

後でShaun Frankのオススメ曲コーナーで紹介しますが。彼は同じくカナダ出身の女性シンガー、Delaney Jane(ディレイニー・ジェーン)と何度も共演しています。

image

フィーチャリングとしてShaun Frankの曲に客演しているだけでなく、一緒にツアーやイベントで香港やインド、インドネシアなど各国を回ったりもしています。

image

Shaun Frankのフューチャーハウスよりのダンスポップに彼女のクラブ映えする透き通ったヴォーカルは最高にマッチしていますが、それにしても仲良すぎやしませんか?

image

SNSでもかなり距離の近いツーショット写真を沢山アップしていますし、これは友達以上の関係ではないかと勝手に思っています。

image

2人でライブセッションも行ったりしていますが、見てください、このDelaney Janeの笑顔!

image

恋人にしか見せないような愛くるしい表情を見て微笑ましく思いました。笑

Delaney JaneはほかにもDzeko & Torres(ジェコ&トーレス)の“L’Amour Toujours”やStadiumx(スタディアムエックス)の“Time Is On Your Side”といった曲にも参加しており、EDMシーンで今引く手あまたな状態です!

Dzeko & Torres – L’Amour Toujours feat. Delaney Jane (Tiësto Edit) [Lyric Video]

Stadiumx, Dzasko feat. Delaney Jane – Time Is On Your Side (Official Music Video)

Delaney Janeはこのように人気になってきたことで卒業目前で通っていたプライベートスクールを退学し、その後すぐにShaun Frankとツアーに同行したこともあって、彼女にとってきっかけを与えてくれた大きな人物なのでしょう。

image

これからも女性ヴォーカルを取り入れた曲の制作に意欲的で、Tove LoやZella Dayともコラボしたいと語っていますが、Delaney Janeと今後も定期的に素晴らしい曲を作っていって欲しいですね!

The Chainsmokersの名曲のプロデュースにも加担!

image

EDMが好きな人でアメリカ出身のEDMデュオ、The Chainsmokers(ザ・チェーンスモーカーズ)の”Closer“を知らない人はいないでしょう。

The Chainsmokers – Closer (Lyric) ft. Halsey

Shaun Frankはこの曲のプロデュースにも携わっているのです!

image

この曲はまずThe Chainsmokersのメンバーのひとり、Andrew Taggart(アンドリュー・タガート)とシカゴを拠点に活動するミュージックデュオ、Louis the Child(ルイス・ザ・チャイルド)のFreddy Kennett(フレディ・ケネット)でビートを制作。

その後、アンドリューとShaun Frankが一緒に作詞をしていたときに、Shaun Frankが彼に「自分のヴォーカルを入れてみなよ!」と提案したことで、アンドリューが自分も歌うことを決めました!

image

ちなみにこの曲は Blink-182の“I Miss You”にインスパイアされて作ったそうで、The Chainsmokersの2人が何度もヘビロテしてたくらい大好きな曲とのことなので、是非聴いてみて下さい!

blink-182 – I Miss You

Shaun Frankのサインは何を意味する?

image

Shaun Frankはピースを上下であわせたようなサインをよくしています。

image

どうやら彼の決めポーズのようなものでしょう。

image

さていきなりですが、ここで問題です。このマークは一体何を表しているでしょう。

この下の画像にもヒントがありますよ。

image

正解は彼の名前の一部です!

image

はじめShaun Frankの「S」を表しているのかと思ったのですが、だとしたら横向きだし変だよなぁと思っていました。

image

彼のファーストネームとラストネーム両方に入っている「A」を一方は逆にしたのが、正式な表記っぽいです。そのため「A」「∀」を合わせたマークというわけですね!

image

それにしてもこのスマホケース欲しい!笑

Shaun Frankのオススメ曲

image

Shaun Frank & KSHMR – Heaven feat. Delaney Jane

Shaun Frank & KSHMR – Heaven (feat. Delaney Jane) [Official Lyric Video]

インド系アメリカ人DJ、KSHMR(カシミア)とのコラボで、カナダ出身の女性シンガー、Delaney Jane(デラニー・ジェーン)をフィーチャーしたナンバー。

image

ブレイクダウンではShaun Frankのユニークなフューチャーハウスの色が強いですが、ピアノのメロディでファンキーなグルーヴもあってメロディックなサウンドも聴かせてくれます!

Shaun Frankがピアノを弾き、それに合わせてDelaney Janeが歌うライブ・セッション・バージョンもアップされていているのでチェックしてみて下さい!

Shaun Frank & KSHMR – Heaven (feat. Delaney Jane) [Live Session]

 

またこの曲は後にKSHMR自身が再度リミックスしたVIPミックスもあるので、こちらもチェックして見て下さい。

Shaun Frank & KSHMR – Heaven ft. Delaney Jane (KSHMR Remix)

DVBBS & Shaun Frank – LA LA LAND ft. Delaney Jane

DVBBS & Shaun Frank – LA LA LAND ft. Delaney Jane (Official Music Video)

カナダ出身のEDMデュオ、DVBBS(ダブズ)とのコラボで、上の“Heaven”でもフィーチャーしたDelaney Jane(デラニー・ジェーン)をフィーチャーしたナンバー。

image

柔らかい雰囲気のポップな曲となっていますが、ドロップ部分はキャッチーでモダンなフューチャー・ハウス系ビートとなっているところが面白いです!

DVBBSの2人もエレキギターとドラムを演奏しているライブ・セッション・バージョンもアップされていているのでチェックしてみて下さい!

DVBBS & Shaun Frank – LA LA LAND ft. Delaney Jane (Live Session)

Shaun Frank – Let You Get Away ft. Ashe

Shaun Frank – Let You Get Away (ft. Ashe) [Official Music Video]

アメリカ出身の女性シンガー、Ashe(アーシ)をフィーチャーしたナンバー。

ミッドテンポでトラップテイストも含んだエモーショナルなメロディが聴けば聴くほどにハマり込んでしまいます!

Shaun Frankのポップとダンスフロアを掛け合わせたようなサウンドが素敵ですよね!

Oliver Heldens & Shaun Frank – Shades Of Grey Ft. Delaney Jane

Oliver Heldens & Shaun Frank – Shades Of Grey (Ft. Delaney Jane) [Official Music Video]

オランダ出身のDJ、Oliver Heldens(オリバー・ヘルデンス)とのコラボで、こちらもまたDelaney Janeをフィーチャーしています。

Shaun FrankのガレージハウステイストとOliver Heldensのクラシックでかつファンキーなベースラインが上手く混ざり合い、聴いていて飽きることがないお洒落で心地よいサウンドが生まれました!笑

image

この曲はOliver HeldensがUltra Music Festivalで初めてかけたことで話題になりました!

Oliver Heldens & Shaun Frank feat. Delaney Jane – Shades [Live from UMF Miami 2015]

 

Borgeous & Shaun Frank – This Could Be Love feat. Delaney Jane

Borgeous & Shaun Frank – This Could Be Love feat. Delaney Jane (Official Music Video)

アメリカ出身のDJ、Borgeous(ボージャス)とのコラボで、またまたDelaney Janeをフィーチャーしています。

Shaun Frankのフューチャーハウスと融合したことで、今までのキラキラしたプログレッシブハウスが特徴のBorgeousサウンドと一味違ったテイストの曲となっています!

PVに登場する主人公であるパンダが切なくもあり可愛いです!笑

Steve Aoki & Shaun Frank – Dope Girlz

Steve Aoki & Shaun Frank – Dope Girlz (Official Music Video) [Chapter 2 of 4]

日系アメリカ人人DJのSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)とのコラボ・ナンバー。

Steve AokiのEP『4OKI』からの第2弾シングルでもあるこの曲は、エレクトロとハウスを混ぜ合わせたダークなサウンドが特徴で、独特なベースドロップがかっこいいです!

Shaun Frank – Time

Shaun Frank – Time (Original Mix)

サウンドとしてはグルーヴィーなビートとファンキーなリズムが印象的なフューチャーハウスですが、どこかオールドスク―ルなふんいきも漂った1曲となっています!

この曲は、Steve Angello(スティーヴ・アンジェロ)のレーベル「Size Records」からリリースしています。

image

The Chainsmokers – Closer (Shaun Frank Remix) ft. Halsey

The Chainsmokers – Closer (Shaun Frank Remix Audio) ft. Halsey

アメリカ出身のEDMデュオ、The Chainsmokers(ザ・チェーンスモーカーズ)の大人気ナンバーをリミックスしています。

なんと彼のマルチな才能に惚れたThe Chainsmokersが直々にリミックスを依頼したそうですよ!

出だしのソフトなピアノのメロディからフューチャーベース風のドロップまで全て完璧です!

Duke Dumont – Ocean Drive (Shaun Frank Remix)

Duke Dumont – Ocean Drive (Shaun Frank Remix)

イギリス出身のDJ、Duke Dumont(デューク・デュモント)の人気ナンバーをディープハウステイストにリミックスしています。

Shaun Frankファンの間でも人気のv高いリミックスでオリジナルよりこっちの方が好きとの声も多数あります!

The Neighbourhood – Sweater Weather (Shaun Frank Club Cover)

The Neighbourhood – Sweater Weather (Shaun Frank Club Cover)

アメリカのロックバンド、The Neighbourhood(ザ・ネイバーフッド)のナンバーのカバーも手掛けています。

インディーポップ/オルタネイティブなオリジナルを全く違うクラブサウンドにアレンジしています!

オリジナルとの違いを聴き比べてみると面白いですよ!

The Neighbourhood – Sweater Weather

おわりに

image

いかがでしたか。

Shaun Frank(ショーン・フランク)がどんな人物か分かっていただきましたか。

最後に彼が最近のインタビューでオススメの曲を4つピックアップしていたのでこちらも聴いてみて下さい!

  • RUFUS ●● You Were Right

RUFUS ●● You Were Right [Official Video]
  • Flume – Tiny Cities feat. Beck

Flume – Tiny Cities feat. Beck
  • 3LAU – Is It Love (Arty Remix)

3LAU – Is It Love (Arty Remix)
  • The Him feat. Gia Koka – Don’t Leave Without Me

The Him feat. Gia Koka – Don’t Leave Without Me (Official Video 4K)

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top