短期間で大ブレイク!The ChainsmokersやDon Diabloも大注目のLost Frequenciesが4月7日(土)にageHaに初来日決定!

短期間で大ブレイク!The ChainsmokersやDon Diabloも大注目のLost Frequenciesが4月7日(土)にageHaに初来日決定!

タイトルの通り、2018年4月7日(土)Lost Frequencies(ロスト・フリクエンシーズ)の初来日公演が決定致しました!

彼の曲はEDMが好きな人なら誰しも一度は耳にしたことがある曲ばかりなのですが、どんな人物かまではいまいち分からない方もいるかと思います。

そこで本日はLost Frequenciesがどういった曲を作っていて、どんな偉業を成し遂げたか、またどれだけ多くのトップDJたちからサポートされているか等について説明したいと思います!

Lost Frequenciesとは

Lost Frequencies(ロスト・フリクエンシーズ)とは、ベルギー出身のDJ/プロデューサー。

本名はFelix De Laetで、1993年11月30日生まれの現在24歳です。

2014年にリリースしたファーストシングル“Are You with Me”や2015年にリリースした“Reality”は世界各国のチャートで1位を獲得するほど大ヒットしたので聴いたことがある人も多いのではないでしょうか。

どんな人物かあまりわからないという方のために、まずは彼の生い立ちを簡単にまとめましょう!


Lost FrequenciesことFelix De Laetは高校の頃からプロデュースをスタートし、2014年に本格的にデビューしたのですが、音楽プロデューサーになろうという夢はなく、自分が持ってたパソコンに無限の可能性を感じ曲を作ってみることにしたのが始まりなのだとか。

ブリュッセルの学校で経済学を学んでいましたが、一度曲を作り始めるとその面白さにどんどんハマっていくことになります。

「Lost Frequencies」というステージネームは、まだ自分の曲をプロデュースする前、昔の名曲をよくリミックスしていたときに思い付いたそうで、そういった曲は素晴らしいのにほとんんど忘れ去られており、その曲たち(Lost Frequencies)の素晴らしさをもう一度知ってもらおう、モダンなツイストを加えて再度蘇らせようという想いを込めて決めました。

2014年にアメリカ出身のカントリーアーティスト、Easton Corbinの“Are You with Me”をリミックスすると、Easton Corbinのセカンドアルバム『All Over the Road』にも収録されたことで、Lost Frequenciesの名が広まることになります。

Lost Frequencies – Are You With Me (Official Music Video)

その後もリミックスを自身のSoundCloudページにアップしていたある日、Armada MusicのA&R(Artists and Repertoire:アーティストの発掘・契約・育成及び楽曲の発掘・契約・制作を担当する職務)でレーベル「The Bearded Man」を立ち上げたMarwen Tliliによって発掘されすぐにレーベルと契約。

この「The Bearded Man」から2014年10月27日に“Are You with Me”が正式にリリースされると、ベルギーの各チャートはじめオランダ、イギリス、デンマーク、ポーランド、ギリシャなどヨーロッパ各国で1位にランクインし、当時“Most played record in Europe(ヨーロッパで最もかけられた曲)”と言われるほど大ヒットしました!

このファーストシングルでいきなりブレイクし、その後程なくして出したシンガーのJanieck Devyをフィーチャーした“Reality”も、極上のサマーチューンとしてチャートを賑わせました!

Lost Frequencies feat. Janieck Devy – Reality (Official Music Video)

彼は自身の音楽を「インディーロックとダンスミュージックから得たインスピレーションを変換した全く新しいサウンド:インディーダンス」と呼んでいます。

これは昔半年ほどカリフォルニアに住んでいた時期があり、その頃周りが聴いていたインディーロックが好きになったことに影響しています。

特にディープハウスが多いそうですが、今は色んなジャンルの曲を聴くことが最もインスピレーションになると語っており、“Are You With Me”はカントリーミュージック、“Reality”はアコースティック/ロックの影響が出ているのもそういうことです。

話が逸れましたが、2015年にはADEでArmada Deepのイベントにヘッドライナーとして出演。

2016年10月には“Are You with Me”“Reality”, “Beautiful Life”, “What Is Love 2016”, “All Or Nothing”等のヒット曲を収録したデビューアルバム『Less Is More』を発表。

この『Less Is More』は、 IMPALA (The Independent Music Companies Association)にて「Album of the Year Award 2016(2016年を代表するアルバム)」にも選ばれました!

『Less Is More』にはデラックスバージョンも存在するのですが、これはもっとフェス向けのサウンドにリミックスしたり、クラブ向けにアップビートにアレンジしたりなど色んな異なるバージョンの曲を作ったそうで、曲数も多かったためデラックスアルバムとしてリリースしたそうです。

同年、Major LazerがJustin Bieberとコラボした“Cold Water”の公式リミックスも手掛けたことでも話題になりました。

Major Lazer – Cold Water (feat. Justin Bieber & MØ) (Lost Frequencies Remix)

2017年はTomorrowlandのメインステージに出演した際、あのDavid Guettaの次(Steve Angelloの前)にプレイしたことからもその注目度の高さが伺えます。

そのほかにもホームタウンであるベルギーのLotto Arenaで自身初となるソロアリーナショーに9000人以上を動員して大成功を収め、「DJ Mag Top 100 DJs 2017」では26位というかなりの高順位で初エントリーするなどまさに飛ぶ鳥を落とす勢い!

Lost Frequencies – “Less is More” Arena Show Full Liveset

 

すでに2018年もTomorrowlandの出演が決まっていますが、今後の彼の更なる活躍からひと時も目が離せません!!

Tomorrowlandで自身がホストを務めるパーティーを開催!

Lost Frequenciesは自身がホストを務める「Lost Frequencies & Friends」というイベントをさまざまなパーティーで開催しているのですが、2016年と2017年にはTomorrowlandにも彼のイベント専用のステージが設けられました!

もちろんメインステージも出演しました!

Lost Frequencies – Live at Tomorrowland 2017 Mainstage (Full Set HD)

 

初めてTomorrowlandに「Lost Frequencies & Friends」ステージが登場した2016年は、Lucas & SteveやRobin Schulz, SIGALA, FEDER,  SAINT WKND, Bender. Felix Jaehnといった蒼々たるメンツも出演。

2017年も友人のDuke Dumontはじめ、Fatboy SlimやDisciples, Mike Perry, Thomas Jack, Zonderlingらと豪華なラインナップでお送りしてくれました!

2018年のTomorrowlandでも「Lost Frequencies & Friends」ステージが登場することが発表されこれで3年連続の開催が決定。

しかしTomorrowlandだけでなく、Amsterdam Dance EventやMiami Music Weekといった大規模なカンファレンス中の人気パーティーのひとつとしても開催されています!

自身がホストを務めるパーティーだけでなく、Dimitri Vegas & Like Mikeの「Garden Of Madness」やUshuaïaで開かれたKygoのショーやHï Ibizaで開かれたMartin Garrixの「Multiply」など色んなトップDJたちのパーティーに呼ばれているのです!

Lost Frequenciesはは自身のセットでいつもビーチパーティーのような雰囲気を心掛けているそうで、皆くつろぎつつ深夜のパーティーのようにはしゃぐ、そんなパーティーにするよう努めているとのこと。

自分の曲をかけたときに歌ってくれている観客を見るのが1番嬉しいそうで、VJにもなるべく歌詞を載せるよう心がけ、コーラスなどは音を止めて合唱してもらうようにしているのです!

The ChainsmokersやDon Diabloのツアーに大抜擢!

Lost Frequenciesが豪華なアーティストを集めた自身がホストを務めるイベントを開催したり、トップDJたちのイベントにもよく招かれているのは分かりましたが、それだけでなく人気アーティストたちのツアーにも何度も同行しています!

そのアーティストのツアーに同行するということは、それなりの実力があり且つそのアーティストたちから全幅の信頼を置かれていなければ声を掛けられることはありません。

Lost Frequenciesはそのハードルを悠々にクリアしており、2017年の5、6月に行われたThe Chainsmokersのツアー「Memories Tour 2017 Do Not Open」のスペシャルゲストに大抜擢されたのです!

グラミー賞まで受賞し、今や日本はじめ世界中で人気沸騰中のThe Chainsmokersからもその才能を認められているのです!

またDon Diabloが2018年2月9日(金)にリリースするニューアルバム『Future』に先駆けて行われる「Future」ツアーでも、スペシャルゲストとして登場することが決定しています!

近い将来、The ChainsmokersやDon Diabloともコラボ曲を作って欲しいですね!

ちなみにLost Frequenciesはお気に入りのアーティストとしてFlumeの名前を挙げており、現在アメリカのラッパー、Kid Cudiとのコラボを切望しているのですが、自分のサウンドが他のジャンルのアーティストとどのような化学反応を起こすのか見てみたいそうで、その他ドラムンベースの要素も取り入れる事なども考えているそうです。

自身のレーベル名は「Found Frequencies」

Lost Frequenciesは2017年の終わりに自身のレーベル「Found Frequencies」を立ち上げました!

このレーベルはよくLost Frequenciesが自分の曲をリリースしていたArmin van Buurenのレーベル「Armada Music」の傘下に入っています。

ステージネームの「Lost Frequencies」の由来は上でも説明したように、「忘れ去られた(失われた)名曲」自身ですが、レーベル名は「Lost」を正反対の意味である「Found」に変え、そういった「忘れ去られた名曲たちを再発掘しよう」的な意味となっています。

レーベルのアイコンも古い昔のレコードを持っている感じからも分かりますね!

2017年11月には早速この自身のレーベルからファーストトラックとなる“Crazy”をリリースしました。

Lost Frequencies & Zonderling – Crazy (Official Music Video)

今の段階ではまだ自分の曲しかリリースしていませんが、ゆくゆくはアップカミングなアーティストを発掘し、彼らの曲もリリースしていきたいとのこと。

他のアーティストの曲をリリースする場合もやはりどこか懐かしくチルな雰囲気の曲オンリーに固めたいと語っており、自分の好きなジャンルへの強いこだわりを感じます!

初来日!2018年4月7日(土)、ageHaに出演決定!

2014年と割と最近デビュ―したのにも関わらず、ファーストシングルの“Are You with Me”とセカンドシングルの“Reality”で大ブレイクし、たったこの2曲で一気にスターダムを駆け上がったLost Frequencies。

そんなすでに“大物”ともいえるLost Frequenciesの初来日公演が決まりました!

日にちは2018年の4月7日(土)で、場所は2017年に日本一のクラブにも輝いた東京・ageHa

Tomorrowlandという全てのDJが夢見る大きな舞台で、自分のステージまで持っているほどのLost Frequenciesを日本で、そしてクラブで見れる非常に貴重なイベントとなっています!

今後彼を日本で、そしてクラブで見られる機会はさらに難しくなってくるので、是非この機会をお見逃しなく!


【LOST IN TOKYO -Lost Frequencies first show ever in Japan-】

  • Lost Frequencies
  • SONE
  • SHOTA
  • CYBERJAPAN DANCERS
  • 東京夜蝶倶楽部 -AGEHA PERFORMANCE CREW-

DOOR / 当日 :TBA
ageHa MEMBER : ¥3,000
INTERNATIONAL COUPON :¥3,500
(ALL INTERNATIONAL I.D HOLDERS)

ADVANCE TICKET / 前売 
EARLY BIRD TICKET  : ¥2,980
GA TICKET (一般前売り) : ¥3,480
U-25 (25歳以下) : ¥2,980
GROUP TICKET(10枚セット) :¥30,000

VIP Table
ask : reserve@ageha.com

お得な前売りチケットの購入はこちら

Lost Frequenciesのオススメ曲

Lost Frequencies – Are You With Me

カントリーシンガーのイーストン・コービンをフィーチャーした楽曲

世界16カ国のシングルチャートで1位を獲得したほか、様々な国でゴールドディスク、プラチナディスクに認定されました!

この曲はDash Berlinによるリミックスもあり、2015年のUltra Music FestivalでDash Berlin本人がかけましたが、こちらも素晴らしいクオリティです!

Lost Frequencies – Are You With Me (Dash Berlin Remix)

Lost Frequencies feat. Janieck Devy – Reality

Lost Frequencies feat. Janieck Devy – Reality (Official Music Video)

 

「Lost Frequenciesと言ったらこの曲!」という方も多いのではないでしょうか?

心落ち着くギターのメロディもJanieck Devyの歌声、どれをとっても最高で、2015年にヨーロッパのエアプレイチャートでも1位を獲得しました!

Yves VとDimitri Vangelis & Wymanがコラボした“Daylight”に正式なヴォーカルバージョンが発表されるまで、この曲のヴォーカルが差し込まれて出回りましたが、今でもこの“Reality”のヴォーカルの方がしっくりきます!笑

Yves V Vs Dimitri Vangelis & Wyman w Lost Frequencies Daylight Reality Song
Version Tomorrowland

Lost Frequencies & Netsky – Here With You

Lost Frequencies & Netsky – Here With You (Official Video) [Ultra Music]

 

ベルギー出身のDJ、Netskyとのコラボ・ナンバー。

Lost Frequenciesの特徴的ともいえるギターの音色を効かせたデュープハウスとNetskyのドラムンベース要素を融合させた1曲。

クレジットされていませんが、女性シンガーのAmy Yonの歌声が良いアクセントとなっています!

Lost Frequencies & Zonderling – Crazy

Lost Frequencies & Zonderling – Crazy (Official Music Video)

 

オランダ出身のデュオ、Zonderlingとのコラボ・ナンバー。

上でも説明したようにこの曲は、Lost Frequenciesが自身のレーベル「Found Frequencies」から出した1発目の曲でもあります!

優しいギターの音色とバウンシーなシンセが絶妙にマッチした美しい1曲となっています!

Mr. Belt & Wezolによるクラブ向けのユニークなサウンドが特徴的なリミックスも素敵ですよ!

Lost Frequencies & Zonderling – Crazy (Mr. Belt & Wezol Remix)

Lost Frequencies ft. Sandro Cavazza – Beautiful Life

Lost Frequencies ft. Sandro Cavazza – Beautiful Life

 

スウェーデン出身のシンガー、Sandro Cavazzaをフィーチャリングしたナンバー。

Lost Frequenciesのデビューアルバム『Less Is More』からのファーストシングルでもあるこの曲は、優しいギターとピアノのメロディ、フルートの音色、雰囲気のあるSandro Cavazzaの歌声がマッチした繊細な1曲に仕上がっています!

ANGEMIによるリミックスバージョンもオススメなので聴いてみて下さい!

Lost Frequencies – Beautiful Life (ANGEMI Remix)

Lost Frequencies – All Or Nothing feat. Axel Ehnström

Lost Frequencies – All Or Nothing feat. Axel Ehnstrom (Official Video)

 

フィンランド出身のシンガー、Axel Ehnströmをフィーチャリングしたナンバー。

Axel EhnströmはArmada Musicを通じて知ったそうで、彼の歌声を聴いてすぐにコラボすることを決意したとのこと!

この曲のデラックスバージョンである「Deluxe 2.0」もあるのですが、こちらのバージョンは一時期Lost FrequenciesがDJセットのイントロにも使っていました!

Lost Frequencies feat. Axel Ehnström – All Or Nothing (Deluxe 2.0)

 

Lost Frequencies – Send Her My Love

Lost Frequencies – Send Her My Love

 

この曲はデビューアルバム『Less Is More』にも収録されており、普段のLost Frequenciesのスタイルとは違ったサウンドになっているのですが、自身でもスタジオで新しいサウンドにチャレンジしてみようと常に楽しみながら制作したそうです!

Lost Frequencies – What Is Love 2016

Lost Frequencies – What Is Love 2016 (Official Video 4K)

 

タイトルの通り2016年にリリースされた曲なのですが、どこかノスタルジックさ漂うインディ―ダンスに仕上がっています!

この曲はDimitri Vegas & Like MikeによるビッグルームにアレンジされたリミックスバージョンやZonderlingによるフューチャーハウスにアレンジされたリミックスもあります!

Lost Frequencies – What Is Love 2016 (Dimitri Vegas & Like Mike Remix)

 

Lost Frequencies – What Is Love 2016 (Zonderling Remix)

 

Alan Walker – Alone (Lost Frequencies Remix)

Alan Walker – Alone (Lost Frequencies Remix)

 

Alan Walkerの大ヒットナンバー“Alone”をリミックスしています。

「原曲より好き!」という声も多いリミックスで、完全にLost Frequenciesワールドへとアレンジされています!

Miley Cyrus – Malibu (Lost Frequencies Remix)

Miley Cyrus – Malibu (Lost Frequencies Remix) (Audio)

 

Miley Cyrusのナンバーもリミックスしました。

切なポップなオリジナルもLost Frequenciesの手に掛かれば、不思議なファンタジックなサウンドへと生まれ変わります!

原曲を聴いたことがないという方は是非聴き比べてみて下さい!

Miley Cyrus – Malibu (Official Video)

おわりに

いかがでしたか。

Lost Frequencies(ロスト・フリクエンシーズ)がどんなアーティストか少しは分かって頂けたでしょうか。

4月7日(土)はageHaで、多くのトップDJたちが認める彼の生パフォーマンスを体感してみて下さい!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top