何年経っても色褪せない!至極のEDMリミックスソングを30曲まとめてみました!

何年経っても色褪せない!至極のEDMリミックスソングを30曲まとめてみました!

海外の掲示板やEDMサイトなどで、リリースされた時代関係なく素晴らしいリミックスが多数挙げられていたので、そのなかから厳選し、さらにMNN個人的に好きなリミックスも幾つか入れた30曲を簡単にまとめてみました!

ここで挙げるのはほんの一部ですので、その他の素晴らしいリミックスがありましたら是非コメントなどで教えてください!

目次

まさに名曲と言える厳選の20曲!

Nadia Ali – Pressure (Alesso Remix)

Nadia Ali, Starkillers & Alex Kenji – Pressure (Alesso Edit) (Official Music Video) [HD]

 

EDM全盛期2011年に発表されたこのリミックスは、パキスタン系アメリカ人シンガー、Nadia Aliの曲をスウェーデンのDJ、Alessoが手掛けたもの。

原曲をプログレッシブなビッグルームサウンドへとアレンジした曲は爆発的にヒットしました。

このリミックスでAlessoのことを好きになった人も多いのではないでしょうか?

以前のプログレッシブハウスから脱却し、色んなジャンルの曲を作っているAlessoですが、最近の投稿で再びプログレッシブハウスを作ってくれそうなのでこちらも期待しましょう。

Benny Benassi – Cinema (Skrillex Remix)

BENNY BENASSI ‘CINEMA’ (SKRILLEX REMIX)

 

こちらも2011年に発表されたリミックスですが、私もこの時期前後からEDMにどっぷりハマり始めたので、かなり懐かしいです。

次に紹介するRuskoが2010年に出した“Hold On”などの楽曲でアメリカのダンスファンにベースミュージックを広めたように、Skrillexも2010年に出した“Scary Monsters and Nice Sprites”やこのリミックスでアメリカのメインストリームにベースミュージックを浸透させました。

Rusko feat. Amber Coffman “Hold On” [Music Video]

 

SKRILLEX – Scary Monsters And Nice Sprites

 

Rusko – Hold On (Sub Focus Remix)

Rusko – Hold On (Sub Focus Remix) [Official Full Screen]

イギリス出身のDJ/プロデューサー、Sub Focusによって手掛けられ、2012年に「Mad Decent」からリリースされたリミックス。

この時代はアメリカがUKのダブステップに精通しだしたときで、RuskoやFlux,といったアーティストや「UKF Music」などのレーベルがダブステップなどベースミュージックの盛り上がりに一役買ったといっても過言ではないでしょう。

Yeah Yeah Yeahs – Heads Will Roll (A-Trak Remix)

Yeah Yeah Yeahs – Heads Will Roll (A-Trak remix)

このリミックスが発表されたときからすでに伝説の存在だったカナダ出身のDJ/プロデューサー、A-Trak。

彼は10代の頃にDMCのワールドチャンピオンとなり、世界の3大タイトル(DMC、ITF、Vestax)を勝ち獲っただけでなく、バトルDJ引退後もプロデュースにおいても高い才能を発揮しました。

このオルタナティヴ・ロックバンド、Yeah Yeah Yeahのリミックスは間違いなく名曲のひとつで、普段エレクトロニックミュージックを聴かない人たちをも虜にしました。

Disclosure – You & Me (Flume Remix)

Disclosure – You & Me (Flume Remix) [Official Video]

グラミー賞の「最優秀ダンス/エレクトロニックアルバム部門」で受賞したオーストラリア出身のDJ/プロデューサー、Flumeが2013年に手掛けたりミックス。

母国オーストラリアで人気を着実に上げていたFlumeですが、このリミックスで一気に知名度が跳ね上がりました。

「Creamfields Hong Kong」に参加したしたときもFlumeがこの曲を終盤に持ってきましたが、このセクシーでユニークなフューチャーベースサウンドに私含めそこにいた観客は陶酔しきっていましたね。

Flight Facilities – Crave You (Adventure Club Remix)

Flight Facilities – Crave You (Adventure Club Dubstep Remix)

カナダ出身のデュオ、Adventure Clubがオーストラリア出身のデュオ、Flight Facilitiesをリミックス。

Zeds Deadの初期のスタイルを彷彿とさせるダブステップとなっており、2011年に出されたのですが7年経った今でも多くの人に愛されている1曲です。

deadmau5 – Raise Your Weapon (Madeon Remix)

Deadmau5 – Raise Your Weapon (Madeon Remix)

 

カナダ出身のDJ/プロデューサー、deadmau5の曲をフランス出身のDJ/プロデューサー、Madeonがリミックス。

メンツからして豪華ですが、当時2011年にPete TongによってBBC Radio 1で紹介もされました。

複雑なメロディとレイヤリングによって多彩な表情を持つサウンドへと生まれ変わっています。

Marvin Gaye – Sexual Healing (Kygo Remix)

Marvin Gaye – Sexual Healing (Kygo Remix)

 

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」で6位にも選ばれたアメリカ出身のシンガー、Marvin Gayeの曲をノルウェー出身のDJ/プロデューサー、Kygoがリミックス。

日本でも絶大な人気を誇るKygoのファンならこの曲が大好きという方も多いのではないでしょうか。

この極上のトロピカルハウスに癒されること間違いなしです。

Blue Foundation – Eyes On Fire (Zeds Dead Remix)

Blue Foundation – Eyes On Fire (Zeds Dead Remix)

 

ほぼ10年前に発表されたリミックスとはにわかに信じがたいです。

この曲は「UKF Dubstep」のYouTubeチャンネルで公開されたのですが、「UKF Dubstep」がはじめてバイラルヒットさせた曲とも言え、現在約1億2000万回再生されています。

間違いなくベースミュージックの名曲に殿堂入りしています。

Tiesto – I Will Be Here (Wolfgang Gartner Remix)

Tiësto & Sneaky Sound System – I Will Be Here (Wolfgang Gartner Radio Edit)

 

Tiestoが2009年に出した4枚目のアルバム『Kaleidoscope』は当時大きな話題を呼びました。

アルバム収録曲で同時期に出されたアメリカ出身のDJ、Wolfgang Gartnerによるリミックスもまた人気が高く、原曲の持つエモーショナルなパワーは保ちつつ

Bastille – Pompeii (Audien Remix)

Bastille – Pompeii (Audien Remix) [Premiere]

 

イギリスのロックバンド、Bastilleの曲をアメリカ出身のDJ/プロデューサー、Audienがリミックス。

純粋なロックバラードがAudienによってゴージャスなプログレッシブハウスへとアレンジされています。

このリミックスはAudien自身のキャリアにとっても大きなターニングポイントとなり、今までのトランスよりのサウンドから以降ビッグルームやプログレッシブなメロディ路線へと変わりました。

Armin Van Buuren – Drowning (Avicii remix)

Armin van Buuren feat. Laura V – Drowning (Avicii Remix) [Official Music Video]

オランダ出身のDJ/プロデューサー、Armin Van Buurenをスウェーデン出身のDJ/プロデューサー、Aviciiがリミックス。

エモーショナルなバラードに仕上がった原曲はこの上ないほどのクオリティですが、Aviciiの手によって彼特有の爽やかで多幸感たっぷりのハウスへと生まれ変わりました。

Hayden James – Something About You (Odesza Remix)

Hayden James – Something About You (ODESZA Remix)

 

原曲はオーストラリア出身のシンガー、Hayden Jamesが2015年にシドニーを拠点とするレーベル「Future Classic」からリリースした人気ナンバー。

そんな完成度の高い曲にメスを入れたのがアメリカ出身のデュオ、Odeszaで、生楽器による音のハーモニーがとっても魅力的です。

What So Not – High You Are (Branchez Remix)

What So Not – High You Are (Branchez Remix)

もとはFlumeとEmoh InsteadによるデュオだったWhat So Notですが、2015年にFlumeが自身のソロプロジェクトのために脱退し、現在はEmoh Insteadひとりで活動しています。

この原曲はWhat So Notがまだ2人で活動していたときに制作したもので、NYをベースに活動するプロデューサー、Branchezによって手掛けられたこのリミックスはキャッチーなシンセが特徴的なトラップとなっています。

Calvin Harris – I’m Not Alone (deadmau5 Remix)

Calvin Harris I’m Not Alone DEADMAU5 REMIX

インディーファンクな音楽を作っていたCalvin Harrisは、Dua Lipaとコラボした最新曲“One Kiss”でエレクトロニックダンスシーンに戻ってきました。

Calvin Harris, Dua Lipa – One Kiss (Lyric Video)

そんなCalvin Harrisが2009年に出した名曲をdeadmau5が公式リミックスしたのがこちらで、Calvin Harrisの滑らかなリリックとdeadmau5の幻想的なハウスサウンドが美しい中毒性のあるトラックとなっています。

ちなみにこの“I’m Not Alone”はdeadmau5だけでなく、Tiestoも公式リミックスを手掛けているのでこちらもチェックしてみて下さい!

Calvin Harris I’m Not Alone TIESTO REMIX

Lykke Li – I Follow Rivers (The Magician Remix)

Lykke Li – I Follow Rivers – Magician Remix [Music Video]

 

このリミックスを手掛けているThe Magicianは、もとはベルギー出身のデュオだったのですが、現在はAeroplaneのみで活動しています。

そんなThe Magicianが2010年にソロになって翌年出したスウェーデン出身のシンガー、Lykke Liのリミックスは、キャッチーなフックと歌いやすいリリックのおかげもあって今日も色んなDJのセットでかけられる名曲のひとつです。

Swedish House Mafia – Save The World (Zedd Remix)

Swedish House Mafia – Save The World (Zedd Remix)

 

先日開催された「Ultra Music Festivqal 2018」で再結成を果たしたSwedish House Maifa。

そんなSwedish House Maifaの名曲をロシア出身のDJ、Zeddが公式リミックスを提供したのですが、こちらも当時2010年、2011年のあらゆるフェスでかけられまくった異論なしの名曲でしょう。

Reflekt – Need To Feel Love (deadmau5 remix)

Reflekt ft Deadmau5 – Need To Feel Loved

 

イギリスのエレクトロニックグループ、Reflektの“Need To Feel Love”をdeadmau5がリミックスしているのですが、deadmau5が自身の曲“The Reward Is Cheese”と上手くミックスさせています。

ディープなビートがカッコいいスローダウンなナンバーとなっています。

このリストで挙げている曲のなかでは知名度が高くない方かもしれませんが是非チェックしてみて下さい。

Tiesto – Flight 643 (Laidback Luke Remix)

Tiësto – Flight 643 ( Laidback Luke Remix ) HD

 

Tiestoが2001年に出したこの原曲はTiestoにとって初めて世界的にヒットした曲のひとつでもあります。

この曲はなんでもTiestoが実際に「KL643」という飛行機に乗って大西洋を横断している間に制作したそうですよ。

そんなヒット曲に Laidback Lukeが手を加えたことでトランスからダークなエレクトロよりのクラブバンガーへと生まれ変わりました。

Humate – Love Stimulation (Paul van Dyk’s Love Club Mix)

Humate – Love Stimulation (Paul van Dyk’s Love Club Mix)

 

ドイツのトランスプロデューサー、Humateが2012年に出した曲を同じくドイツ出身のDJ、Paul van Dykがリミックスしたもの。

トランス全盛期に制作されたこのリミックスは、Paul Van Dykによってエモーショナルなエネルギーが凝縮されたサウンドと変貌し不朽の名作となりました。

その他の素晴らしいリミックス10選!

ここまで20曲のリミックスを紹介してきましたが、まだまだほんの一部に過ぎません。

番外編として紹介文は省略しますが、その他の秀逸なリミックスの数々を幾つか載せておくのでこちらも聴いてみて下さい!

Nick Jonas – Chains (Audien Remix)

Nick Jonas – Chains (Audien Remix / Audio)

La Roux – I’m Not Your Toy (Jack Beats Remix)

La Roux – I’m Not Your Toy (Jackbeats Remix) (Official Video)

 

NERO – Promises (Skrillex Remix)

NERO ‘PROMISES’ (SKRILLEX AND NERO REMIX)

Pendulum – The Island (Madeon Remix)

Pendulum – The Island (Madeon Remix)

 

Skrillex & The Doors – Breakn’ A Sweat (Zedd Remix)

Skrillex ft. The Doors – Breakn’ A Sweat (Zedd Remix) [HD]

Lorde – Tennis Court (Flume Remix)

Lorde – Tennis Court (Flume Remix)

 

Birdy – Keeping Your Head Up (Don Diablo Remix)

Birdy – Keeping Your Head Up (Don Diablo Remix) | Official Music Video

RUFUS – Innerbloom (What So Not Remix)

RÜFÜS – Innerbloom (What So Not Remix)

Fedde Le Grand & Nicky Romero ft. Matthew Koma – Sparks (Vicetone Remix)

Fedde Le Grand & Nicky Romero ft. Matthew Koma – Sparks (Vicetone Remix)

 

Porter Robinson – Language (Ekali & QUIX Tribute)

Porter Robinson – Language (Ekali & QUIX Tribute)

 

おわりに

いかがでしたか。

懐かしいと感じる曲もあれば、今回新たに知ったリミックスもあったのではないでしょうか。

ひとつの曲を色んなアーティストがリミックスすることで、時代を超えてその曲を何度も楽しめるのもエレクトロニックダンスミュージックの醍醐味のひとつですよね!

また素晴らしいリミックスがありましたらまとめたいと思います。

>

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. David Guetta ft.Sia-Titanium(Alesso Remix)
    個人的に好き

    • このそのリミックスもリストに入れるべきでした!
      確かにTwitterで頂いた別の方のコメントでもこちらのリミックスが挙げられていました!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top