MNN

EDMを中心とした音楽情報発信サイト

約23万人が熱狂!「EDC Mexico 2019」を多数の写真とともにプレイバック!

約23万人が熱狂!「EDC Mexico 2019」を多数の写真とともにプレイバック!

「EDC Mexico 2019」が2019年2月23日(土)、24日(日)の2日間メキシコ・ Autodromo Hermanos Rodriguezにて開催されました。

メキシコシティに2日間限定のアミューズメントパークが出現し、超巨大モニュメントがそびえ立つステージに120組以上の豪華アーティストが集結!

今年で6回目となる「EDC Mexico 2019」には約23万人の観客が来場しました。

『カーニバル』の名前にふさわしい6つの個性的なステージと3つの移動型ミニステージに加え、様々なアトラクションやネオンアートのインスタレーションなど、会場全体がまるで巨大なエンターテインメントパークのような美しく幻想的な空間が出現。

メインエントランスにある、カラフルなイルミネーションが施された『Rainbow Road』を抜けると、EDCを象徴する最大のステージ『kineticFIELD』が出現し、Alesso, Dimitri Vegas & Like Mike, Kygo, Kaskade, Alan Walker, W&W, San Holoなどの豪華なアーティスト達がエネルギーに溢れるパフォーマンスを披露しました。

Skrillexらが登場した『circuitGROUND』では、DJ Snake, A -Trak, Alison Wonderland, Chris Lake、Excisionなどが出演し、ステージは大盛り上がりに!

大型テントステージ『neonGARDEN』では、レーザーなどの光の演出と共にLoco Diceを始め、アンダーグラウンド勢が勢いを見せました。

ハードスタイルやベースミュージックを中心とする『wasteLAND』ステージでは、グラフィティが描かれたコンテナがステージを彩り、Jessica Audiffred, SayMyName, Radical Redemptionらがプレイしました。

また、 Insomniac Records所属のアーティストが登場する『stereoBLOOM』ではGTAが出演し、ローカルのアーティストをが出演する『Dos Equis Stage』や、移動式のステージ『ARTCAR』もそれぞれ、ステージの個性を存分に発揮し、会場を最高潮に盛り上がりました。

ステージ以外にも、会場内に設けられたWedding Chapelで結婚セレモニーを体験できるサービスや、アートインスタレーション、ネオンで飾られた『Magic Forest』エリアではチルアウトスペースが設けられ、ユニークなフェス会場となりました。

今年も華々しく幕を閉じた「EDC Mexico 2019」と同じステージが「EDC JAPAN」にも上陸し、本場に引けを取らない豪華ステージが登場するとのことで、更にグレードアップした「EDC JAPAN 2019」に期待できそうです!


EDC JAPAN 2019開催概要

■日程: 2019年5月11日(土)・12日(日)
■場所:ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場
■時間:12時開場、12時開演予定
■チケット:
【一般1日券】 前売りチケット第一弾 ¥11,000 /第二弾 ¥12,000 /第三弾 ¥13,000
【一般2日通し券】 前売りチケット第一弾 ¥18,000 (SOLD OUT) /第二弾 ¥20,000 /第三弾 ¥22,000 /第四弾 ¥24,000
【VIP1日券】 前売りチケット第一弾 ¥27,000 /第二弾 ¥29,000 /第三弾 ¥30,000
【VIP2日通し券 】 前売りチケット第一弾 ¥49,000 (SOLD OUT) /第二弾 ¥52,000 /第三弾 ¥55,000

※前売りチケットは上限枚数に達すると金額が変動します。最新の情報はHPをご確認ください。

■受付URL:https://japan.electricdaisycarnival.com/tickets/
■年齢制限:18歳以上入場可、VIPは20歳未満入場不可
■リンク : https://japan.electricdaisycarnival.com/

EDC Japan 2019 Official Trailer

 

Electric Daisy Carnival (EDC)とは?

「Electric Daisy Carnival(EDC)」は、1997年にロサンゼルスでスタートしたダンス・ミュージック・フェスティバルの祭典。

ラスベガス、ニューヨーク、オーランド、プエルトリコ、メキシコのほか、ブラジル、インド、中国、韓国そして日本など、北中米を中心に世界で開催され、世界各地でファンが増え続けているフェスティバルです。

ラスベガスでの開催は、2011年に23万人、2012年・2013年は30万人超、そして2014年から2018年にかけて40万人の動員を記録しました!

ラスベガス市に13億ドルもの経済効果(*)をもたらしています。*) INSOMNIAC HOLDINGS, LLC. 調べ

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top