3日間で10万人が集結!5周年を迎えた「ULTRA JAPAN 2018」のアフターレポート総集編!

3日間で10万人が集結!5周年を迎えた「ULTRA JAPAN 2018」のアフターレポート総集編!

2018年9月15日(土)・16日(日)・17日(月・祝)にかけて、TOKYO ODAIBA ULTRA PARKで「ULTRA JAPAN 2018」が開催。

初日と最終日の後半は悪天候に見舞われましたが、3日間で延べ10万人(15日3万人、16日3.5万人、17日3.5万人)を動員し、5周年目を迎えた今年も連日数多くのドラマを生み出しました!

各日メインステージのハイライト!

午前中は雨が降りしきっていたものの、早くからオーディエンスが会場に集結した初日。

大迫力のMAIN STAGEでは、「ULTRA JAPAN」初出演となるJonas Blueをはじめ、Oliver HeldensやGalantis, さらにはAxwell Λ Ingrossoが登場。

フューチャーハウスシーンに欠かせないOliver Heldensは別名義の「HI-LO」楽曲も織り交ぜつつ、多くファンがリリースを待ち望んでいるであろうOliver HeldensとしてのIDも2曲ほどドロップ。

 

DJブースにドラムを持ち込み、他アーティストとは異なるスタイルで大観衆を魅了したGalantisのオリジナリティ溢れるパフォーマンスも光っていましたが、他3組のハウスを主体としたセットもそれぞれ独創的でオーディエンスを虜に。

数週間前、Sebastian IngrossoがSwedish House Mafia再スタートのため、Axwell Λ Ingrossoプロジェクトを近日終了すると発表しただけに、もしかしたらAxwell Λ Ingrossoを日本で見られる最後の機会になるかもしれない、と多くのファンが彼らのセットを食い入るように見ました!

初日から進化するダンスミュージックの多様性や新たな潮流の兆しを垣間見ることができました。

そして、2日目には日本でも人気のNicky Romeroが持ち前のビッグルームやプログレッシブハウスでオーディエンスを圧倒。

スウェーデン出身のプロデューサーデュオ、TrilaneとコラボしたIDも極上のプログレッシブハウスでうっとりさせられました。

またAviciiへの追悼の意を込めて、スクリーンにはAviciiの写真を映し出して彼の未発表曲である“Heaven”“Levels”のW&Wによるブートレグバージョンうをかけたのですが、Nicky Romeroによる天国のAviciiへのコメントも涙を誘いました。

Steve Angelloは自身の“Rejoice”でスタートすると熟練の妙技でフロアを見事にコントロール。

Steve AngelloもまたメンバーであるSwedish House Mafiaを2019年から本格的に再スタートすることを発表し、自身の楽曲だけでなく“Antidote”“Don’t You Worry Child”, “Miami 2 Ibiza”, “One”などSwedish House Mafiaとしての楽曲も多数プレイしました。

Steve AngelloとAviciiは同じスウェーデン出身ということもあって、ヒット曲“Levels”をかけてAviciiにリスペクトと哀悼の意を示したのも印象的でした。

続いてVini ViciとAlokとコラボした“United”で登場したArmin van Buurenですが怒濤のトランスセットを披露。

自身の曲は勿論、W&Wのトランスに特化したサイドプロジェクト「NWYR」やAndrew Rayel, Mark Sixmaの楽曲などエネルギッシュでありながらトランスの醍醐味である高揚感やメロディの美しさ、煌めきを随所に見せるアンストッパブルなプレイに、オーディエンスは歓喜し、終始激しく踊り続けていました!

Armin van Buurenは早速YouTubeに「ULTRA JAPAN 2018」のフルセット動画をアップしたので是非チェックして見て下さい。

Armin van Buuren live at Ultra Japan 2018

 

そして2日目のトリを務めたDJ Snakeは、出だしからGammerやExcisionの楽曲など破壊力抜群のトラップやベースミュージックで会場を沸かせていました。

EpticとFatman ScoopとコラボしたIDなど未発表曲も2つほどかけてくれましたが、そんな激しいセットの中で“Lean On“や“Middle”といったしっとりした自身のヒット曲も挿み、その度に大合唱を起こしました!

3日目最終日はCash Cash, Tchami x Malaaによる「No Redemption」, Afrojack, そしてZeddによる感動のラスト。

日中は快晴だったものの、惜しくも夕方から天気が崩れてしまいましたが、オーディエンスは逆境をも楽しむかのように大熱狂しました。

Malaaも今回ULTRA JAPAN初登場でもあり、2人のコラボ曲“Kurupt”“Summer 99”, Malaaの最新曲“Cash Money”などフレンチハウスやベースハウス、ゲットーハウス等を織り交ぜたセットはコアなファンの心をくすぐったのではないでしょうか。

Afrojackは持ち前のヒット曲はもちろんリリース前となるID、そして複雑なマッシュアップと予測不能なセットと、MC Ambushによる煽りの絶妙なコンビネーションを見せつけてくれました!

ラストに「ULTRA JAPAN」初出演となるZeddが大トリとして登場すると、MAIN STAGEは満員のオーディエンスで埋め尽くされ、もはや悪天候もなんのその。

そんなフロアに対し、Zedd はイントロの“Beautiful Now”を皮切りに“Spectrum”“Break Free”, “Candyman”, “Addicted To A Memory”などなど自身のヒット曲をたっぷりとプレイ。

近日リリースされる予定のZeddによるShawn Mendesの”Lost In Japan”リミックスもかけてくれました!

メロディアスで親しみやすい彼のアンセムの数々に会場からはたびたび大合唱が巻き起こり、なかでも一番の盛り上がりを見せたのは、2017年のMTV Video Music Awards「最優秀ダンス賞」を獲った“Stay”

ヒット曲をそのままかけるのでなく、ドロップをリミックスバージョンに変えたり、巧みな技術で独自のマッシュアップを披露し、その後も興奮が冷めやらぬなか、ラストは美しいメロディが光る名曲“Clarity”で締めました。

会場が一体となり、大きな歌声がお台場に響き渡ると同時に夜空には大輪の花火が咲き乱れる、なんとも感動的なクライマックスで「ULTRA JAPAN 2018」は幕を閉じました!

Nina Kravizが初参戦、日本人若手DJも活躍!

今年もアンダーグラウンドのハウスやテクノに幅広くアプローチしていたRESISTANCE。

その大トリを務めたのは、世界各国で開催されているULTRA史上一度もプレイしていない、正真正銘ULTRA初参戦となるシーン屈指の女性アーティストNina Kraviz。

テクノを中心とした繊細かつ男勝りなパワフルなプレイでオーディエンスを支配し、MAIN STAGEに負けない熱気を生み出していました。

MAIN STAGE、RESISTANCEともに多くの海外アーティストが登場するなか、今年も日本人アーティストが活躍。

KSUKEやTJO, YASUTAKA NAKATAらが相変わらずのプレイでMAIN STAGEを沸かせる一方、これまでダンスミュージック、EDMが主体の同ステージでヒップホップDJ、DJ LEADが奮闘。サプライズゲストとして今最も勢いのあるヒップホップクルー:BAD HOPが登場したのもこれまでにない試みだった。

また、今回会場に設置された3つ目のステージULTRA PARK STAGEでは、国内のクラブで現在活躍しているドメスティックなDJが多数プレイ。

海外からTV NoiseやSophie Francisらも出演しましたが、若くフレッシュな日本人プレイヤーも多かっただけに、オーディエンスは日本のシーンの今を感じ、DJにとっては未来への大きな足がかりとなりました。

アートな「Onitsuka Tiger Street in ULTRA JAPAN」は大盛況!

ステージ以外にも、会場内にはULTRA JAPAN とOnitsuka Tigerがコラボレーションしたアーティスティックな空間「Onitsuka Tiger Street in ULTRA JAPAN」を設置。

ここでは、音楽、ファッション、アート、パフォーマンス、様々なカルチャーの申し子たちがそれぞれの世界観を表現。

他ステージとは異なるライブ、常人離れしたパフォーマーの演技、ペインティングや常設されたアート作品の数々は多くの来場者の興味をそそると同時に絶好のインスタスポットとしても大好評だった。

女性専用エリアやフードなどホスピタリティーも充実!

女性専用エリアやVIPラウンジ、芝生のフリースペースにはエアクッションが用意されるなど今年もホスピタリティが充実し、来場者はみんな心地よさそうに過ごしていました。

雨に濡れてヘアスタイルが崩れたときもパウダールームでセットしてもらったりとかなり便利だったのではないでしょうか。

またファッションに関しては今年も動きやすく、踊りやすいスポーティーなスタイルが目立っていました。

その他、クールなモノトーンを基調にしたスタイルや、世界的にもフェスで流行しているエナメルやスケルトンを取り入れていた人も。

また、小物使いもバラエティに富んでいて、各自思い思いのファッションを楽しむ様子が伺えたのも「ULTRA JAPAN 2018」ならではといった感じでした!

ULTRA JAPANの歩み

ULTRA待望の初上陸に多くのファンが歓喜し、日本国内でも大きな話題となった2014年。

移り変わりの早いダンスミュージックシーンの最先端を取り入れ、なおかつRESISTANCEをいち早く開催するなど、2年目ながらその音楽性を大きく刷新させた2015年。

トロピカルハウス界のスターKygoの初来日を実現すると同時にTiëstoなどを初招聘し、さらなる飛躍を遂げた2016年。

当代きってのヒットメイカーThe Chainsmokers、世界最高峰のアーティストCarl Cox、さらには本家マイアミ「Ultra Music Festival」で人気のLIVE STAGEを新設するなど、高まる人気のなかでも守ることなく攻め続けた2017年。

そして、記念すべき5年目となる「ULTRA JAPAN 2018」は、よりバラエティに富んだサウンドを携えながら、新たなムーヴメントの開拓にもチャレンジ。

さらには、音楽と並列でファッションやアート、パフォーマンスを掛け合わせた空間「Onitsuka Tiger Street in ULTRA JAPAN」も好評を博し、様々なカルチャーを巻き込みました。

コンテンツ、システム、ホスピタリティなど様々な面が年々進化していくなかで、「ULTRA JAPAN」というパッケージが大きく成熟。

その結果が今回の成功へと繋がったと言えるでしょう。

「ULTRA JAPAN」は、ダンスミュージックフェスのエポックメイキングな存在として日本に新たなマーケットを創り、それが5年という歳月を経ていまやひとつのカルチャー、ムーヴメントとして定着しつつあります。

おわりに

いかがでしたか。

最終日のゲリラ豪雨もそうですが、5周年というアニバーサリーにふさわしい豪華なラインナップなど色んな意味で記憶に残る「ULTRA JAPAN」となったのではないでしょうか。

同時にNicky RomeroやSteve Angelloもそうですが、AfrojackやZeddもまたAviciiの曲をプレイしたりと、改めてAviciiの偉大さも実感させられました。

来年以降もどのようなドラマが生まれるのか、今後の「ULTRA AJAPAN」の進化も楽しみです!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top