San Holoの別名義!?bitbird発の謎のプロジェクト、GOSLOとは!

San Holoの別名義!?bitbird発の謎のプロジェクト、GOSLOとは!

前回のBeauDamianはじめ、DROELOEやTaska BlackなどSan Holo主宰のレーベル、bitbirdと契約するアーティストを紹介してきました。

レーベルボスであるSan Holoの紹介やインタビューも行ってきましたが、本日はbitbirdと契約している謎のプロデューサーで、San Holoの別名義ではないかとも噂されているGOSLOについて紹介、というより調べてみました!

GOSLOとは

GOSLOとは、bitbirdからミックスやリミックスを発表している謎のプロデューサー。

FacebookやTwitterの紹介文のところには「I slow things down(スローダウンさせる/時間をかける)」としか書かれておらず、顔はおろか出身や年齢、性別などそのほかの情報は一切明かされていません。

2015年から『slowmix』というミックスシリーズをSoundCloudにアップしていましたが、2016年2月にTwitterに登録し、2月9日に「今起きた。ゆっくり着実にしていこう」という1発目のツイートを投稿。

 

2月9日以降も数日おきによく「Slow」というワードが含まれたゆるい投稿を行っています。

ちなみに最初はSlowmo Stageというステージネームで登場しましたが、公式リミックスを発表するという理由で2017年1月13日に「GO SLO」というステージネームに変更。

Jack Ü – Where Are Ü Now ft. Justin Bieber (slowmo staged)

 

Major Lazer & DJ Snake – Lean On ft. MØ (slowmo staged)

 

Tchami – After Life ft. Stacy Barthe (slowmo staged)

 

そして2017年1月15日に最終的に現在の「GOSLO」というステージネームに決まりました。

「GOSLO」は「Go Slow(のんびりやる、スローダウンする、慌てない)」から由来しており、ステージネームも投稿も活動もリミックスした曲も全てがのんびりしたプロジェクトとなっています。

2018年12月12日現在もTwitterのフォロワーは305人と少なく当時はもっと知名度がなかったにも関わらず、2016年3月の時点ですでにbitbirdと契約しており、ミックスも準備していると発表しています。

そして2017年1月にSan Holoの代表曲“Light”のリミックスを手掛け、公式リミックスパックにも収録されたことで注目を浴びました!

San Holo – Light (GOSLO Remix)

 

2017年10月にbitbirdからリリースされたコンピレーションアルバム『Gouldian Finch 2』に収録されている“If Only”では、San Holoはじめ、Eastghost, Analogue Dear, Taska Black, DROELOE, Losi, ILIVEHEREとともにコラボとして参加しています。

San Holo – If Only ft. Eastghost, Analogue Dear, DROELOE, Taska Black, Losi, ILIVEHERE. & GOSLO

このようにほぼ無名の頃からbitbirdとともに仕事をしたり、コラボやリミックスとしても参加しているほか、GOSLOの投稿に対してSan Holo自身がちょいちょい反応したりしていることから、新しいアーティストというより誰からの別名義説が有力だとされ、bitbirdのレーベルボスであるSan Holoではないかと言われているのです。

同じくbitbirdと契約しているILIVEHERE.‏はGOSLOからインスピレーションを受けたと語っており、2018年のはじめに2人は直接会ったようです。

その後もSan Holoの“I Still See Your Face”“One Thing”, “The Future”, そしてDROELOEの“Many Words”, GravesとDuskusがコラボした“Easy”の公式リミックスを提供。

San Holo – I Still See Your Face (GOSLO Remix)

 

San Holo – One Thing (GOSLO Remix)

 

San Holo, James Vincent McMorrow – The Future (GOSLO Remix) [Audio]

DROELOE – Many Words (GOSLO Remix)

 

 

GOSLOは細かく調査した上でリミックスする曲を選定するそうで、オリジナル曲に何か加えたり、チョップド&スクリュード(ピッチを落として半拍ずらしてミックスすることで陶酔感を出す手法)なども行わず、テンポをダウンさせるのみだと語っています。

これはプロデューサーが作り上げたサウンドデザインの構成を分析するためだとしており、San Holoもこのやり方にすぐに理解を示してくれたそうです。

またこのプロジェクトはお金のためにやっているのではなく、自分が好きな音楽をサポートしてくれているみんなにも聴いてもらい、同じ様な考え方・思想を広めていきたいからだとしています。

 

GOSLOはSpotifyやApple Musicがインディーアーティストの非公式なリミックスの取り扱いも行う日がやってきたときに、SoundCloudが買収されてしまうことを危惧しており、もっと自分が聴かせたい音楽を広めるためにSoundCloud以外のプラットフォームにも曲をアップしたいとも語っています。

ここ最近は特に自分が楽しむために曲を沢山作ったそうですが、2019年も色々計画を立てているとのことでオリジナル曲も焦らず気長に待ってみましょう!笑

GOSLOがはじめてbitird関係者と話したときに見るように言われ、衝撃を受けたという動画を載せておくのでこちらもチェックしてみて下さい。

Intro to Synthesis Part 1 – The Building Blocks of Sound & Synthesis

 

【追記】

GOSLO本人よりSan Holoではないというご回答を頂いたので、謎は更に深まりました!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top