MNN

MNN

ラップもこなすヒップホップ寄りのユニークなDJ、Carnage(カーネイジ)とは!

ラップもこなすヒップホップ寄りのユニークなDJ、Carnage(カーネイジ)とは!

Carnage(カーネージ)というDJをご存知ですか?

名前を聞いたこともないという方もいるかもしれませんが、実は「ULTRA JAPAN(ウルトラ・ジャパン)」にも出演経験があり、あの世界の人気DJランキング『DJ Mag Top 100 DJs』にも2年連続でエントリーしている世界的には人気が高いDJのひとりなんです!

本日はそんなCarnage(カーネージ)について紹介したいと思います!

Carnageとは

carnage1

Carnage(カーネージ)とは、トラップ系で有名なアメリカ・ロサンゼルス出身のDJ / 音楽プロデューサーです。

image

本名はDiamante Blackmon(ディアマンテ・ブラックモン)といい1991年生まれの彼は、小さい頃から自身でミックスCDを作って母の車の中で聴くなど音楽に関心があったそうで、母からの提案で曲制作にハマることなったそうです。

image

それにしても小さい頃から変わっていないですね!笑

image

また自身をヒップホップのヘッドだと豪語するくらいヒップホップ色も強いDJで、ラッパーなどとのコラボが多く、自分でも曲にラップを入れたりするのも特徴です!

image

確かに見た目からしてもマイアミ出身のラッパー、Rick Ross(リック・ロス)に似ていてDJというよりラッパーかと思いますよね。笑

ちなみにそんなRick Rossともすでに共演済みです。

image

友人にハードスタイルを勧められはじめてEDMと出会ったCarnageは、試行錯誤を重ねた末、トランスやEDMの要素をヒップホップに組み込んだ独自のハイブリッドなサウンドを生み出しました!

image

ときにはバリバリのヒップホップ・ナンバーを出したり、攻撃的なトラップミュージックを出したりと幅広いサウンドで楽しませてくれます!

ヒット曲“Bricksをリリースし、Yunaの“Live Your Life”をリミックスたことで人気は更に拡大。

Yuna – Live Your Life (Dj Carnage & Jakob Liedholm Remix)

 

2012年にはオランダ出身のDJ、Hardwell(ハードウェル)のナンバー“Spaceman”をトラップ風にリミックスしたことで知名度は世界クラスに広がりました!

Hardwell – Spaceman (Carnage Festival Trap Remix)

 

お金や名声には全く興味がないと公言するCarnege。

image

イギリスの人気クラブ/DJ専門誌『DJ Mag』のインタビューでは、音楽を心から愛しており、これからもファンの皆に楽しんでもらうために音楽を作り続け、ファンが音楽を求める限り死ぬまで提供し続けるとも語っていました。

image

なんともファン想いの熱い男ですね!

image

2014年の人気DJランキング『DJ Mag Top 100 DJs』で初登場にして68位にランクインし、2015年のランキングでは88位にランクインしています!

image

ULTRA JAPANにも出演!

無題

まだ日本での知名度があまり高くはないCarnageですが、2015年の「ULTRA JAPAN(ウルトラ・ジャパン)」にも出演しました!

ULTRA JAPANの数日前にマイアミの人気クラブ「Story Nightclub(ストーリー・ナイトクラブ)」でパフォーマンス中に膝をケガするアクシデントに見舞われましたが、無事来日しステージに登場してくれました!

当日はCarnage得意のトラップやヒップホップ×EDMによるハイブリッド・サウンドにより、多くの観客を熱狂させてくれました!

この「ULTRA JAPAN」でのパフォーマンスで、Carnageのファンになった方も多いのではないでしょうか。

image

また来日した際、東京の街を観光したそうですが、それにしても存在感半端ないですね!笑

image

image

ちなみにCarnageは、「ASOC」というアパレルブランドを立ち上げており自身のブランドの服をよく着ているのですが、日本語が刻まれたトレーナーをよく愛用しています。

image

image

「私のギャング」・・・これはある意味欲しいです!笑

image

多くのトップDJたちとも共演!

image

Tomorrowland(トゥモローランド)やTomorrowWorld(トゥモローワールド)をはじめ世界中のフェスやクラブでプレイしているCarnage。

そんな世界各地のステージでトップDJたちと肩を並べてプレイしています!

例として、自身の師と仰ぐオランダ出身のDJ、Tiesto(ティエスト)。

image

オランダ出身のDJ、Afrojack(アフロジャック)や日系アメリカ人DJのSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)。

image

image

オランダ出身のDJ、Nicky Romero(ニッキー・ロメロ)やオランダ出身のMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)。(それにしてもデカい!)

image

image

オランダ出身の人気DJ、Hardwell(ハードウェル)やオーストラリア出身の姉妹EDMデュオ、Nervo(ナーヴォ)。

image

image

特にカナダ出身の兄弟EDMデュオ、DVBBS(ダブズ)とはプライベートでも結構仲が良いみたいです!

image

このことからも彼の実力がすでにトップクラスだということが証明されていますね!

2014年のTomorrowWorldでのフルセットを載せておくので、彼のパフォーマンスをチェックしてみて下さい。

TomorrowWorld 2014 | Carnage

 

Carnageのオススメ曲

image

Carnage feat. Timmy Trumpet & KSHMR – Toca

Carnage feat. Timmy Trumpet & KSHMR – Toca (Official Music Video)

オーストラリア出身のDJでトランペットを演奏することでも有名なTimmy Trumpet(トミー・トランペット)とロスを拠点に活動するDJのKSHMR(カシミア)とのコラボ・ナンバー。

フェスでめちゃくちゃ盛り上がるドープなサウンドになっています!

Timmy Trumpetによるトランペットのサウンドと、KSHMRの繊細なメロディ、Carnageの力強さとそれぞれの味が上手く活かされています!

 ALVARO & CARNAGE – The Underground

ALVARO & CARNAGE – The Underground (Original Mix)

オランダ出身のDJ、Alvaro(アルヴァロ)とのコラボ曲。

聴いてみて何の音楽をサンプリングしているかすぐに分かりましたよね?

そう!ハリーポッターのあの有名なサウンドを使用しています!

あのミステリアスなサウンドを織り交ぜつつハードでパワフルな1曲に仕上げています!

Carnage & Borgore – Incredible

Carnage & Borgore – Incredible (Original Mix)

イスラエル出身のDJで親友でもあるBorgoreとのコラボ曲。

この曲、聴いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

リズミカルで重低音効きまくりのサウンドがクレイジーにさせてくれます!

Carnage feat. Tomas Barfod & Nina Kinert – November Skies

Carnage feat. Tomas Barfod & Nina Kinert – November Skies (Official Video)

アメリカ出身のDJ、Tomas Barfod(トマス・バーフォッド)とスウェーデン出身の女性シンガー、Nina Kinert(ニーナ・K)をフィーチャーしたナンバー。

サウンドはトラップに近く、優しさとバイオレンスさも兼ね備えています!

透き通るような女性ヴォーカルがアクセントになっています!

Carnage ft. New & Used – Signal

Carnage ft. New & Used – Signal (Original Mix)

アメリカ・カリフォルニアを拠点に活動するEDmデュオ、New & Used(ニュー&ユーズド)をフィーチャーしたナンバー。

ハードスタイルやトラップのエレメントを兼ね備えたエレクトロ・チューンとなっています!

曲のテイストが徐々に変化していくのもまた面白いです!

Carnage – I Like Tuh Feat. ILoveMakonnen

Carnage – “I Like Tuh Feat. ILoveMakonnen” (Official Music Video)

アメリカ・アトランタ出身のシンガー/ラッパーのILoveMakonnen(アイラヴマコーネン)をフィーチャリングしたナンバー。

麻薬をしたときのフワフワした感じを表現したトラックとなっています。

もちろん、体験したことなんてないですが、こんな感じなのでしょう。

PVの最後の方はショッキングな映像なので要注意です!

Carnage feat. Migos – Bricks

Carnage feat. Migos – Bricks (Official Video) [Explicit]

アメリカ・アトランタを拠点に活動するヒップホップ・トリオ、Migos(ミーゴズ)をゲストに迎えたナンバー。

こちらもトラップ風の中毒性のあるサウンドとなっており、Migosのラプと上手くマッチしており、クラブ受けも良さそうです!

Carnage – Back That

Carnage – Back That [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

フワフワした幻想的なサウンドにCarnage自らがラップをこなしています!

Carnageの見た目とギャップのあるDrake(ドレイク)のように流れるようなフローが心地よいですね!

Carnage feat. Lil Uzi Vert, A$AP Ferg & Rich The Kid – WDYW

Carnage feat. Lil Uzi Vert, A$AP Ferg & Rich The Kid – WDYW (Official Video)

ヒップホップ・アーティストのLil Uzi VertとA$AP Ferg、Rich The Kid をフィーチャーしたナンバー。

YMCMB系の曲かと思うくらい、ばりばりのヒップホップ色強めなサウンドに仕上がっています!

ダークなミステリアスな音のループがクセになります!

 Avicii – Waiting For Love (Carnage & Headhunterz Remix)

Avicii – Waiting For Love (Carnage & Headhunterz Remix)

スウェーデン出身のDJ、Avicii(アヴィチー)の代表曲で日本でも大ヒットした“Waiting For Love”をオランダ出身のハードスタイルで有名なDJ、Headfunterz(ヘッドハンターズ)とともにリミックスしています。

原曲の良さを残しつつ存在感のある重低音を響かせたナンバーにアレンジされています!

G-Eazy ft. Carnage – LOADED

G-Eazy ft. Carnage – LOADED (Official Music Video)

カリフォルニア州オークランド出身の白人ラッパー、G-Eazy(ジー・イージー)の楽曲にフィーチャリングとして出演しています。

この曲でもCarnageはラップを披露していますが、サウンドも中毒性があって聴けば聴くほどにハマります!

そしてなによりセクシーなPVに目が釘づけになっちゃいます!笑

おわりに

image

いかがでしたか。

Carnage(カーネージ)がどういったDJで、どんなサウンドを作っているか少しは解っていただけたでしょうか。

ちょっとクセのあるサウンドなので好みが分かれるかもしれませんが、好きな人はドハマりすると思います!

また近い日来日し、次はクラブでパフォーマンスすると思われますので、是非覚えておいてくださいね!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top