MNN

MNN

相方の死を乗り越え再スタート!EDMシーンの重鎮、Bingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)とは

相方の死を乗り越え再スタート!EDMシーンの重鎮、Bingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)とは

メロディアスかつエネルギッシュなサウンドで世界中のパーティーピーポーを楽しませてくれるBingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)。

後世にも残るようなヒット曲を多く生み出したのですが、2013年に相方を失うという悲劇にも見舞われました。

しかし、Bingo Playersは現在もなお健在です!

本日はそんなBingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)について紹介したいと思います。

Bingo Playersとは

image

Bingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)とは、オランダ出身のDJ / EDMデュオです。

もとはPaul BäumerとMaarten Hoogstratenによるデュオでしたが、Paul Bäumerの死により現在はMaarten HoogstratenひとりでBingo Playersとしての活動を続けています(上の写真で左:Maarten・右:Paul)。

image

友人を通じて1990年代半ばに知り合った2人は2006年に「Bingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)」を結成。

image

イギリスのテクノ/エレクトロロック・バンド、Prodigy(プロジディー)にインスパイアを受けた2人は2011年ごろまではテックハウス中心のサウンドでしたが、それ以降現在ブームのEDMへとシフトしていきました。

image

世界中でDJをし、多くの曲をプロデュースおよびリミックスする一方で、『Hysteria Records』という自身のレコード・レーベルも立ち上げています!

image

このレーベルから自身の曲だけでなく、Bassjackers(ベースジャッカーズ)やMAKJ(マックジェイ)、Sandro Silva(サンドロ・シルヴァ)など、勢いのあるDJやプロデューサーの曲もリリースしています。

image

またTomorrowland(トゥモローランド)やElectric Zoo(エレクトリック・ズー)、Ultra Music Festival(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル)など世界中のビッグフェスにも出演!

image

2012年には人気DJランキングの『DJ Mag Top 100 DJs』で初登場にして66位にマーク、2013年には52位に、2014年は96位にランクインしています!

image

ラスベガスの有名クラブ「HAKKASAN」のレジデントにも抜擢!

image

ラスベガスにある一流のDJしかプレイを許されない人気のクラブ「HAKKASAN(ハッカサン)」

ゴージャスな内装然り、大物DJたちにも高額なギャラを支払っていることでも有名です。

image

過去にはAfrojack(アフロジャック)やTiesto(ティエスト)、Calvin Harris(カルヴァン・ハリス)といった皆が知っているようなトップDJたちがレジデントを務めてきましたが、2013年にBingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)もレジデントを務めました!

image

このことからもBingo Playersがすでに世界のトップDJとして認められていることが分かりますね!

image

相方であるPaul Bäumerの死

image

2013年の7月19日にFacebookページで、Paul Bäumerは自身がガンであることを告げ、Maarten Hoogstratenが1人で残っているツアーを回ることを発表しました。

image

Paul Bäumerも自身のレーベル『Hysteria Records』の運営のため、治療を受けながらスタジオで活動は続けると述べました。

しかし、2013年の12月17日、一年以上の闘病の末、Paul Bäumerは静かに息を引き取りました。

image

翌日の18日にMaarten HoogstratenがFacebookページで報告し、世界中が悲しみました。

Paul Bäumerと親交が深かったChuckie(チャッキー)は、2013年のTomorrowlandで追悼の意を込めて1曲プレイしました。

Tomorrowland 2013 – Chuckie – Main Stage

 

その後、Maarten Hoogstratenは仲間を失った悲しみから予定されていたステージを全てキャンセルし、Bingo playersの存続が危ぶまれましたが、2014年のはじめにBäumerの意思のためにもMaarten HoogstratenがソロでBingo Playersを続けることを発表しました!

image

ソロとして再スタートしたBingo Playersですが、全く衰えることなく“Knock You Out”をはじめエレクトロニック・ミュージック・チャートでトップにランクインする曲を次々と生み出しています!

image

ポップなシンボルマーク!

image

Bingo Playersといったら、目が稲妻になったスマイリーフェイス(にこちゃんマーク)のようなシンボルマークが有名ですよね!

image

image

彼らのイベントではこのマークが装飾されたりお面まで配布されることもあり、Bingo Playersが出演するフェスに行けば必ずこのマークが入ったボードを作成してたファンがたくさん見られます。

image

image

image

image

2つの稲妻はそれぞれPaul BäumerとMaarten Hoogstratenを表しているのですが、Maarten Hoogstratenがソロとして活動してからPaul Bäumerの意志を自分が引き継ぐような、このマークが持つ意味が大きく変わったように感じます。

image

Bingo Playersのオススメ曲

image

Bingo Players ft. Far East Movement – Get Up (Rattle)

Bingo Players ft. Far East Movement – Get Up (Rattle) (Official Video)

アメリカのヒップホップ・ユニット、Far East Movement(ファー・イースト・ムーブメント)とコラボしたナンバー。

この曲は、2011年にリリースした“Rattle”にヴォーカルを加えたバージョンとして2013年にリリースされたのですが、オランダやイギリスなどヨーロッパだけでなく、オーストラリアやアメリカなど世界中のチャートを騒がせた彼らの人気曲のひとつです!

Bingo Players – Cry (Just A Little)

Bingo Players – Cry (Just A Little) (Official Music Video)

2011年にリリースした代表曲のひとつ。

この曲は、アメリカの女性シンガーソングライター、Brenda Russell(ブレンダ・ラッセル)が1988年に出したヒットナンバー “Piano In The Dark”のリリックをサンプリングしているのも面白いです!

Brenda Russell – Piano In The Dark

 

この曲をサンプリングした曲は他にもいくつかあり、Flo Rida(フロー・ライダー)の“I Cry”なんかも有名ですよね!

Flo Rida – I Cry [Official Video]

 

Bingo Players – Knock You Out

Bingo Players – Knock You Out (Official Video)

クレジットされていませんが女性シンガーのKim Vieraをフィーチャーしており、Maarten HoogstratenがソロでBingo Playersを続けることになって初めてのシングルでもあります。

この曲は、初のアメリカのダンスチャートで1位に輝いたナンバーです!

曲中に「My fight is won, Who needs a gun, Boom-boom, Knock you out」という歌詞があるのですが、これはガンと闘ったPaul Bäumerへの追悼の意味が込められています。

オランダ出身のDJ、Hardwell(ハードウェル)によるリミックスも有名ですよね!

Bingo Players – Knock You Out (Hardwell Remix) (OUT NOW!)

 

Bingo Players – Out Of My Mind (Official Music Video)

この曲も聴いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

メロディアスながらもドープなナンバーとなており、クラブ受けも抜群です!

スウェーデン出身のEDMデュオ、Dada Life(ダダ・ライフ)によるリミックス・バージョンもあるので聴いてみて下さい!

Bingo Players – Out Of My Mind (Dada Life Remix)

 

Bingo Players – Curiosity

Bingo Players – Curiosity

今流行りのFuture House(フューチャー・ハウス)よりのサウンドに仕上がっています!

またどこかクラシックな要素も入っているお洒落ナンバーです!

Bingo Players – Nothing to Say

Bingo Players – Nothing to Say [OUT NOW]

出だしを聴いた段階ではちょっぴり切なさを兼ね備えたポップナンバーかと思いましたが、ドロップに入ると一転してハードスタイルのようなベースラインへと変化します!

美しいメロディとエフェクトのかかったヴォイスの重なりが素晴らしいです!

Bingo Players – Devotion

Bingo Players – Devotion (Original Mix)

この曲は2009年にリリースされたのですが、彼らの名曲と言っても過言ではないでしょう。

元ネタはイギリスのハウスミュージック・デュオ、Nomadが1990年に出した大ヒット曲“Devotion”なんですが、BPMを上げてBingo Player風にアレンジされています!

Nomad – Devotion – (1991)

 

2015年にはオランダ出身のDJ、Quintino(クインティーノ)も同タイトルでサンプリング・大胆アレンジしてリリースしましたね!

Quintino – Devotion (Official Music Video)

 

Bingo Players – L’Amour

Bingo Players – L’Amour (Original Mix)

今までのBingo Playersのテイストとは一風違ったロックでバウンシーなナンバーとなっています!

ちょっとサウンドにKrewella(クルーウェラ)っぽさがありませんか?笑

Bingo Players – Buzzcut

Bingo Players – Buzzcut (OUT NOW)

重低音の効いたドープなナンバーとなっています!

この曲はなんといっても高音でテンポの良い部分とドロップのアグレッシブなサウンドとのギャップがたまりませんね!

Bingo Players – Mode

Bingo Players – Mode (Original Mix)

‘Cry (Just A Little)’ そして’Rattle’と立て続けにヒット曲を飛ばした後に出したのが、この“Mode”なのですが、こちらもYouTubeで400万回近くされている人気のナンバーとなりました!

彼らの味が良く出たプログレッシブ・サウンドとなっています!

アメリカの女性シンガー、Heather Bright(ヘザー・ブライト)によるヴォーカルが加わり、オランダ出身のEDMデュオ、Firebeatz(ファイアビーツ)によるリミックス・バージョンもまたカッコよくてオススメです!

Bingo Players featuring Heather Bright – Don’t Blame The Party (Mode) (Firebeatz Remix)

 

おわりに

image

いかがでしたか。

Bingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)の曲のなかには聴いたことがあるなというものが結構あったのではないでしょうか。

2014年10月にはDJ Magによる世界の『Top 100 Clubs』に日本から唯一ランクインした渋谷の「WOMB」に登場したこともあります!

またそろそろ来日して欲しいですね!

ときどきPaul Bäumerのことも思い出しながら、今後のBingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)の活動を見守ってきましょう!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top