MNN

MNN

音楽を楽しめる大人の遊園地、Electric Daisy Carnival(エレクトリック・デイジー・カーニバル)!

音楽を楽しめる大人の遊園地、Electric Daisy Carnival(エレクトリック・デイジー・カーニバル)!

今までTomorrowland(トゥモローランド)Ultra Music Festival(ウルトラ・ミュージックフェスティバル)と世界3大フェスティバルの2つを紹介してきました。

今回は最後3つ目の、Electric Daisy Carnival(エレクトリック・デイジー・カーニバル)について紹介したいと思います!

Electric Daisy Carnivalとは

1

Electric Daisy Carnival(エレクトリック・デイジー・カーニバル)とは、通称EDCと呼ばれる、Tomorrowland(トゥモローランド)、Ultra Music Festival(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル)につづく世界3大フェスティバルのひとつです。

1

このフェスは「Insomniac Events」というEDM系のイベントに力を入れているアメリカの会社が主催しており、1997年にアメリカのロサンゼルスで開催されたのがはじまりです。

その後カルフォルニアやフロリダ、ニューヨークなどアメリカのあちこちで開催されるようになり、現在はメキシコやイギリス、ブラジルなどでも開催されるほど拡大しています。

Electric Daisy Carnival Las Vegas 2013 Day 3 in Las Vegas, NV

2009年から2日間開催のフェスになり、2011年からはさらに1日増え現在3日間の開催となっています。

2014年のときは3日間あわせて70万人以上が参加したほどのモンスターフェスティバルです!

3

出演アーティストも豪華でAfrojack(アフロジャック)やHardwell(ハードウェル)、Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)などなどビッグネームもプレイし、2014年は総勢180名のDJが出演しました。

2015年の公式トレイラーを載せておきますので見てみて下さい!

  • EDC Las Vegas 2015 Official Trailer

EDC Las Vegas 2015 Official Trailer

 

EDCの魅力は音楽だけでなく、豪華なステージセットやアート、また遊園地のような乗り物やパフォーマンス、そしてファッションなどたくさんあります!

では、それぞれについて紹介していきます!

EDCの会場紹介

1

EDCの本家であるラスベガスの会場は、なんとLas Vegas Motor Speedway(ラスベガス・モーター・スピードウェイ)という巨大カーレース場が会場となんです!

フロアマップは下のようになっています。

1

フロア内には、たくさんのステージと遊園地まであります!

EDCのステージは大きく分けて8つあるので、簡単に紹介しますね。

1.kineticFIELD

1

EDCのなかで最も大きいメイン会場となるのが、このkineticFIELD。

アメリカでトップクラスの広さを誇る会場でもあり、高品質の音響設備が完備されています!

2.cosmicMEADOW

1

足元が芝生になっており、後方からはEDC全体の風景を見渡すことができる 、メインステージに劣らないビッグなステージ!

3.circuitGROUNDS

1

光とライトが凝ったbステージで、ドームのような構造により音楽が増幅し、テンションを高めてくれます!

1

4.neonGARDEN

1

温室ステージとも呼ばれ、音楽のジャンルはテクノやハウスミュージック中心となっています。

5.bassPOD

1

ベースやジャングルといった音楽好きにはたまらないステージです!

6.wasteLAND

1

ハードスタイルなダンスミュージックを求めているならこの wasteLANDがおすすめです!

1

7.funkHOUSE

1

ファンクやソウル、ヒップホップのオールドスクールがテーマで、クラシックなR&Bも流れる他とはテイストが違うステージ。

8.artCARS

1

移動式のステージで音楽をプレイしており、もしかしたらスペシャルDJに出会えるかもしれません!

遊園地ばりの乗り物!

1

EDCは乗り物も充実しているため、音楽を楽しんだり、乗り物で楽しんだりと色んな楽しみ方ができる“大人の遊園地”のような場所なんです!

4

スリル満点のものから童心に戻れるような乗り物まであり、気分に合わせて選んで楽しむことができます!

1

 アートも魅力的!

1

EDCはアートも魅力のひとつです!

会場に一歩足を踏み入れたら、鋼でできた巨大な生き物や巨大な3次元の植物、カラフルなモニュメントなどが出迎えてくれます。

2

このようなものが会場内の色んなところに点在しているため、私たちを非日常な世界へと導いてくれます!

2012 Electric Daisy Carnival at Las Vegas Motor Speedway in Las Vegas, NV on June 8, 2012.

またこれらの感動的な景色は、あなたの思い出に深く刻み込まれること間違いなしです!

2012 Electric Daisy Carnival at Las Vegas Motor Speedway in Las Vegas, NV on June 8, 2012.

圧巻のパフォーマー演出!

1

EDCでは、世界のトップアーティストたちによるパフォーマンスからも目が話せません!

ド派手で奇抜な衣装に身を包んだパフォーマやダンサーによる演出も行われ、まさにカーニバルと呼ぶにはふさわしい光景です。

4しかし派手なのはパフォーマーだけでなく観客も同じ!

6

ハロウィンばりに本気のコスプレをして参加する人も多く、ファッションも楽しめるフェス、それがElectric Daisy Carnivalなんです!

CARNIVAL SQUARE

1

フロアの中心に位置するこのエリアは、友人たちとチルアウトするのに絶好の場所となっています。

撮影ブースやフード・ドリンクの屋台、バーやインフォメーションセンターなどもあります。

1

ここでゆっくり一息ついて、次の行動を考えるのもいいでしょう。

EDCが日本上陸!

1

そんな激アツなEDCが、2016年7月に「EDC JAPAN」として日本の東京で開催されることが決定しました!

アジアでの開催は日本が初となります!

1

ちなみに日本の大手IT企業GMO インターネットグループという会社が「Insomniac Events」と共催することになっています。

開催までまだだいぶ先ですが、かなり待ち遠しいですね!

EDC公式の紹介動画があるので、これを見て気長に待ちましょう!

  •  EDC Japan 2016 Announcement Teaser 

EDC Japan 2016 Announcement Teaser

 

 

おわりに

Electric Daisy Carnival Las Vegas 2013 Day 3 in Las Vegas, NV

いかがでしたか。

Electric Daisy Carnival(エレクトリック・デイジー・カーニバル)の魅力が少しは伝わったでしょうか。

EDCは“地上の楽園”とも称されるほどで、一度行ったら虜になってしまうそうです!

そんなフェスが日本に上陸するということなので、この機会に絶対行くべきです!

EDC JAPANの詳細が分かり次第、またこのサイトでも紹介したいと思います!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top