MNN

MNN

Linkin Parkのヴォーカリスト、Chester Benningtonが他界。

Linkin Parkのヴォーカリスト、Chester Benningtonが他界。

とても悲しいニュースが入りました。

今朝Twitterでお伝えしましたが、アメリカの人気ロックバンド、Linkin ParkのヴォーカリストだったChester Benningtonが亡くなりました。

家族が外出中の首吊り自殺で、2017年7月20日朝9時頃、ロサンゼルス・パロス・ヴァーデスの自宅で死亡しているのが発見されました。41歳という若さでこの世を去りました。

7月20日はChester Benningtonと非常に親交が深かったアメリカの偉大なシンガー、Chris Cornellの誕生日でもあります。

Chester Bennington

Chester BenningtonはMark Wakefieldが抜けた後、Linkin Parkのリードヴォーカルを務め、彼の加入によって当時のバンド名「Xero」から「Hybrid Theory」に変更。

その後Warner Bros. Recordsと契約を結ぶ際、すでに「Hybrid Theory」という名前のバンドが在籍していたためChester Benningtonが車でよく通りかかっていたサンタモニカの公園の名前に因んで「Lincoln Park」に変更。

しかしドメイン名が使用されていたため発音も同じ現在の「Linkin Park」にするなど彼はバンド名の決定にも大きく関わっています。

ちなみにMark Wakefieldを引き継ぐリードヴォーカルのオーディションを行った際に、Chester Benningtonの歌声を聴いた他のオーディションメンバーが絶対に勝てないと思って続々辞退したという逸話まであります。

全盛期のLinkin Parkを支えてきたChester Benningtonですが、ここ数年に渡ってドラッグやアルコール依存、そして欝と闘っていました。

また過去にインタビューで子どもの頃にひどい虐待を受けていたため自殺を試みたこともあると語っていたり、華やかの姿の裏では色んなものを抱え込んでいたのかもしれません。

また親友でもあったChris Cornellが今年2017年の5月18日に自殺してしまったのも彼に追い討ちをかけたのではないでしょうか。

多くのDJたちにも悲しみ広がる

ロックシーンにとどまらず音楽シーンのアイコン的存在でもあったChester Benningtonの死はEDMシーンのDJたちにも大きな悲しみを与えています。

Steve AokiやNicky Romero, REZZ, Kayzo, Slushiiなども追悼ツイートをしています。

特に2015年にLinkin Parkと一緒に“Darker Than Blood”を制作したSteve AokiはインスタのストーリーでもずっとChester Benningtonのことをアップしたり、よほど堪えているみたいです。

Steve Aoki feat. Linkin Park – Darker Than Blood (Official Video)

 

Martin GarrixがLinkin ParkとコラボしたWaiting For Tomorrowは長年リリースされず、先月のインタビューでMartin Garrixがリリースに向け動き出していると語ったばかりでした。

Martin Garrix & Pierce Fulton – Waiting For Tomorrow (Original Mix) OUT NOW!

 

The ChainsmokersはBillboardのインタビューでLinkin Parkとのコラボを予定していると語っていたりと、ジャンルの壁を越えて多くのDJ/プロデューサーにもインスピレーションを与えてきた人物というのが分かります。

Chester Benningtonの妻の心の叫び”Talking To Myself”

このニュースの2時間前、朝9:01にLinkin Parkのアルバム『One More Light』収録曲でもある“Talking To Myself”のMVが公開されたばかり。

Talking To Myself (Official Video) – Linkin Park

 

この曲は彼の妻であるTalinda Ann BentleyがChester Benningtonに語りかける内容となっており、愛する人をなんとか良い方向へ向かわせようとするもそれが困難な状況にあるのが伝わる歌詞となっており、このニュースの後に改めて聴き返すと涙なくしては聴けません。

歌詞の一部だけ載せておきます。全文の和訳は「音楽分析の記録」の記事を参考にされてみて下さい。


Tell me what I gotta do
There’s no getting through to you
The lights are on but nobody’s home
You say I can’t understand
But you’re not giving me a chance
When you leave me, where do you go?

私にやるべきことを教えて欲しい
あなたへ辿り着く道が分からない
(あなたがいなければ)明かりはついていてもそれはただの虚しい家
私なんかには理解できないとあなたは言うけど、
あなたはチャンスすら与えてくれない
私を残して一体あなたはどこへ行こうとしてるの?

おわりに

Linkin Parkが今年行った「Jimmy Kimmel Live!」の映像があります。

最後にChester Benningtonが親友のChris Cornellのトリビュートとして“One More Light”を歌った動画を載せておきます。

Linkin Park Performs “One More Light”

 

“We were going to come out and play ‘Heavy’ first, but in light of our dear friend Chris Cornell passing away, we decided to play our song ‘One More Light’ in honor of him to start this off. We love you, Chris,”  

 – Chester Bennington

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top