インディーロックバンド「Said the Whale」の元メンバー!OWSLAの一員として活躍しているEkaliとは!

インディーロックバンド「Said the Whale」の元メンバー!OWSLAの一員として活躍しているEkaliとは!

本日もMNNが好きなアーティストを紹介したいと思いますが、今回はEkali(エイキャリ)!

Skrillexらとリミックスで共演したり、「OWSLA」から幾つか曲を出しているのでOWSLAファンの方はご存知でしょうが、あまり知らないという方も、彼の作り出す曲はどれも涙を誘うような美しいものばかりなので、ぜひ覚えて帰って下さい。

Ekaliとは

Ekali(エイキャリ)とは、本名Nathan Shawでカナダ出身のDJ/プロデューサー。

ソウルフルなベースとR&B要素を含んだ美しいサウンドが魅力で、SkrillexやNGHTMRE, ZHUといったアーティストのコラボでも有名です。

ステージネーム「Ekali」の発音は“eh-Cali(エイキャリ)”で、「California you fuckers」って感じのニュアンスですが、自身のビジョンと思い付きで決めたそうです。


小学校4年生のときに音楽の先生からヴァイオリンを与えられ、レッスンを受けさせられていたそうですが、レッスンを辞めた後もギターはじめ、他の楽器の練習をプライベートで続けていました。

そして高校に入ると色んなバンドを組んで主にベースとして活動しており、19歳の時にはバンクーバーを拠点にツアーも行うなどインディーロックバンド「Said the Whale」の一員として音楽のみで食べていました。

「Said the Whale」は、カナダ版グラミー賞とも言えるジュノー賞(Juno Awards)を受賞したこともあり順風満帆でしたが、2013年に自分自身でひとつの曲を作り上げたいと思い始め、プロデュースの道へと歩み始めることになります。

「Ekali」としてプロデューサー活動を始めてからも「Said the Whale」の活動も両方行っていましたが、アジアやヨーロッパツアーの依頼もあったりと、とても2つのプロジェクトを進めるには時間が足りな過ぎるのと、「Ekali」として自分の音楽を作りたいという大きな夢に向かって突き進むため、2016年3月にバンドを脱退しました。

Hey everyone, just a heads up: our bassist Nathan has left the band to focus on his own music. We’ll miss him but we wish him all the best!!

— Said The Whale (@saidthewhale) March 9, 2016

 

「Ekali」プロジェクトをスタートさせてすぐに才能を発揮し、2014年には若く才能溢れるアーティストたちを支援する世界的な音楽学校「Red Bull Music Academy」の一員に選ばれ来日し、レコードレーベル「Flow-Fi」とも契約。

この「Red Bull Music Academy」では技術もそうですが、それ以上に色んなジャンルのアーティストや様々なバックグラウンドを持つアーティストとどのようにコラボしていくかについて学べたことが一番大きいと語っています。

またEkaliは契約した「Flow-Fi」の共同設立者でもるオーストリア出身のプロデューサー、aywy.とともに共同プロジェクトを始動させ、幾つか曲も出しています。

aywy & Ekali – Another Girl

 

aywy. & Ekali – Your Love

 

aywy. & Ekali – Contempt

 

またすでに「OWSLA」と契約しており、昔から仲が良かったアメリカ出身のプロデューサー、Team EZYがSkrillexに自身の曲を紹介してくれたことで、Skrillex本人から直々に連絡がきて、彼のレーベル「OWSLA」と契約することに至りました!

その後はSkrillexとお互いの曲をリミックスしたり、現在も「OWSLA」から多数曲をリリースしています。

すでにCoachelaなどに出演済みで、今年2018年夏には、LollapaloozaやHard Summer, Electric Zoo, Zeds Deadがホストを務める「DeadRocks」などへの出演が決まっており、今後も目が離せません!

いつかアメリカ出身のラッパー、Travis Scottとのコラボを実現させたいとのことなので、是非聴いてみたいですね!

人気ラッパー、Drakeのアルバムに参加!

Ekaliは2014年に“Unfaith”という曲を作ったのですが、この曲はカナダの人気ラッパー、Drakeが2015年にリリースしたミックステープ『If You’re Reading This It’s Too Late』に収録されている2つの曲でサンプリングされています!

DRAKE FT PARTYNEXTDOOR PREACH (OFFICIAL AUDIO)

カナダ出身のラッパー、PartyNextDoorとコラボした“Preach”“Wednesday Night Interlude”という曲なのですが、“Unfaith”をSoundCloudにアップして9ヶ月経った頃に、DrakeとPartyNextDoorそれぞれからサンプリングの依頼話のメールがきて驚いたと語っています。

Ekali – Unfaith

 

Drake側の弁護士と具体的に交渉をスタートするまでは絶対に迷惑メールだと疑っていたそうです。笑

このようにEkaliの曲はジャンルの垣根を越えて、ヒップホップシーンの重鎮たちからも高い評価を受けているのが分かります!

ミックスシリーズ『Awakening』が秀逸!

Wkaliは『Awakening』というミックスシリーズも大人気で、先日パート5となる『Awakening Mix. 5』を発表しました!

このシリーズは2017年からスタートしたのですが、昔からしていた「Too Future」などのゲストミックスが好評だったことと、自身の曲やエディットもそうですが、自分が普段聴いているオススメの曲を多くの人と共有したいという想いから始まったシリーズとなっています。

 

Dua Lipa, Cashmere Cat, Troyboiといったアーティストのリミックスも収録し、バウンシーなものからエモーショナルなものまで様々な種類のサウンドを楽しめるミックスに仕上がっています!

以下音源とトラックリストを載せておきますが、心も身体も癒される極上ミックスとなっているので是非聴いてみて下さい!

トラックリスト
Laxcity – 🙁 (Avicii Tribute) X Droeloe – Many Words (Acapella)
Kasbo Over You ft. Frida Sundemo
Droeloe – Many Words
Laxcity – Good Morning
Cashmere Cat – Love Incredible ft. Camila Cabello
Jaron – Time, Real & Imaginary
Laxcity – ID X RL Grime – I Wanna Know (Ekali Edit)
Mr. Carmack – Rogue (Quix Tribute) [Unreleased] X San Holo – One Thing (Ekali Edit)
Mr. Carmack – Togue
Mo Vibez & Creepa – dr777
Sam Gellaitry – Acres
Atu – For Us
Galimatias – Let Me Know (Laxcity Remix)
Ekali & aywy. – Your Love
Two Feet – I Feel Like I’m Drowning
Louis Futon – Resless Sea ft. Opia
Arctic Monkeys – Do I Wanna Know (Kuma Cover)
Coldplay – Fun X Dua Lipa – Be The One (Ekali Edit)
Dua Lipa – Be The One (KRANE Remix)
Troyboi – On My Own ft. Nefara
Porter Robinson – Fellow Feeling X deadmau5 – Raise Your Weapon (Ekali Edit)
Illenium – Needed You ft. Dia Frampton
Flume – Insane (Kaivon Remix)
graves – Easy ft. Joni Payne
Skrillex – Summit X Porter Robinson – Flicker (Mat Zo Remix) [Ekali Edit]
Divinity X Forever (Ekali Edit)

Ekaliのオススメ曲

Ekali – Babylon ft. Denzel Curry

Ekali – Babylon ft. Denzel Curry

 

アメリカ出身のラッパー、Denzel Curryをフィーチャーしたナンバー。

ヒップホップとトラップを掛け合わせたハイブリッドなサウンドがカッコイイです!

原曲ももちろん良いですが、アメリカ出身のプロデューサー、Skrillexとアメリカ出身のプロデューサー、Ronny Jが共同でリミックスしたバージョンもかなり話題になりました!

Ekali ft. Denzel Curry – Babylon (Skrillex & Ronny J Remix)

さらにアメリカ出身のプロデューサー、Sober Robとイギリス出身ののプロデューサー、Oshiが共同でリミックスしたバージョンも人気です!

Ekali ft. Denzel Curry – Babylon (Sober Rob & Oshi Remix) [Official Audio]

 

Ekali & Medasin – Forever ft. Elohim

Ekali & Medasin – Forever (ft. Elohim)

 

アメリカ出身のプロデューサー、Medasinとのコラボで、アメリカ出身のプロデューサー、Elohimをフィーチャしたナンバー。

キャッチーなメロディとElohimの繊細なヴォーカルが素敵なフューチャーポップに仕上がっています!

Ekali & ZHU – Blame

Ekali & ZHU – Blame (Official Audio)

 

アメリカ出身のプロデューサー、ZHUとコラボしたナンバー。

ピアノのメロディやトラップよりのハイッピッチなシンセがマッチしたサウンドとなっており、Skrillexのレーベル OWSLAからリリースされました!

アメリカ出身のプロデューサー、NGHTMREによるリミックスも違った良さがあります!

Ekali & ZHU – Blame (NGHTMRE Remix)

TroyBoi & Ekali – Truth

TroyBoi & Ekali – Truth

 

イギリス出身のプロデューサー、TroyBoiとのコラボ・ナンバー。

それぞれのスタイルが現れたユニークなトラップに仕上がっています!

ちなみにEkaliは2017年にTroyboiのツアー「Mantra」に同行したことがあります。

Ekali – Past Life ft. Opia

Ekali – Past Life ft. Opia

 

インディー・エレクトロニックデュオ、Opiaをフィーチャーしたナンバー。

スローテンポで甘くセクシーなサウンドに癒されること間違いありません!

Porter Robinson – Language (Ekali & QUIX Tribute)

Porter Robinson – Language (Ekali & QUIX Tribute)

 

Porter Robinsonの名曲をニュージーランド出身のプロデューサー、QUIXとともにリミックスしたナンバー。

原曲も素敵なんですが、この美しくエモーショナルなリミックスバージョンはMNNも個人的にドハマりしました!

Skrillex & Diplo – Mind feat. Kai (Ekali & Gravez Remix)

Skrillex & Diplo – Mind (feat. Kai) [Ekali & Gravez Remix]

 

SkrillexとDiploによるスーパーユニット、Jack Üのナンバーをアメリカ出身のプロデューサー、Gravezとともにリミックスしました。

雰囲気のあるピアノの伴奏からの神秘的なドロップへと移行する部分なんて非常にクリエイティブさを感じられます!

Flume – Smoke & Retribution (Ekali Remix)

 

オーストラリア出身のプロデューサー、Flumeのナンバーをリミックスしました。

リズム感というか間を大切にしたフューチャーベース/トラップにアレンジされています!

Snakehips & MØ – Don’t Leave (Ekali Remix)

Snakehips & MØ – Don’t Leave (Ekali Remix) [Premiere]

 

イギリス出身のデュオ、Snakehipsとデンマーク出身の女性シンガー、MØのコラボ曲をリミックスしました。

出だし部分から非常にチルで、計算されて構築されたサウンドデザインの高さが伺えます!

Ta-ku & Wafia – Meet In The Middle (Ekali Remix)

Ta-ku & Wafia – Meet In The Middle (Ekali Remix)

 

オーストラリア出身オプロデューサー、Ta-kuと女性シンガーのWafiaのコラボ曲をリミックスしました。

女性ヴォーカルとシンセが絶妙にマッチしています!

ちなみにZeddの曲にもありましたが、タイトルの“Meet In The Middle”「中間点で会う」要するに「お互いに歩み寄る」という意味です。

おわりに

いかがでしたか。

Ekaliがどのようなアーティストか少しは分かっていただけたでしょうか。

バンドとしても成功していた最中、自身の夢のためにソロでプロデューサーになることを決心したというのは凄いことですよね!

Ekaliは本日(2018年7月3日)、TynanとHeklerとコラボした新曲“Blood Moon”をフリーでOWSLAからリリースしたので是非こちらもチェックしてみて下さい!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top