伝説の音楽プロデューサー、Nile RodgersがAviciiと10もの新曲を制作していたことを明かす!

伝説の音楽プロデューサー、Nile RodgersがAviciiと10もの新曲を制作していたことを明かす!

AviciiことTim Berglingは2018年4月20日に亡くなる前、アメリカ出身のプロデューサー/ギタリスト、Nile Rodgersと多数の曲をレコーディングしていたことが明らかになりました。

Nile Rodgersちえば、現在66歳ですが今も尚現役で活躍されており、過去にはMadonnaの“Like A Virgin”やDaft Punkの“Get Lucky”, David Bowieの“Let’s Dance”などあらゆるジャンルにおいて名曲を生み出してきました。

Madonna – Like A Virgin

Daft Punk – Get Lucky (Official Audio) ft. Pharrell Williams, Nile Rodgers

 

David Bowie – Let’s Dance (Official Video)

 

そんなNile RodgersとAviciiは2013年に出したヒット曲“Lay Me Down”で共に仕事をした後もよく一緒にレコーディングやセッションを行っていました。

Avicii – Lay Me Down

2人はこの“Lay Me Down”をリリースする1年前*に初めて会ってすぐにプライベートでも仲良くなり、Aviciiのことを「little brother(弟)」と呼んだり、彼のお酒を飲む習慣を本当に心配したりもしていました。

*2012年にAviciiがRadio City Music Hallでショーを行った際、本人はじめ関係者にも言わずに彼のパフォーマンスを見に行ったのがきっかけで親交がスタート。

先日行われたイギリスの日刊タブロイド紙「The Sun」のインタビューよると、Nile RodgersはAviciiが亡くなる少し前に少なくとも10曲を一緒に作ったと報じました。

インタビューのなかでNile Rodgersは以下のように話していました。

“We laughed all the time,” “I used to say, ‘You put Tim and I in a room and we can do the entire Top 20 in, like, two or three weeks.’”

(俺たちはいつも一緒に笑っていた。Timと俺が揃ったら2、3週間でトップ20に入るような曲を作れるって話したりしたよ。)

 

またNile Rodgersは2018年9月に自身が率いるバンド、Chicとともに「Nile Rodgers&Chic」として26年ぶりとなる『It’s About Time』をリリースしたばかり。

Nile Rodgersは最近曲をリリースするための契約をしたけど、Timのようにその作品・仕事が本当に多くの人々のためになることをしたいと語っており、このAviciiと作った曲をリリースするかどうかは明らかにしていません。

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top