MNN

EDMを中心とした音楽情報発信サイト

Awich × kZm「EDC JAPAN 2019」にて新世代を感じさせる圧巻のパフォーマンスを披露!

Awich × kZm「EDC JAPAN 2019」にて新世代を感じさせる圧巻のパフォーマンスを披露!

2019年5月11日(土)・12日(日)、世界最大級のダンスミュージック・フェスティバル「EDC JAPAN 2019」が千葉・幕張で開催され2日間で約8万人が来場しました。

絶好のフェス日和と言える天気に恵まれた1日目の11日(土)に、LA最大規模のHARD SUMMER FESTIVALを手がけるHARDが手掛けるベースミュージックを中心としたダンスミュージックやヒップホップに特化したステージである「HARD PRESENTS cosmicBEACH」ステージに登場したAwich×kZm。

次世代HIP HOP集団としてシーンで最注目を集めるYENTOWNに所属する両者が、Special Massive Friendsと銘打った特別編成でのジョイントライブを行うということで、客席は開演前から多くのヘッズで埋め尽くされました。

ライブはAwichの代表曲である“Remember”でスタートし、「EDC飛びまーす!」というMCともに客席は、初っ端から最高潮に!

Awich – Remember feat. YOUNG JUJU (Prod. Chaki Zulu)

 

続いてkZmが“Wolves”のイントロで登場し、アブストラクトなトラックの上で、クールに客席を煽り、「NEW SHITやります」というkZmのMCとともに、同じYENTOWN所属のラッパー、PETZが登場。

kZm – Wolves feat. 5lack (Prod. Chaki Zulu)

 

PETZはkZmを迎えた楽曲“Chome Hearts”を初披露しました。

kZmは自身の代表曲である“Move Way”“Rari-狂-”などを続けて投下し、客席を更に湧き立たせました。

更に「東京からボスを呼んできたよ!」というAwichのMCとともにKojoeがAwichとAKANEをフィーチャーした“Boss Rum Dem”を披露。

Kojoe – BoSS RuN DeM Feat. AKANE, Awich

 

Kojoe、AKANE、Awichという強烈な個性を持つ三者がステージ上で揃う貴重な機会に、この日最大の歓声が沸き立ちました。

 

View this post on Instagram

 

EDC 2019🏖🌞 Bossed da fuck up da place👑 全員集合😜

Kojoeさん(@iamkojoe)がシェアした投稿 –

「この曲のルールねー!」というkZmの好戦的なMCとともにプレイされた“Wangan”では、EDM主体のフェスティバルではほぼ見られないサークルモッシュが巻き起こり、その異様な盛り上がりを象徴するか如く、大量の砂ぼこりが会場を包みました。

kZm – WANGAN (Prod. brandUn DeShay)

 

その後、“紙飛行機”“Emotion (Chaki Zulu Remix)”でチルアウトな空気を演出したのち、Awichが亡き夫への思いを綴った“Ashes”を披露。

Awich – Ashes (Prod. Ke Yano$ & Chaki Zulu)

 

「彼の死から学んだのは、人生は短いということ。だから残された時間で、やりたいことを精一杯やります」という彼女の言葉は、享楽的な雰囲気が強いこのフェスティバルにあって、ある意味でのハイライトだったように思えます。

続いて「俺も大事な友達に向けて歌った曲があります」とkZmが“Yuki Nakajo”を披露。

CreativeDrugStoreのVaVaが手掛ける静謐なトラックに、友人への想いが乗せられるこの美しい楽曲に、会場は静かな感動に包まれました。

「こっちはリスク抱えて、やりたいことをやってるのに、グチグチ文句言ってくる奴がいたら、こう言ってやりましょう!」という男勝りなMCから披露されたのは、Awichの“WHORU?”

Awich – WHORU? feat. ANARCHY (Prod. Chaki Zulu)

 

続いて披露されたAwichとkZmによるクラブバンガー“Nebuta”とともに、客席は再び最高潮の盛り上がりを見せました。

最後の2曲としてAwichの“Love Me Up”とkZmの“Dream Chaser”を披露すると、kZmの盟友であるBIMを迎えた大団円では、YENTOWNやYouthQuakeのメンバーなどがステージに乱入し、巨大なMOBBを形成するなど、彼ららしい幕引きとなりました。

Awich – Love Me Up (Prod. Chaki Zulu)

 

kZm – Dream Chaser feat. BIM (Prod. Chaki Zulu)

 

3回目の開催となる「EDC Japan」において、Futureを筆頭としたHIPHOPアクトがブッキングされたことは非常に意義深いことであり、同時に日本の次世代のHIPHOPアクトとしてフックアップされたであろう彼らが、Futureと同じステージに立ち、更に超満員の観客を動員したということは、ガラパゴス化が叫ばれる日本の音楽シーンにあって、新しい時代の萌芽とも言える出来事だったと言えます。


【セットリスト】
1、Remenber/Awich
2、Wolves/kZm
3、Chome Hearts feat,kZm/PETZ
4、Move Way/Awich
5、Rari -狂-/kZm
6、Boss Run Dem feat,Akane,Awich/Kojoe
7、Wangan/kZm
8、紙飛行機/Awich
9、Emotions Chaki Zulu Remix/kZm
10、Ashes/Awich
11、Yuki Nakajo/kZm
12、WHORU?/Awich
13、Nebuta feat, kZm/Awich
14、Love Me Up/Awich
15、Dream Chaser feat, BIM

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top