MNN

MNN

【MNN厳選!】最新オススメ曲!【2016年10月19日版】

【MNN厳選!】最新オススメ曲!【2016年10月19日版】

MNNによるオススメの新曲を紹介するコーナー!

今回は厳選した17曲を選出してみましたので、軽い説明を読みつつ是非聴いてみて下さい!

それでは前回のオススメコーナーから今日までのオススメ曲の紹介に入ります!

最近のオススメEDMナンバー!

image

Mike Williams – Take Me Down

Mike Williams – Take Me Down (Official Video)

MNNの超お気に入りのアーティストでもあるオランダ出身のDJ、Mike Williams(マイク・ウィリアムス)の新曲です!

今までのMike Williamsの曲にはなかったメロディックなコードとアップリフティングなヴォーカルが印象的なプログレッシブ・ハウス風なのですが、そのなかにもMike Williamsの独特のフューチャーハウス・サウンドを取り入れた斬新な1曲に仕上がっています!

image

また彼の新たな境地を見ることができ、今後も更に幅広いサウンドで楽しませてくれるのではないかとワクワクして仕方ないです!

Janieck – Feel The Love (Mike Williams Remix)

Janieck – Feel The Love (Mike Williams Remix)

Mike Williams関連でこちらの曲も紹介させて下さい!笑

オランダ出身のシンガーソングライター、Janieck(ジャニエック)のナンバーをMike Williamsがリミックスしているのですが、この曲はめちゃくちゃヘビロテしました!

カナダ出身のシンガー、Carly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)の“I Really Like You”のブートレグが大注目されたように、違うジャンルの曲も自分のサウンドに染め上げる才能も抜群です!

Carly Rae Jepsen – I Really Like You (Mike Williams Remix)

 

Mike Williamsは近々自身のラジオショーを始めるそうで、現在そのタイトルに悩んでいるみたいです。笑

image

Laidback Luke & KURA – Mad Man

Laidback Luke & KURA – Mad Man (Official Music Video)

フィリピン出身オランダ育ちのDJ、Laidback Luke(レイドバック・ルーク)とポルトガル出身のDJ、KURA(クーラ)のコラボ・ナンバー。

ハウスやバウンス、ビッグルームまで幅広いサウンドを展開するLaidback Lukeですが今回はアグレッシブなサウンドに挑戦しています!

image

KURAによるエレクトロトラップ系サウンドもフィーチャーし、クラップやドラム音も加わったことで、タイトルの通りよりマッドネスなバンガーが生まれました!

ちなみにLaidback Lukeは、11月19日(土)に開催されるageHaの14周年パーティーに!

image

KURAは11月2日(水・祝前日)「VANITY OSAKA」11月4日(金)「V2 TOKYO」でパフォーマンスするのでどちらも見逃せませんよ!

image

1104v2kura

Nicky Romero & Navarra – Crossroads

Nicky Romero & Navarra – Crossroads // OUT NOW

オランダ出身のDJ、Nicky Romero(ニッキー・ロメロ)とオランダ出身のEDMデュオ、Navarra(ナバラ)のコラボ・ナンバー。

Nicky Romeroのラジオショー「Protocol Radio」でプレミアされたのですが、先日PVも公開された“Take Me”に引き続きシックなメロディとキャッチーなヴォーカルを備えたポップ寄りのプログレッシブ・ハウスとなっていて非常に聴きやすいです!

Nicky Romero – Take Me (ft. Colton Avery) (Official Music Video)

 

最近のNicky Romeroはこういった同郷の若いタレントを自身の曲でコラボして、活躍の機会を作ってあげるという活動もしていて面倒見が良いのが分かりますね!

image

ちなみにNavarraはMartin GarrixやJulian Jordanなどを輩出した音楽スクール「Herman Brood Academie」を出たクラスメート同士でプログレッシブ・ハウスを得意としているとのことで、今後彼らにも注目していきたいと思います!

Hardwell feat. Jay Sean – Thinking About You

Hardwell feat. Jay Sean – Thinking About You (OUT NOW!)

イギリス出身の人気R&Bスター、Jay Sean(ジェイ・ショーン)をフィーチューしたオランダ出身の人気DJ、Hardwell(ハードウェル)のナンバー。

過去に人気R&BアーティストのJason Derulo(ジェイソン・デルーロ)やCraig David(クレイグ・デイヴィッド)を制作するなどR&Bとの融合で大ヒットを生み出したHardwell。

Hardwell feat. Jason Derulo – Follow Me (OUT NOW!) #UnitedWeAre

Hardwell & Craig David – No Holding Back (Music Video)

そんな彼が次に選んだR&BアーティストはJay Seanということで聴く前からかなり期待してましたが、そんな予想を上回るエモーショナルなフューチャー・ポップに仕上がっています!

image

この曲も日本で間違いなく流行るでしょう!!

Fais & Afrojack – Used To Have It All

Fais & Afrojack – Used To Have It All (Official Video)

オランダ出身のシンガー、Fais(フェイス)と同じくオランダ出身のDJ、Afrojack(アフロジャック)のコラボ・ナンバー。

image

FaisとAfrojackといえば幼い頃から家も近所だった友人同士でもあり、2016年3月に“Hey”で初コラボしましたね!

Fais ft. Afrojack – Hey (Official Video)

 

ピアノの音色とフューチャーハウスっぽい音を組み合わせたちょっと切ないメロディが心に響きます!

PVにはFais本人も出演していますが、なにより相方役の女性であるオーストラリア出身のモデル、Emily Sears(エミリー・シアーズ)のセクシーさに悩殺されます!笑

@gavinglave

Emily Searsさん(@emilysears)が投稿した写真 –

Don Diablo – Cutting Shapes

Don Diablo – Cutting Shapes (Official Music Video)

クールなキックとスイートなヴォーカルが印象的なDon Diablo(ドン・ディアブロ)の新曲。

image

この曲は「1001tracklists」のトレンドチャートではリリ―スして3日以内に1位を獲得しています!

Don Diabloといえば2017年1月7日(土)に幕張メッセで行われるelectrox 2017への出演が決まっており歓喜している人も多いのではないでしょうか!

そのほかにもDiplo(ディプロ), Clean Bandit(クリーン・バンディット), Krewella(クルーウェラ)といった豪華ラインナップとなっていて、すでに今から楽しみですね!

electrox2017-2また近日あのRihana(リアーナ)とコラボした新曲も発表するとのことで待ち遠しいです!

image

Deorro – Goin Up feat. DyCy

Deorro – Goin Up feat. DyCy (Cover Art)

アメリカ出身のDJ、Deorro(デオロ)の新曲、久々ですね!

アメリカ出身の女性シンガー、DyCyをフィーチャーしたこの曲は、今までのDeorroらしいバウンスサウンドとは違って落ち着いたサウンドとなっています!

image

MNNはDeorroの“Let Me Love You”“All I Need Is Your Love”がめちゃくちゃ好きなので、こういう美メロな曲も大歓迎です!

Deorro feat. Adrian Delgado – Let Me Love You

Deorro & Adrian Delgado – “All I Need Is Your Love” (Lyric Video) | Dim Mak Records

この曲は近々出す予定のアルバムにも収録されているそうですが、それ以外の曲も早く聴きたいですね!

 

Steve Aoki, Marnik & Lil Jon – Supernova (Interstellar)

Steve Aoki, Marnik & Lil Jon – Supernova (Interstellar)

日系アメリカ人DJ、Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)とイタリア出身のEDMデュオ、Marnik(マーニック)とラッパーのLil Jon(リル・ジョン)のコラボ・ナンバー。

Steve AokiとLil Jonがタッグを組んだ曲はどれも必然的に盛り上がり必至のパーティーアンセムになりますね!

image

もともと2015年にSteve AokiとMarnikが出した“Interstellar”と言う曲があるのですが、それに今回Lil Jonのヴォーカルが乗ったバージョンがこの“Supernova (Interstellar)”なのです。

Steve Aoki – Interstellar (Feat. Marnik)

“Supernova (Interstellar)”のほうを聴いてしまったら、原曲は物足りなく感じてしまうので、改めtLil Jonのヴォーカルの必要性を実感しました!笑

R3hab – Icarus

R3hab – Icarus

オランダ出身のDJ、R3hab(リハブ)の新曲はまさかのフューチャーハウス!?

「本当にR3habの曲なの?」と思っちゃうほどR3habらしい激しさが全くないのですが、本人曰くいつもと違ったサウンドを楽しんで欲しいとのことです!

image

結構ファンの間では賛否両論みたいですが、MNNはこういった全く違ったサウンドでサプライズしてくれるのは嬉しいです!

また心配しなくても近々いつものR3habらしいサウンドの新曲を用意しているそうなので、そちらも楽しみに待ちましょう!

Danny Avila – High feat. Haliene

Danny Avila – High feat. Haliene (Cover Art)

女性シンガーのHaliene(アレンヌ)をフィーチャーしたスペイン出身のDJ、Danny Avila(ダニー・アヴィラ)のナンバー。

Danny Avilaのほうが上で紹介したDeorroよりもっと久しぶりの新曲リリースでしたね!

image

Halieneの透き通るようなヴォーカルが綺麗なポップよりのサウンドで、エフェクトのかかったヴォーカルサンプルもクセになります!

Far East Movement x Marshmello – Freal Luv ft. Chanyeol & Tinashe

Far East Movement x Marshmello – Freal Luv ft. Chanyeol & Tinashe (Official Music Video)

アジア系ヒップホップユニットのFar East Movement(ファー・イースト・ムーブメント)とマシュマロの被り物で有名な謎多きDJ、Marshmello(マシュメロ)のコラボで、K-POPグループ「EXO」所属の韓国人シンガー、Chanyeol(チャニョル)とアメリカ出身のシンガー、Tinashe(ティナーシェ)をフィーチャリングしたナンバー。

image

異色のメンツによる豪華なコラボで、MarshmelloのベースミュージックとFar East Movementのヒップホップサウンドとラップ、さらにChanyeolのバースとTinasheのコーラスが上手くひとつになった1曲!

トラップ風のトゥワーク・ビートもあってセクシーなクラブバンガーとなっています!

Sam Feldt & Deepend ft. Teemu – Runaways

Sam Feldt & Deepend ft. Teemu – Runaways (Official Music Video)

オランダ出身のDJ、Sam Feldt(サム・フェルド)とオランダ出身のDJ、Deepend(ディーペンド)とのコラボで、シンガーのTeemu(ティーム)をフィーチャーしたナンバー。

image

相変わらずSam Feldtの曲は安定の美しさですね!

滑らかなギターの音色とキャッチーなメロディ、そしてTeemuのポップなヴォーカルが非常に心地よく夏の終わりにピッタリ!

この曲はリリース前からSam Feldtが色んなステージでかけていたのですが、まだみんなこの曲の事を知らないのに2回目のブレイクが流れたときに合唱しているのを見て、本当にキャッチーな曲だと感じたそうです!

image

またこの曲には7つのリミックスバージョンがあり、その中には友人でもあるオランダ出身のDJ、Jay Hardway(ジェイ・ハードウェイ)によるリミックスもあるとのことで、それぞれを聴き比べたいです!

Sandro Silva feat. Kepler – Stay Inside

Sandro Silva feat. Kepler – Stay Inside

シンガーのKepler(ケプラー)をフィーチャリングしたオランダ出身のDJ、Sandro Silva(サンドロ・シルヴァ)のナンバー。

これまたリズミカルでキャッチーなフィールグッドソングとなってますね!

image

Keplerのエアリー感のあるヴォーカルもムードがあって、クラブで聴くのも家で聴くのもどちらにも適した1曲です!

Joey Dale & Pitchback – Crowd Control

Joey Dale & Pitchback – Crowd Control [OUT NOW!]

オランダ出身のDJ、Joey Dale(ジョーイ・デイル)とオランダ出身のEDMデュオ、Pitchback(ピッチ・ブラック)のコラボ・ナンバー。

Joey Daleは曲のリリースペースが早いですね!毎回MNNのオススメ曲コーナーで1曲は彼の曲が入っている気がします!笑

image

ヘビーなベース音とハードスタイル風のシンセがカッコ良い壮大なビッグルーム・ナンバーとなっています!

この曲はHardwellがアメリカの「Lollapalooza Festival」で初プレイした際も大盛り上がりでした!

Lucas & Steve – Love On My Mind

Lucas & Steve – Love On My Mind (Official Music Video)

オランダ出身のEDMデュオ、Lucas & Steve(ルーカス&スティーブ)の新曲です!

アップリフティングなビートにスイートなサウンドを織り交ぜたキャッチーなナンバーで、8ビットのゲームのようなメロディやクラシックなディスコヴォーカルも使用されていますね!

image

ドロップのメロディはちょっとだけAvicii(アヴィチー)“Broken Arrows”に似ていませんか?

Avicii – Broken Arrows

 

Ookay – Back Again

Ookay – Back Again

アメリカ出身のDJ、Ookay(オーケー)の新曲。

この曲は、Diplo(ディプロ)が主宰するレーベル「Mad Decent」所属でアメリカ出身のDJ、Big Makk(ビッグ・マック)へのトリビュートソングとなっています。

image

Big Makkは2016年の8月29日にフロリダで自動車事故でこの世を去ったのですが、彼の親しい友人でもあったOokayはそのニュースにとても悲しみましたが、彼に想いを伝えるために制作したのがこの“Back Again”です。

歌詞は下のような感じになっています。

Can’t believe that it had to be this way / And I didn’t even get to say goodbye / I wish that you could be here for just one more day / I called you but this time there’s no reply / And I want nothing more than just to have you back again

(こんな事になるなんて思ってもみなかった。サヨナラだって言えてないのに。1日だけでもいいからまた君に会いたくて仕方ないよ。でもいくら君の名前を呼んでも返事はない。君がまた戻ってきてくれるならそれ以上は何も望まないよ。)

歌詞の意味を知った上で曲を聴くと涙が止まりません!

後にトリビュートイベントも開催するなど本当に仲が良かったのでしょうね。

image

#RIPBigMakk

Slushii – To Say Goodbye

Slushii – To Say Goodbye [Premiere]

最後はアメリカ出身のプロデューサー、Slushii(スラッシー)のこの曲でお別れしたいと思います。

image

ダブステップ風のビートもあり、ビタースイートなピアノの演奏がエモーショナルさを引き立てているメロディックなフューチャーベースとなっています!

最近公開されたDiploとSkrillex(スクリレックス)によるユニット、Jack Ü(ジャック・ユー)“Mind”をリミックスしたバージョンも素敵です!

Jack Ü – Mind ft Kai (Slushii Remix)

 

おわりに

image

いかがでしたか。お気に入りの曲はありましたか?

話は変わりますが、本日19日(水)から23日(日)までの5日間「Amsterdam Dance Event」が開催されますが、今夜(22:00-05:00)ついに「DJ Mag Top 100DJs 2016」が発表されます!

1位は一体どのDJになるのか!また自分が投票したDJは何位に入っているか気になりますね!

オランダ・アムステルダムの「Heineken Music Hall」で1位に選ばれたDJによるパフォーマンスも行われますのでこちらもチェックしてみて下さい!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top