MNN

MNN

ハードスタイル界からの刺客!エレクトロも操るDBSTF(D-Block & S-te-Fan)とは!

ハードスタイル界からの刺客!エレクトロも操るDBSTF(D-Block & S-te-Fan)とは!

あなたの好きなEDMソングは何ですか?

下の曲が好きだ!という方、多いのではないでしょうか。

Blasterjaxx & DBSTF feat. Ryder – Beautiful World (Official Music Video)

 

MNNも大好きなのですが、DBSTFというアーティストに興味を持つきっかけにもなった曲でもあります!

他にもMNNのお気に入りの曲でコラボしていることが多かったので、本日はこのDBSTFにスポットを当てたいと思います!

DBSTFとは

image

DBSTFとは、Diederik BakkerとStefan den Daasの2人からなるオランダ出身のトランス/エレクトロ・ハウス・デュオです。

彼らは「D-Block & S-te-Fan(ディー・ブロック&ステファン)」という名義でも知られており、その頭文字を取って「DBSTF」としています。

image

音楽のジャンルはハードスタイルからエレクトロ・ハウスまで幅広いですが、最近の音はビッグ・ルームやプログレッシブ・ハウス寄りのものが多い印象です。

image

Diederik Bakkerは父親がエレクトロ・ミュージックをプロデュースしていたこともあり、そんな父に幼少期の頃から音楽のスキルを学びました。

image

一方、Stefan den Daasは「Happy hardcore(ハッピー・ハードコア)」というBPMが160から180と速く、センチメンタルなヴォーカルが特徴のハードダンスのジャンルに衝撃を受けたそうです。

そんな2人が2004年にレコード・ショップで出会ったのがDBSTFの始まりです。

image

彼らの持つポテンシャルの高さからハードスタイルに特化したオランダのレコード・レーベル「Scantraxx」と契約。

自身もそのサブレーベルとなる『Scantraxx Evolutionz』を2008年に立ち上げ、自分たちのレーベルから多くの曲をリリースしました!

image

またハードスタイル界のカリスマ、Headhunterz(ヘッド・ハンターズ)とWildstylez(ワイルドスタイルズ)のコラボ曲“Blame it on the Music”のリミックスを制作したところ、Headhunterzに気に入られ2010年に彼が発表したスタジオ・アルバムに収録されたことでも話題に!

Headhunterz & Wildstylez – Blame it on the muzic(D-Block & S-te-Fan rmx)

同年の世界の人気ランキング『DJ Mag Top 100 DJs』では73位に初ランクインし、翌年の2011年には順位を33も上げ40位に選ばれました!

image

その人気ぶりから世界中のイベントに引っ張りだこ状態で、ThrillogyやQlimax, Mysteryland, Decibelといったハードダンス系の大型フェスに数多く出演し、2011年にはX-Qlusiveのアンバサダーまで務めています!

image

2012年は“Rebel”や”Take Me There“などのヒット曲を飛ばしたものの、『DJ Mag Top 100 DJs』では64位に、2013年は72位、2014位は圏外となり、自分たちの音楽の方向性を見直すことを決意します。

D-Block & S-te-Fan – Rebel(official video)

 

D-Block & S-te-Fan – Take me there (official videoclip)

「DBSTF」としての活動も開始!

image

2005年から2014年まで「D-Block & S-te-Fan」という名前でハードスタイルのDJ / プロデューサーとして活動していた2人ですが、2015年に「DBSTF」という名義でも活動をはじめ、ジャンルもエレクトロやプログレッシブ・ハウスに移行しました。

image

Blasterjaxx(ブラスタージャックス)やSick Individuals(シック・インディヴィヂュアルズ)といったEDMシーンで支持の高いDJたちとのコラボ・ナンバーもリリースしました。

かといってハードスタイル路線を辞めたわけではなく、「D-Block & S-te-Fan」はハードスタイル限定で、「DBSTF」はそれ以外の全ジャンルというふうに使い分け、音楽の幅と自分たちの可能性を広げるために決めたそうです。

image

Blasterjaxxとコラボした“Beautiful World”をリリースしたとき、9割のファンは理解してくれたものの、残りの1割のファンは「自分のお気に入りだったハードスタイルのプロデューサーを失った」と感じていることを知り、ハードスタイルのリミックス・バージョンも制作しました。

Blasterjaxx & DBSTF feat. Ryder – Beautiful World (D-Block & S-Te-Fan Remix) [OUT NOW!]

 

ハードスタイルに完全に戻すか葛藤もあったそうですが、最終的にジャンルにこだわらず今後は自分たちがプロデュースしたいと思ったものを作っていくとのことです。

image

MNNはDBSTFのハードスタイルもそれ以外のジャンルの曲どちらも大歓迎です!

Stefanの姪っ子好きは異常!

image

言い忘れましたが上の写真で言うと、左がDiederik Bakker(D-Block)で、右がStefan den Daas(S-te-Fan)です。

このS-te-Fan、本当に姪っ子が可愛くて仕方ないそうです!

image

というのも彼のSNSには自分の姪っ子ちゃんたちの写真が多くアップされています。

image

忙しくても姪っ子たちとの時間を捻出しては色んな場所に出掛けたり一緒に遊ぶとのことで、目に入れても痛くない!って感じの可愛がりようです。

image

ちょっと強面ですが、心はとても優しいのが分かりますね!

image

ちなみにD-Blockはお寿司が好きなのだそうですが、Mike Williams(マイク・ウィリアムス)Deniz Koyu(デニズ・コーユー)などこう見るとお寿司が好きなDJって結構多いですね!笑

image

DBSTFのオススメ曲

image

Blasterjaxx & DBSTF feat. Ryder – Beautiful World

Blasterjaxx & DBSTF feat. Ryder – Beautiful World (Official Video HD)

オランダ出身のEDMデュオ、Blasterjaxx(ブラスタージャックス)とのコラボで、イギリス出身のシンガー、Ryderをフィーチャーしたナンバー。

この曲がDBSTFにとって初めてハードスタイルから離れたサウンドになります!

当時クラブでもよくかかった曲で、美しいコーラス部分からの激しいドロップへ移るところがたまらないです!

D-Block & S-te-Fan & Isaac – Alive (ft. Chris Madin)

D-Block & S-te-Fan & Isaac – Alive (ft. Chris Madin) (Official Music Video)

オランダ出身のDJ、Isaac(アイザック)とのコラボで、ロンドン拠点に活動するシンガー、Chris Madin(クリス・マディン)をゲストに迎えた2014年のナンバー。

この曲で涙を流した人も多いのではないでしょうか。

強いメッセージ性のあるヴォーカルとハードスタイル調のサウンドがダブルで心に響きます!

SICK INDIVIDUALS & DBSTF – Into The Light

SICK INDIVIDUALS & DBSTF – Into The Light (Official Music Video)

オランダ出身のEDMデュオ、Sick Individuals(シック・インディヴィジュアルズ)とのコラボ・ナンバー。

プログレッシブ・ハウス・シーンを代表する人気の2組がタッグを組みました!

天使のようなヴォーカルとそれと対照的なヘビーなドロップが特徴で、メロディアスなサウンドに思わず引き込まれてしまいます!

DBSTF – Do Your Thing

DBSTF – Do Your Thing (Original Mix)

メロディックなサウンドに重たいドロップという、まさにDBSTFらしさが全面に出たナンバー。

メロディはMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)とMOTi(モーティ)と“Virus (How About Now)”、ドロップはCalvin Harris(カルヴァン・ハリス)の“C.U.B.A.”に若干似ていますね!

Martin Garrix & MOTi – Virus (How About Now) [Official Music Video]

 

Calvin Harris – C.U.B.A.

Sick Individuals & DBSTF – Waiting For You

Sick Individuals & DBSTF – Waiting For You (Official Lyric Video)

こちらもSick Individuals(シック・インディヴィジュアルズ)とのコラボ・ナンバー。

爽やかな男性ヴォーカルと開放感のあるサウンドが夏のフェスにピッタリのナンバーとなっています!

Blasterjaxx & DBSTF – Parnassia

Blasterjaxx & DBSTF – Parnassia (Official Music Video)

オランダ出身のEDMデュオ、Blasterjaxx(ブラスタージャックス)とのコラボ・ナンバー。

ハードなサウンドを得意とする2組のコラボなだけに勢い全開の攻撃的なトラックに仕上がっています!

D-Block & S-te-Fan ft. Chris Madin – Worlds Collide

D-Block & S-te-Fan ft. Chris Madin – Worlds Collide (Rebirth 2014 anthem) (Official Video)

“Alive”同様、Chris Madinをフィーチャリングしたナンバー。

Chris Madinのヴォーカルが沁みるしっとりした部分とメロディックなハードスタイルの部分とのギャップがたまりません!

この曲は2014年のRebirthの公式アンセム・ソングにもなりました!

DBSTF – AFREAKA

5月23日リリース予定のDBSTFの新曲“AFREAKA”

Borgeous(ボージャス)とRyosのコラボ・ナンバー“Machi”でも同じヴォ―カルのサンプルが使われていますね!

Borgeous & Ryos – Machi (Extended Mix)

 

「Ultra Music Festival Miami 2016」でW&Wが初めてかけたことで、早くも話題になっています!

Dannic & Sick Individuals – Feel Your Love (DBSTF Remix)

Dannic & Sick Individuals – Feel Your Love (DBSTF Remix)

Sick Individualsとオランダ出身のプログレッシブ・ハウス系のDJ、Dannic(ダニック)とのコラボ曲をリミックス!

ダブステップ寄りのドロップとビッグ・ルーム系のメロディが上手くマッチしています!

Dash Berlin & Jay Cosmic ft. Collin McLoughlin – Here Tonight (D-Block & S-te-Fan rmx)

Dash Berlin & Jay Cosmic ft. Collin McLoughlin – Here Tonight (D-Block & S-te-Fan rmx)

オランダ出身のDJ、Dash Berlin(ダッシュ・ベルリン)とイギリス出身のDJ、Jay Cosmicとのコラボで、アメリカ・ニューヨーク出身のシンガー、Collin Mcloughlinがヴォーカルを務めるナンバーのリミックス・バージョン!

Dash Berlinの名曲が、ヴォーカルがより光るBPM145の疾走感のある曲へとアレンジされています!

おわりに

image

いかがでしたか。

DBSTFがハードスタイル以外のジャンルを始めてまだ1年位ですが、どの曲もヒットしています!

時々、彼らのハードスタイルの曲が恋しくなりますが、今後のエレクトロやプログレッシブ系の曲にも期待が高まります!

これからもDBSTFおよびD-Block & S-te-Fanの活躍を見守っていきましょう!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

Return Top